人気ブログランキング |

タグ:セリ科 ( 6 ) タグの人気記事

秋の山野草@戸隠

c0085622_20305770.jpg
戸隠森林植物園へ足を運んだのは、10月の三連休でしたから紅葉が始まり、天候にも恵まれて散策する人がとても多かったように思います。戸隠神社の周辺には、それでなくても観光客がたくさんやって来ますから、車を停める場所を確保するのが大変ですね。私は、連休初日の午前4時前に都内の自宅を出発して「森林学習館もりのまなびや」の前の駐車場に到着したのが午前8時前でしたから、スンナリと駐車することができました。おそらく、10時前後に到着した人は、駐車場に空きを見つけるのも大変だったろうと思います。
森林植物園では、散策する人が多くて、鳥の出が悪かったように思いますが、秋の山野草はたくさん観察できました。鏡池から戸隠山の険しい山容を撮影したいと思い、足を伸ばしてみたところ、このヨメナの花がたくさん咲いていました。
c0085622_20315754.jpg
ヨメナの花をアップで撮影したのですが、ブレてしまっています。風があって花が揺れるのが気になっていましたが、そのせいばかりではなく、私の手振れも重なっているのではないかと思います。綺麗な花に免じて、ご容赦をお願いします。
c0085622_2029656.jpg
こちらも、鏡池の周辺で撮影したアキノキリンソウです。茎の先に、総状にたくさんの花をつけています。アワダチソウという別名もあるようですが、その謂われは良く分かりません。花期は8月~11月とされていますから、盛夏のころから良く眼にしていました。さすがに今の時期は、花が萎れはじめた株もあり、そろそろ花の盛りも過ぎてきているように思えました。
c0085622_20294872.jpg
アキノキリンソウは高さが30cmから、高いものでは80cmくらいにもなります。背の高い株が群生していれば、見事な風景になりますが、この株は単独で花を咲かせていました。
c0085622_20291323.jpg
「森林学習館もりのまなびや」の直ぐ目の前にみどりが池がありますが、池の脇から高台園地へと向かう探鳥路を歩いていた時、この白い花を咲かせたキクの仲間が目につきました。写真に撮っては見たものの、はてさてこのキクは何でしょうか?
c0085622_20301651.jpg
キクの仲間は種類がたくさんある上、みな良く似ていますから、いつも識別に困ってしまいます。撮った写真を手がかりに、図鑑で見比べながら種類を特定していますが、花の咲く時期と葉の形なども勘案して、イナカギクかシロヨメナのどちらかではないかと行き着きましたが、さてどちらでしょうか?図鑑の解説では、シロヨメナの頭花は、イナカギクより小さくて舌状花はやや細いとされていますから、この花はイナカギクになるのかなと思いますが.....?
c0085622_20295695.jpg
さて、こちらはアザミの仲間ですが、アザミも種類がたくさんありますね。どうもキク科の花は識別が難しくて苦手です。この花は、鏡池へ行く途中にある、天命稲荷の近くで撮影したものですが、長さは20cmくらいしかありませんでした。
c0085622_2030762.jpg
投下の総苞はほぼ球形で、総苞片が反り返るという特徴、茎葉は披針状楕円形で基部は狭く、茎を抱かないなどの特徴から、ナンブアザミではないかと思いますが、違っていたらご指摘をお願いします。
c0085622_20294876.jpg
散形状に咲いていた、小さくて白いキク科の花に、甲虫が留まっていました。背面は緑色味のある黒褐色ですから、コガネムシ科のコアオハナムグリであると思います。
c0085622_2140326.jpg
このキク科の白い花は、直径1.5cmほどで、散形状にたくさん咲かせていました。山地の草原に生える多年草のゴマナであると思います。
葉の形が、ゴマの葉に似ているところからこの名前が付けられたものと思います。
c0085622_20304730.jpg
さて、こちらはミズバショウ園の散策路を歩いていた時に、木道のすぐ脇に生えていたものです。雄しべの長い、小さな白い花を複数散形状に咲かせていたこの花は、ヤマゼリになると思います。
c0085622_20301945.jpg
ヤマゼリは、山地の林内に生える多年草ということですが、ここ戸隠森林植物園を歩くと、至る所で目にすることができました。茎は中空であると図鑑に解説されていました。花期は、7月~10月になるようです。
c0085622_20505316.jpg
連休2日目に戸隠山に登ってきたのですが、その途中で撮影したのがこの花です。キク科の花であることは分かりますが、中心部が褐色に変色していますが、これはヤマハハコになると思います。
c0085622_2051331.jpg
ヤマハハコはキク科の多年草で、高さが60cmほどになります。花期は8~9月とされていますから、撮影した時には既に花期を過ぎていたものになると思います。
by coffeeto2 | 2013-10-24 06:00 | 山野草

セントウソウ

c0085622_21131394.jpg
自然観察園に足を運んだところ、白色のとても小さい花を見つけました。せり科のセントウソウになります。和名では仙洞草の名前が当てられていますが、名前の語源はよく分からないようです。
c0085622_2113682.jpg
セントウソウの花の特徴として、雄しべが花弁より長いことが分かります。また、葉の切れ込みが深いですから、セリ科の植物の仲間であることが頷けます。
c0085622_21132054.jpg
ここには、割合大きな株がありました。オウレンダマシという別名が付いていると図鑑に解説がありましたが、葉の形がセエリバオウレンに似ているところから付けられているようです。
by coffeeto2 | 2012-04-12 21:27 | 山野草

八丈島のアシタバ

c0085622_21161454.jpg
八丈航路の海鳥観察に出掛けて、八丈島で一泊しましたから、今回は植物園を訪れて、ガイドウォークに参加してきました。ビジターセンターの職員の方の親切で丁寧な観察を聞きながら、たくさんの植物を観察できましたが、このアシタバもその中の一つでした。
c0085622_211681.jpg
アシタバがセリ科の植物であることを、今回ガイドウォークに参加して初めて知りました。島独特の植物であるということで、おしたしや天婦羅の材料であるとの認識しかありませんでしたから、ちょっと意外な感じがしました。
花茎の付け根にある薄緑色の葉のようなものは苞(ほう)と呼ばれるもので、ここから花芽が育っていく、セリ科に独特の構造物になるようです。
c0085622_2116260.jpg
アシタバの花は、花びらが5弁あるということも初めて教えていただきました。前回紹介した八丈島のキョンは、このアシタバの茎を好んで食べていました。
by coffeeto2 | 2011-10-23 21:28 | 山野草

セントウソウ

c0085622_22163317.jpg
白くて小さい花が固まって咲いていました。セリ科の仲間のセントウソウです。図鑑を見ると、オウレンダマシという別名があるようですが、セリバオウレンによく似ているところから、その名前が付けられているようです。
c0085622_22164083.jpg
花の大きさは3~5㎜程度ですが、よく見ると、おしべが花弁より長いことが分かります。その姿は、線香花火がはじけたような姿をしていると思いました。
by coffeeto2 | 2011-03-29 22:27 | 山野草

緑陰のシラネセンキュウ

c0085622_21204158.jpg
谷沿いの道に、シラネセンキュウの白い花が目立っていました。
この時期、清流沿いの緑陰には、白い花の群生がとてもよく目につきます。
c0085622_21195158.jpg
この部分に注目してください。葉柄のように立ち上がっていますが、その先端からセリ科の植物を象徴するような葉が生え始めています。
c0085622_21202620.jpg
このようにたくさんの花が、複数形花序として集まって球状の花の固まりに見えます。
c0085622_21203353.jpg
これは、シラネセンキュウのきわめて幼い若葉の状態です。
セリ科の植物の葉の形が見て良く確認できますね。
by coffeeto2 | 2007-10-09 21:41 | 山野草

オオハナウドの食卓

c0085622_19131851.jpg
高原の花畑は、さまざまな山野草で花盛りです。
そんな中で、道端に咲いていたこのオオハナウドには、たくさんの昆虫が集まっていました。
ほかにも花はたくさんあるのに、何でこのオオハナウドだけにこんなにたくさん集まるの?
とても不思議に思いましたが、とりあえず写真にだけは撮影しました。
まるで、オオハナウドが昆虫たちの食卓になっているようでした。
by coffeeto2 | 2006-08-20 19:20 | 昆虫