人気ブログランキング |

タグ:テントウムシ科 ( 7 ) タグの人気記事

カメノコテントウ

c0085622_22552995.jpg
アヤメの葉に止まったテントウムシの仲間を見つけました。普通のナナホシテントウに比べると、ずいぶん大きい体つきです。また、模様もちょっと変わっていますから、図鑑で調べてみるとすぐにカメノコテントウであることが分かりました。日本では、最大級のテントウムシの仲間になるようです。
by coffeeto2 | 2011-07-01 22:57 | 昆虫

珍しいテントウムシ3種

c0085622_22165346.jpg
このテントウムシは、都民の森で撮影したものですが、ウンモンテントウだと思われます。
撮影した当初は、シロホシテントウであると思ったのですが、前胸背の模様からウンモンテントウであろうと識別しました。図鑑によれば、上翅の黒斑に黄色の輪を持つと解説されていますから、これはまだ若い個体であろうと思いました。
c0085622_2217766.jpg
続いて、裏磐梯で撮影した写真ですが、オオニジュウヤホシテントウであると思われます。
ニジュウヤホシテントウの背面の黒斑はほぼ円形をしていますが、この個体の黒斑は楕円形で中央付近の斑が繋がって見えることと、前胸背の模様からオオニジュウヤホシテントウであると識別しました。
c0085622_22171958.jpg
最後は、ナナホシテントウに良く似ていますが、これはトホシテントウです。秋が瀬公園で撮影しました。
写真に撮ったときはナナホシテントウであるとばかり思っていましたが、背面の黒斑の数を数えてみたら、10個あることからトホシテントウであると分かった次第です。
by coffeeto2 | 2010-08-10 22:33 | 昆虫

交尾するナナホシテントウ

c0085622_21125952.jpg
トラツグミやビンズイなどたくさんの野鳥を観察できた公園で、オオイヌノフグリが咲いていたそのすぐ脇にナナホシテントウを見つけることができました。
ナナホシテントウは成虫越冬するわけですが、陽だまりで少し暖かいこともあるのでしょうが、ここではすでに交尾をしていました。
c0085622_21124484.jpg
ナナホシテントウは、アブラムシ類を餌とする肉食性の昆虫ですが、冬の間どうやって餌を確保しているのでしょうか?
交尾しているこの個体は、上に乗っているほうが♂になるようです。
by coffeeto2 | 2010-01-31 21:19 | 昆虫

ウメの枝先の不思議な物体

c0085622_221023100.jpg
暦の上では1月で、寒さも底に差し掛かってきたこの頃ですが、梅のつぼみが膨らんできました。咲きそうな大きなつぼみを探して撮影しようと思っていたのですが、たくさんのつぼみをつけた枝先に見つけたのは、トゲトゲがたくさんある不思議な物体でした。何だこの物体は.....?
c0085622_22101555.jpg
撮影したこの写真を見ながら調べたところ、アカホシテントウの幼虫であることが分かりましたが、幼虫が出るのは5月ころですから、これはそんな幼虫が抜け出た抜け殻であると思います。
今度は、生きているところを見つけて撮影したいと思いました。
by coffeeto2 | 2010-01-27 22:29 | 昆虫

アカホシテントウ

c0085622_218659.jpg
葛西臨海公園で、ウメの木の葉の裏に見つけたアカホシテントウです。
黒っぽい体ですが、赤い紋様が透き通るように見えるところが普通のテントウムシとちょっと違ったところです。
c0085622_2181917.jpg
こちらは、茎に止まったところを横から撮影したものです。
図鑑によれば、アカホシテントウは幼虫・成虫ともに、カイガラムシ類を好んで食べるとのことでした。
c0085622_2181313.jpg
こちらは、ストロボを発光させて撮影したカットですが、黒っぽいと思っていた体は、実は本当に透明であることが分かりました。
テントウムシの仲間であるとは思えない、不思議な体つきをしていますね。
c0085622_22145036.jpg
この写真は、ヒメアカホシテントウです。アカホシテントウと同じ仲間ですが、赤い斑の出方が明らかに違いますね。
やはり葛西臨海公園で撮影したものですので、参考までにご紹介します。
by coffeeto2 | 2009-10-19 21:26 | 昆虫

テントウムシのサンバ

c0085622_191884.jpg
テントウムシの仲間では、身近によく眼にすることから、親しみやすい種類であると思います。
以前、「テントウムシのサンバ」という曲が流行りましたが、きっとこのナナホシテントウを歌った歌だと思います。
c0085622_19183675.jpg
全長8㎜という小さな体ですが、アブラムシ類を捕食することから益虫とされています。
c0085622_19182358.jpg
今日は、カラスノエンドウに止まっているところを発見しました。
c0085622_19423414.jpg
近くのカラスノエンドウには、このようなアブラムシの仲間がたくさん見つかりました。きっとこれらを捕食していたものと思います。
by coffeeto2 | 2007-05-06 19:55 | 昆虫

テントウムシの幼虫

c0085622_22473372.jpg
水元公園のあしだち定例探鳥会に参加したのですが、その途中でこの幼虫を見つけました。
これは、ナナホシテントウの幼虫になるようです。テントウ虫として親しまれているあの可愛らしいナナホシテントウの幼虫とは、教えてもらわなければとても分かりませんね。
c0085622_22524034.jpg
こちらは、ナナホシテントウのさなぎになるようです。幼虫ともまたひと味違った姿形をしていますが、より成虫に近い風情ですね。
by coffeeto2 | 2006-11-14 22:59 | 昆虫