タグ:野鳥 ( 5 ) タグの人気記事

3回目のスノーシューハイク@赤城山

c0085622_195018100.jpg
平成26年2月8日(土)の未明から降り始めた雪は、我が家の周辺に30cmを超える積雪を記録しました。ここへ引っ越してきてから、間もなく30年になりますが、今までで一番の積雪となりました。このため、予定していた外出の予定は全ておじゃんとなり、9日(日)まで自宅にくぎ付けになってしまいました。昨年末、スノーシューを購入した時に、一緒に雪かき用の携帯用スコップを購入してありましたから、自宅周辺での使用は想定外であったとはいえ、道路の除雪に大変役立ちました。....数日は、筋肉痛に悩まされましたが....2月11日(火)は、建国記念日の祝日です。まだまだ雪が残っている状況でしたが、この機会に3回目のスノーシューハイクをしようと、赤城山へ出掛けてきました。これは、下山後に立ち寄った公園から撮影した、赤城山の遠景です。
c0085622_19534862.jpg
今回は日帰りの日程で、他に野鳥観察の目的もありましたから、手短にスノーシューハイクをしようと計画し、赤城山の頂上直下にある覚満淵を回るコースを選定しました。
ここは赤城山公園ビジターセンターですが、ここまで降り積もった雪がアイスバーンのようになった道を、速度を落としておっかなびっくり登り詰め、なんとか辿り着くことができました。駐車場は除雪されていていましたから、安心して駐車することができました。
c0085622_1950371.jpg
ビジターセンター前は、ここから地蔵岳に続く斜面になっていると思いますが、このような雪原となっていました。リフトこそ設置されていないものの、ここはスキー場のように整備されているものと思います。到着した朝のうちは人影もまばらでしたが、戻ってきた時には、家族連れの人達がたくさん来ていて、そり滑りなどで結構賑わっていました。
c0085622_19501089.jpg
ビジターセンターの駐車場から駒ケ岳、黒檜山を撮影したものです。右側のフェンスに囲まれたところがテニスコートですが、その左側の標識が立っているところが、覚満淵の入口になります。
c0085622_19495752.jpg
ここが覚満淵への入口となります。積雪は70~80cmくらいはあったと思いますから、散策路は雪に覆われて全く見えません。踏み跡を頼りに足を進めますが、ここからがスノーシューの本領発揮となります。
c0085622_1949287.jpg
この雪原についている踏み跡は、2~3人くらいが通過しているものと思いますが、この踏み跡が唯一の道しるべとなります。今回も、望遠レンズを装着した三脚を担いで、この雪原に踏み込みます。
c0085622_19491038.jpg
これが、覚満淵の雪原です。緑の季節であれば、山野草や野鳥達を観察する絶好のロケーションなのですが、今日は白一色の世界となっていました。やや逆光の雪原風景ですが、降り積もった雪の陰影が、高原の冬の厳しさを感じさせてくれます。
c0085622_19491823.jpg
雪原越しに眺めた駒ヶ岳(標高1,685m)の全景です。その向こうの左側に見えている山が黒檜山(標高1,828m)になると思います。一昨年の夏にここから登り、両山の頂上を極めてきましたが、その時は下山途中に雷雨に襲われて、滝のような山道を下ってきた思い出があります。
c0085622_19493316.jpg
向こう側に見える電波塔が立っている山が地蔵岳(標高1,674m)です。一昨年の11月に登頂した時には、山頂で霧氷の幻想的な風景が見えた思い出深い山です。この覚満淵の雪原についている足跡は、今私が歩いてきた踏み跡です。気持ちよく歩いてくることができました。
c0085622_2043816.jpg
ここまで来たら、雪原に先人のスノーシューの足跡が残っていました。その向こう側に続いているのがズミ林です。この踏み跡をたどって、足を進めることにします。
c0085622_1949509.jpg
ズミの林の下まで来ました。振り仰いで枝先の様子を撮影したものですが、ズミの赤黒い実がたくさん生っています。青空に映えて、新鮮味を感じる眺めでした。
c0085622_19502656.jpg
ズミの林に3羽ほどの小鳥の小群を見つけました。黒い頭で胸がオレンジ色、お腹が白色で、風切羽が黒い色合いです。1月ほど前に清里高原でたっぷり撮影してきたアトリと、ここでまた再会することができました。
c0085622_1950332.jpg
すべてを覆い尽くした雪原では、このズミが野鳥達の貴重な食料源になっているようです。これはアトリの♂ですが、アトリだけでなく、ヒヨドリやツグミも採餌のために集まって来ていました。
c0085622_19504013.jpg
こちらは、アトリの♀になります。上の写真の♂に比べると、頭部に黒色味がなく全体的に淡色ですから、羽衣の違いによって、雌雄の識別をすることが可能です。
c0085622_19492693.jpg
こちらが、まだ誰も踏み込んでいない雪原と駒ヶ岳です。スノーシューハイクの魅力は、こんな雪深い雪原でも、場所を選ばず自由に歩くことができるところです。雪原に踏み込んで、フワフワした感触を味わいながら歩き回るのは、今まで味わったことのない新感覚でした。
c0085622_19494229.jpg
これが覚満淵の全景です。すべては雪の下に覆われてしまっていますが、それが目新しい風景となっています。緑一色の風景は見事ですが、こんな白一色の風景は、寒さを厭わず足を運んだ人だけが見ることができる、ファンタスティックな眺めでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-02-13 06:00 | その他

奥日光の自然と野鳥

c0085622_2034652.jpg
12月の第二週ですから、奥日光は雪の中かな?..と少し心配もありましたが、現地に着いてみるとかなり冷え込んでいるものの、日陰部分に少し白いものが残っているだけで、歩き回るには全く支障がありません。赤沼から木道へ足を進めると、冴え渡った青空を背景に、戦場ヶ原の冬枯れの原野が広がり、その向こう側に鎮座する男体山とそれに続く山々の姿がクッキリと望めました。
先月に続き、また来てしまったのは、オオモズが元気でいるか確認することと、去年見て感激したレンジャクの群れと、もう一度会いたいと思ったからです。でも、そのお陰でこんな素晴らしい景色が見られた訳ですから、とても満足できる自然観察になりました。
c0085622_2031788.jpg
今回は、アオシギを観察することも狙いの一つにありました。今シーズン、湯滝の下で撮影されていますから、私も是非....という下心があったのです。....(^^;;
そんな訳で、赤沼から湯滝までを往復してきましたが、残念ながら憧れのアオシギ様はお留守であったようです。湯滝からの戻り道、ひっそりとした環境の中で、小滝から流れ下る湯川の流れが澄み渡っていました。
c0085622_2032327.jpg
さて、ここが泉門池(いずみやどいけ)の風景です。先月来たときには、もっと水量が豊富だったのですが、川の流れも冬枯れなのでしょうか?ずいぶんと水かさが減っていました。それでも、ここではお馴染みのカワガラスが、それも2羽で飛び回っていましたから、ベンチで休みながら目を楽しませてもらいました。
c0085622_2032998.jpg
青木橋から泉門池の間は、木道の付け替え工事が行われていて、部分的に木道が取り外されているところもありましたが、新しい木道は、道幅がずいぶん広くなって、大変歩きやすくなっていました。この写真は、その青木橋から少し上流側で、新しくなった木道から撮影した風景です。
c0085622_2034081.jpg
今回は、湯滝のレストハウスの脇にあるベンチで少し早めの昼食をとりましたから、戦場ヶ原に戻ってきたのは、まだ午後1時前後でした。時間にたっぷり余裕がありましたから、途中で風景写真などを撮りながら、初冬の高原風景を満喫させてもらいました。
草原越しに向こうに見える山は、中央より左側に見える高い山が太郎山(標高2,368m)、その右側の低い山が小真名子山(標高2,323m)で、さらに大真名子山(標高2,375m)へと続き、右端に男体山の山裾が見えています。
c0085622_2033521.jpg
これが、男体山(標高2,486m)の全容です。先月、あの頂上まで登ってきたときには、この戦場ヶ原から中禅寺湖までが一望の下に見渡せたわけです。脳裏にしっかりと刻まれている、日光白根山の麓から広がっていたあの大草原は、たくさんの動植物の命をはぐくむ自然の中の宝庫です。今、その真っ只中にいることを実感しながら撮影してきました。
c0085622_204532.jpg
戦場ヶ原の木道の途中には、大草原が見渡せる展望テラスが何ヶ所か作られています。先月オオモズを撮影したテラスに到着して、ふと気が付くと、奥の枯れ木の天辺にオオモズが止まっていました。我が目を疑うような光景でした。逆光の中でしたが先月に続き、また撮影できましたから、これから “コーヒー党の野鳥観察” で紹介させてもらいます。
その展望テラスから男体山方向を見ていたら、....何と、遥かかなたをオジロワシが飛翔していました。
c0085622_2041045.jpg
男体山の山懐を、大きな鷲が悠々と飛翔していました。尾羽が白いことが確認できましたから、オジロワシであると分かりました。何枚か撮影しましたが、いかんせん距離が遠すぎて、こんな証拠写真程度の映像しか撮れません。 “コーヒー党の野鳥観察” で紹介できるような写真ではありませんから、こちらのブログで紹介することにしました。
c0085622_2035995.jpg
展望テラスで暫く休んでいたところ、三本松方向にカラスの群れが舞い上がったのが見えました。もしかしたら....案の定、チョウゲンボウの後を追うように、たくさんのカラスが追いかけています。このカラスの群れによるモビングは、かなり執拗に続いていました。特に、一番先頭を追いかけるカラスは、逃げ回るチョウゲンボウを追いかけて、見ている私が呆れるほど、どこまでも着いていきました。
c0085622_2035334.jpg
野鳥の紹介ついでに、最後にツグミを紹介します。今回の戦場ヶ原への遠征は、昨年のこの時期に観察することができた、レンジャクの群れと再会することも目的の一つでした。あのレンジャクたちは、ズミの実を食べるために群れで飛来していましたが、粉雪が舞い飛ぶ厳しい環境の中で、間近に観察したレンジャクたちの姿は神々しく、感動的でもありました。今年もズミの林には、たくさんの実が生っているのに、その中で飛び回っていたのはこのツグミたちばかりでした。....いつかまた、あのレンジャクたちとの再会を期して、足を運んでみたいと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-12-11 06:00 | その他

360度の展望@入笠山

c0085622_1061928.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の有志と誘い合わせ、宿泊した入笠山の山荘で、「頂上から見る御来光が綺麗ですよ。」と教えていただきました。ちょうど八ヶ岳の上に昇って来るとのことです。
でも、この日は朝食後に登山して帰京する予定でしたから、ここは林道沿いのビューポイントから遥拝することにしました。これは、午前4時30分頃に撮影した、夜明け前の八ヶ岳のシルエットです。
c0085622_1062419.jpg
すぐ右手に眼をやると、遥か彼方の山並みの向こうに、朝焼けに染まった富士山が顔を覗かせていました。
c0085622_1062944.jpg
午前4時48分、八ヶ岳の主峰赤岳と横岳の間に昇ってきました。お天気に恵まれて、素晴らしい日の出です。
c0085622_1063567.jpg
日の出直後の八ヶ岳の全景を、ワイドで撮影したものです。右奥には、雲海の向こうに瑞牆山や金峰山などの奥秩父の山並みが見えます。左端の木立の陰には、八ヶ岳連峰の北端にある蓼科山が見えています。
c0085622_10484727.jpg
これが、私たちが宿泊したマナスル山荘新館です。ここは、星空観察のメッカでもありますから、昨夜はここで観察会があり、NHK長野が取材に来ていました。女性陣は参加していましたが、男性陣はほろ酔い気分で早々に爆睡でした。
c0085622_1064736.jpg
早朝に山荘近くの草原から見た入笠山です。
c0085622_1065836.jpg
山荘で朝食を済ませ、いよいよ入笠山登山の開始です。既に入梅していますが、気持ちの良いお天気で、気分は最高です。
散策路のあるゲレンデは、スズランなどの花畑になっていました。右奥に見える三角に尖った山は蓼科山で、中央の奥には浅間山が霞んで見えます。
c0085622_107314.jpg
ここは表登山道コースと岩場回避コースの分岐点です。看板の向こうへまっすぐ進むと回避コースですが、我々はこれを右折して、鎖のある岩場コースへ進み、帰りは回避コースを下ることにしました。
c0085622_107884.jpg
最高のお天気に恵まれて、40分ほどで入笠山(標高1,955m)の山頂に到着しました。山荘前の登山口の標高が約1,790mでしたから、極めて楽ちんな登山でしたが、360度の素晴らしい眺望に恵まれて、気分はもう絶好調です。
c0085622_1075226.jpg
山並みの向こうに穂高連峰と槍ヶ岳が見えます。やはり、憧れの山に一番先に眼が行きます。
c0085622_107141.jpg
続いてその左側に覗いていた乗鞍岳です。昨年はあの山頂を踏んできました。
c0085622_1072092.jpg
さらにその左側には、少し雲がかかった御岳山が見えます。
c0085622_1072745.jpg
さらに反時計回りに眺望を進めると、木曽駒ケ岳、宝剣岳から空木岳へと続く、中央アルプスの山並みが全部見渡せます。
c0085622_1073360.jpg
もっと左を向いて、南側に眼を転ずると、南アルプスの山並みが見えます。右側の雪を抱いた山が仙丈ヶ岳、中央部に鋸尾根を挟んで左側が甲斐駒ケ岳です。その左側に鳳凰三山が見通せます。残念ながら、北岳は陰に隠れて見えないようです。
c0085622_1073844.jpg
南アルプスの更に左側には富士の霊峰が見えます。今朝ほどは、朝焼けの中に望んだ勇姿ですが、今は山並みの向こう側に雲を抱いて聳えています。
c0085622_1074655.jpg
視線を東側に移動していくと、ここに見えるのは八ヶ岳の山並みです。右奥に奥秩父の山並みも望めます。
c0085622_1082671.jpg
手前の山並みの向こう側に諏訪湖を湛えた諏訪盆地が望めます。その向こう側は美ヶ原の山並みです。遥か彼方に見えるのは、鹿島槍ヶ岳や白馬岳などが連なる北アルプスの連峰です。
c0085622_1081299.jpg
入笠山の麓には、こんな濃いピンク色のクリンソウがたくさん咲いていました。
c0085622_1081923.jpg
その中には、白い花のクリンソウもありました。
c0085622_1075942.jpg
これは、入笠山の山頂で撮影したものですが、手前の樹にホオジロが留まって、高らかに囀りの声を響かせています。その遥か彼方に北アルプスの山並みが望めて、とても雄大な気分になりました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-06-18 20:44 | その他

二人と一匹で公園散策@埼玉

c0085622_20112858.jpg
ゴールデンウィークの最終日に、二人と一匹で埼玉県下の公園へピクニックに行ってきましたが、ここで初夏の陽光を浴びて、のんびりと時間を使いながら園内を散策していると、薄紫色をしたフジの花が新緑の中に彩りを添えていました。
c0085622_20114016.jpg
フジの花房は長さ20~30cmほどもあり、たわわに花を咲かせています。マメ科に属する樹木に咲く花ですから、花をアップで見るとマメ科の花である構造がよく分かります。
c0085622_20112233.jpg
新緑の中に、たくさんの総状花序を垂れ下げていました。
c0085622_20105231.jpg
林内の草むらに眼をやると、薄紫色をした可愛い花が咲いていました。これは、明治時代に中国大陸からもたらされた、帰化植物のセリバヒエンソウです。
c0085622_20105880.jpg
セリバヒエンソウはキンポウゲ科の山野草ですが、葉の形がセリ科のそれに似ているところと、花の形をツバメが飛ぶ姿になぞらえて、この名前が付けられたということです。
c0085622_20111045.jpg
日当たりの良い明るい草原には、この涼やかな薄紫色の花が大きな群落を作っていました。キョチクトウ科のチョウジソウになります。
c0085622_2011169.jpg
チョウジソウの花は、5弁の細い花弁を広げていて、まるで海のヒトデのような形をしています。花弁の内側基部にはたくさんの毛が生えているのが分かります。
c0085622_20103947.jpg
公園内を散策していると、カメラマンが数人で三脚を並べていました。レンズが向けられた方向を観察すると、樹上に休むフクロウの姿を見つけることができました。
c0085622_20104594.jpg
フクロウは、昼間はジッと休んでいるのでしょう。全く動きを見せませんでしたから、少し場所を移動して違う角度から撮影してみました。
c0085622_20114685.jpg
公園から移動して、近くのお寺に足を運びました。深い森に囲まれた散策路が整備されていますから、愛犬チョコちゃんの散歩に付き合っていると、こんな白い大きな花を見つけることができました。
c0085622_20115227.jpg
始めて見る花でしたから名前も分かりませんでした。取り敢えず撮影して、家に帰ってから調べてみると、ケシ科のシラユキゲシという中国原産の植物であることが分かりました。
c0085622_20115887.jpg
お寺の境内には、フタリシズカの花も咲いていました。ヒトリシズカと同じセンリョウ科に属する山野草ですが、花穂が2個のものが多いことからこの名前が付けられたとのことです。
c0085622_2012473.jpg
この株には、花穂が2個どころか、とてもたくさん付いています。姦(かしま)しいほどの状況です。
c0085622_20121157.jpg
白い花をたくさん咲かせている木がありました。サクラの花かと見間違うほどですが、葉の付き方からアカシアの樹であることが分かりました。
c0085622_20121833.jpg
アカシアは、マメ科に属する気になりますから、花の部分だけを見ると、マメ科の特徴ある姿をしていることが頷けました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-05-16 21:11 | その他

3月の月例登山は黒斑山

c0085622_21231896.jpg
山の仲間と誘い合わせて、3月23日(土)に冬山の初心者コースでもある、黒斑山(標高2,404m)に登ってきました。黒斑山は浅間山の外輪山のひとつになる山ですが、冬山ではあるというものの、浅間山の山頂付近に積雪はありません。活火山であることが影響しているのでしょうか?
c0085622_21224170.jpg
前回、北八ヶ岳の横岳に登った山の仲間を中心に黒斑山山頂を目指したわけですが、車で到着したのはこの高峰高原ビジターセンターです。ここに車を駐車して、いよいよ登山開始です。
c0085622_2122416.jpg
登山道のスタート地点は、この車坂峠(標高1,973m)です。とても天気の良い日でしたから、峠の標識の周辺は雪が解け始めていました。
c0085622_21225481.jpg
この日我々は黒斑山の表コースをのぼり、帰りは中コースを通って下山する予定でした。で、標識に従って、表コース方向へ進みましたが、結果的には道を間違えて中コースをのぼり、下山コースとして表コースを降りてくることになりました。
c0085622_21225476.jpg
一面雪で真白になっている登山道を、今回はかずとりさんご夫妻をお誘いして、7人パーティで山頂を目指して歩き始めました。3月下旬のこの時期は、雪がザラメ状になっていました。
c0085622_2123790.jpg
登山途中で振り返って撮影した山並みですが、湯の丸山方面の水ノ塔山、東篭ノ登山、などの山並みになると思われます。
c0085622_2123766.jpg
黒斑山の手前にあるトーミの頭に取り付く直前に撮影したこの山は、浅間山に連なる剣ヶ峰(標高2,281m)です。
c0085622_21231763.jpg
左側の高いピークが、これから山頂を目指す黒斑山(標高2,404m)です。そして、その右側に浅間山の外輪山である蛇骨岳(標高2,366m)などの山並みが連なります。
c0085622_21232998.jpg
これは、黒斑山の山頂にたどり着いたところで、眼前に見える浅間山を撮影したものです。
c0085622_21232766.jpg
この日の昼食は、下山途中のトーミの頭を少し下った樹林帯を風よけにして、きりたんぽ鍋をみんなで頂きました。このホシガラスは、昼食休憩中に近くに飛来してくれたところを撮影したものです。
c0085622_2123388.jpg
登りは、中コースを歩いてきましたから、下山コースは表コースを歩くことになりました。
c0085622_21233624.jpg
表コースを経由する登山道を下る途中に振り返って見えた浅間山と、左側がトーミの頭に続く山稜です。午前中はあまり天気が良くなかったのですが、昼過ぎに下山を始める頃には、とても良いお天気になってくれました。
c0085622_2333675.jpg
表コースを下山途中に観察したこの山並みは、飯縄山の勇姿になると思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-03-28 21:55 | その他