タグ:ヤガ科 ( 9 ) タグの人気記事

キノカワガ

c0085622_2212427.jpg
足を運んだ公園で、何やら一生懸命観察している人がいました。近づいて聞いてみると、樹皮に留まっているキノカワガを観察しているとのことでした。
c0085622_22121124.jpg
教えてもらわなければ全く分かりません。樹の皮と同じ色合いをしています。図鑑によれば、キノカワガは成虫で越冬するとされていますから、このままひと冬を過ごすものだと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-12-18 22:16 | チョウ・ガ

ノコメトガリキリガ

c0085622_21511424.jpg
昨日は、あしだちの定例探鳥会が水元公園で開催されました。一緒に参加したayaさん達と、解散後に駐車場までの道を歩いているとき、クロコノマチョウやアカスジキンカメムシの幼虫などを観察することができましたが、この写真の蛾もそのひとつです。
撮影したときには、名前は全く分かりませんでしたが、昨日のayaさんからのコメントで、ノコメトガリキリガということが分かりました。ayaさん凄いです。よく調べましたね。おかげで私は調べる時間が節約できて助かりました。ありがとうございました。
c0085622_21512099.jpg
ノコメトガリキリガは年1回発生するとのことですが、その時期は11月以降になるようで、幼虫の食草は桃や梨、梅などになるそうです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-16 22:03 | チョウ・ガ

ウスキトガリキリガ

c0085622_19111018.jpg
先日足を運んだこの森は、昆虫類がたくさん観察できてとても楽しむことができました。こんないい場所は、ほかの人にも是非紹介したいと思い、この日はあしだちの有志を誘って観察会を実施しました。
これは、森の中の草原で観察したガの仲間ですが、いつものことながら名前も分からず、とりあえず撮影したものです。
c0085622_19104761.jpg
家に帰ってから調べてみたら、ヤガ科のウスキトガリキリガであることが分かりました。晩秋から初冬にかけて現れるキリガの仲間であるようです。
c0085622_1911374.jpg
幼虫は、サクラ科の植物を食草としているとのことで、全長は40㎜くらいの割合大きいヤガの仲間です。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-01 19:42 | チョウ・ガ

マメキシタバ

c0085622_22454171.jpg
樹液を吸うために、木肌に取り付いていた大き目の蛾の仲間です。
翅の模様などから、ヤガ科のマメキシタバであることが分かりますが、前翅を広げてくれたら、黄色の美しい後翅が見られると思うのですが、残念ながら翅を開くことはありませんでした。
c0085622_2245473.jpg
翅開長は5cm弱の大きめな蛾です。 幼虫は、クヌギやミズナラなどを食樹としているようですが、成虫は、このように樹液を求めて木の肌に集まってくるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-09-09 22:56 | チョウ・ガ

コシロシタバ

c0085622_228893.jpg
この日は、とても暑い陽気の一日でした。この日訪れた公園で見つけたコシロシタバです。この公園は、殆ど知られていない公園ですから、あまり人もいない静かな環境でした。今まで2~3回ほどしか訪れたことがありませんから、秘密の場所としてとっておきたいなと思います。
c0085622_228292.jpg
コシロシタバはヤガ科の蛾の仲間です。後翅の中央部に、大きな白斑が出るようですが、この個体は最後まで翅を開いてくれませんでしたから、撮影することはできませんでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-09-03 22:31 | チョウ・ガ

ハグルマトモエ

c0085622_19584472.jpg
竹薮に、とっても大きな蛾の仲間がいました。
前翅にある大きな目玉模様が嫌でも目に付きます。翅開長は6cmくらいはあったと思います。
いつものことながら、名前など全く分からなかったのですが、後から調べてみたらハグルマトモエというヤガ科の蛾の仲間になることが分かりました。この個体は♂になるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-08-24 20:14 | チョウ・ガ

秋型のトビモンアツバ

c0085622_19383892.jpg
トビモンアツバは夏型と秋型では翅の模様が異なります。以前は、この模様の個体は別の種類として区別されていたようですが、現在はトビモンアツバの秋型であることが判明しているようです。
c0085622_19362132.jpg
夏型では翅の模様ははかなり安定してバラつきはないようですが、秋型ではかなり変異が多いようです。
この写真個体は、♀の秋型になるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-10-27 19:49 | チョウ・ガ

マダラツマキリヨトウ

c0085622_22275178.jpg
複雑な模様をしています。公園で野鳥観察をしている時に、この個体が飛翔してきました。
思わず撮影したわけですが、例によって名前は分かりませんでした。
足立自然にふれあう会のホームページにある、「今日の発見!」で問い合わせたところ、マダラツマキリヨトウのHPを教えていただきました。
c0085622_22304183.jpg
ヨトウガの仲間になるようですが、幼虫はシダ類を食草としているようです。
この写真は8月24日に撮影したものですが、今まで見たこともなかった種類を撮影できたことで、自然観察の楽しみが膨らみました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-09-25 22:40 | チョウ・ガ

フクラスズメの幼虫

c0085622_2205571.jpg
毒々しい色合いをしているこの芋虫はフクラスズメの幼虫です。イラクサやカラムシなどを食草としているようです。
全長約8㎝と、結構大きな毛虫ですが、とてもたくさん群がっていました。
この毒々しい色合に魅せられて、思わずシャッターを押していましたが、あまり気持ちのいいものではありませんでした。
できれば成虫(蛾)の姿も一緒に撮影できれば、うれしいと思いました。
c0085622_221753.jpg

[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-24 22:14 | チョウ・ガ