タグ:ロウバイ科 ( 8 ) タグの人気記事

早春のロウバイ@前橋

c0085622_2235583.jpg
この日は、前橋市内の公園にレンジャクの群れが入っているという情報を頂いて、都内からプチ遠征してきました。でも、せっかく足を運ぶのですから、レンジャクだけでは勿体ないですね。併せて近くの沼の窪市有林のザゼンソウを観察してきました。市有林の中には黄色い花が満開のロウバイの花がとても見事に咲いていました。
c0085622_2236667.jpg
周囲によい香りを漂わせて、早春の一コマを飾り付けてくれます。この時期は、よく見かける花ですが、季節限定ですから、やっぱり撮影対象になってしまいます。
c0085622_2236126.jpg
先月降った大雪の影響で、沼の窪市有林にはまだたくさんの雪が残っていました。でも、日当たりの良い場所は既に雪も解けて地面が出ています。ここには、こんな感じのロウバイの樹が何本もありました。
c0085622_22361820.jpg
この暗褐色で枯れたようにぶら下がっているのが、昨年咲いたロウバイが付けた実です。ロウバイは綺麗な花ですが、その実は対照的な姿をしていますね。(^^;;
c0085622_22362580.jpg
花弁には艶がありますから、名前のとおり、ロウを塗ったような姿をしています。
c0085622_22363258.jpg
赤城山の麓にあるこの谷筋は、雪がたくさん残っていて、まだ春浅いという印象でしたが、このロウバイの花は一足早い春の訪れを告げてくれているようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-20 06:00 | 植物

ロウバイ@調布

c0085622_2238292.jpg
私のブログは、この“コーヒー党の自然観察”のほかに、“コーヒー党の野鳥観察” を開設していますが、今月は二週続けて大雪が降りましたから、二つのブログの同時進行は、なかなかシンドイものがありました。野鳥観察の方は、写真が撮り溜めてあったので、何とかやり繰りできたのですが、自然観察のブログは全くのお手上げになってしまいました。
早いところ自然観察のネタ捜しをしなければと思いつつ、この土曜日は仕事が入るというおまけ付きでしたから、日曜日は手っ取り早く近場の公園で、セツブンソウでも観察しようと出掛けてきました。
c0085622_22375651.jpg
公園内の一画には、柵で囲まれた自然観察園があり、よく手入れされていますから、四季折々の山野草を楽しむことが出来ます。毎年、春先には足を運んで楽しませてもらっています。
今回は、野鳥観察も兼ねて少し回り道しながら足を進めていたら、ロウバイの林に目が止まりました。
c0085622_22374921.jpg
ロウバイの仲間にはいくつか種類があって、花の色合いや咲く時期が少しずつ違っているようです。私は、詳しいことは分かりませんが、この花の花芯部分は、僅かに橙色味が認められます。
c0085622_22374356.jpg
花の外側の状態が分かるように撮影したものですが、花弁には艶があって、本当に蝋を塗ったような、蝋細工で作り上げたような姿をしています。辺りには、ほんのりと良い香りが漂っていました。
c0085622_2237379.jpg
こちらの花は、花芯に赤色味がなく、蕊が淡黄色ですから上の写真のロウバイとは、種類が異なると思います。
c0085622_22372831.jpg
花の中の花芯部分は、色付いていたりいなかったりと異なりますが、外形的には違いが分かりません。....種類によっては、花弁の幅が広いものと狭いものがあるようです。
c0085622_22372255.jpg
ここには、たくさんの花を付けたロウバイが何本も並んでいました。離れた場所からも良く目立つ黄色い花の並木に誘われて来ましたが、付近はほんのりとした香りに包まれて、感じ良かったですよ。
c0085622_2237163.jpg
ロウバイの木には、このような黒褐色の大きな実が付いていました。これは、昨年咲いた花が残したものですが、この枝ではまだ落ちずに残っていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-02-27 06:00 | 植物

新春に咲き始めたロウバイの花

c0085622_2222741.jpg
正月休みに野鳥観察のために足を運んだ横浜市の郊外にあるこの公園では、既にロウバイの花がほころび始めていました。
c0085622_22221237.jpg
まだまだ蕾の状態でしたが、ほんの数輪が花を咲かせていました。
c0085622_22214496.jpg
ロウバイは、冬の間に花を咲かせてくれる数少ない植物ですが、花が咲き始めると早春の訪れを感じるときめきを感じます。
c0085622_22214956.jpg
この公園のロウバイは、このようにまだほとんどが蕾の状態でしたが、よく見ると、何輪かの花を咲かせていました。
c0085622_2221552.jpg
ロウバイの花が咲き始めると、間もなくフクジュソウやザゼンソウ、セツブンソウが咲き始めてくれます。心踊る季節の始まりです。
c0085622_2222139.jpg
ロウバイはその名前の通り、花弁が蝋細工のような厚みと艶が感じられます。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-01-09 22:31 | 植物

早春を彩るロウバイ

c0085622_204495.jpg
寒い寒いと思っていましたが、公園の一角にロウバイの花が咲いていました。早いもので、春の到来もすぐそこまで来ているようです。
c0085622_204975.jpg
ロウバイの花は直径2cmほどの大きさです。花弁は黄色いですが、内側の花被片は暗紫色をしています。
c0085622_204176.jpg
ロウバイはもともと中国原産で、江戸時代に我が国へ渡来したとのことです。今では春先を彩る代表的な花になりました。
c0085622_2042236.jpg
これはロウバイの偽果になります。花が終わると花床がこのように大きくなって3cmほどの偽果になります。この中にそう果が5~20個ほども入っているとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-01-08 20:15 | 植物

早春のロウバイ

c0085622_2155994.jpg
冷たい風が吹く一日でしたが、それでも黄色い花を付けたロウバイの花が咲いていました。花びらは半透明であることが分かります。
ロウバイは、花芯が暗紫色をしているとのことですが、このように花全体が黄色いのは栽培種のソシンロウバイであるとのことです。
c0085622_21552440.jpg
花びらには、ロウ細工のような質感がありますから、造花のようにも見えてしまいます。
まだ暖かくなる春には程遠いこの頃ですが、こんな花を見ていると気持ちは春はもうそこまで来ているんだなと、ほのぼのとした気分になります。
c0085622_21551733.jpg
ちょっと離れて見ると、このように一面黄色の花びらが満開となって目に飛び込んできました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-01-16 22:14 | 植物

年末に咲いていたロウバイ

c0085622_9453818.jpg
ぐっと冷え込んだ土曜日に、近県の公園を散策してきました。風がありませんから、日が射すにつれてとても気持ちのよい陽気になりました。
公園の遠くから黄色い花が目に止まりましたが、すぐにロウバイと分かりました。
c0085622_9454648.jpg
暖かい陽光をいっぱいに浴びて、どうですかこの花々たちの幸せそうな姿は....
早春の花とされていますから、秋が終わったばかりで、まだ紅葉も残っている年末のこの時期に咲いているとは意外でした。
でも、一足先に早春の気分を味わうことができて、私自身も大変幸せな気分になりました。
c0085622_9455349.jpg
こちらは、同じ公園ですが、他の場所で咲いていたものです。
撮影したときは日陰になっていましたが、中心部に赤色を帯びた花びらを抱いて可憐な姿を見せてくれましたから、それが分かるようにアップで撮影してみたものです。
ただのロウバイは、このように中心部に赤色が出ますが、ソシンロウバイはこんな変化がないということです。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-12-28 10:47 | 植物

ロウバイの黄色い花

c0085622_21551046.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の有志とセツブンソウを見ようと出掛けた山麓の公園には、ロウバイが見事な花を咲かせていました。
都内では、既に盛りを過ぎていますが、ここでは今が盛りと咲いていました。
c0085622_21555177.jpg
名前がロウバイとついていますから、ウメ科の植物かと思い込んでしまいますが、実はロウバイ科になるようです。
これだけたくさんの花が咲いていると、とウメにも黄色い彩りが綺麗に見えますが、香りもなかなかのものでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-02-27 22:03 | 植物

ソシンロウバイ

c0085622_20392635.jpg
ロウバイは、12月末から3月初旬にかけて黄色い花を咲かせます。落葉広葉低木で、高さは4メートルくらいになります。
c0085622_20393434.jpg
花弁の中央部分が暗紫色をしているのが本来のロウバイですが、この写真のものは花弁の中央部分まで黄色いところから、ソシンロウバイと呼ばれる亜種になるようです。濃厚ないい香りがします。
c0085622_2039513.jpg
今年は暖冬であるせいか、既にロウバイは満開となっていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-01-13 20:56 | 植物