タグ:チョウ ( 266 ) タグの人気記事

ツバメシジミ

c0085622_2331376.jpg
後翅に見られる、尻尾のような突起をツバメの尾羽になぞらえてツバメシジミと名前がついたとのことです。
撮影するときには、名前もはっきり分からないままシャッターを押していましたが、ひとつづつ名前を覚えていくのが楽しいですね。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-09-12 23:35 | チョウ・ガ

ヤマトシジミ2態

c0085622_2043788.jpg
この2枚の写真は、いずれもヤマトシジミであると思われます。でも、翅の裏の色合いが微妙に違うと思いました。上の写真は羽の裏側がやや赤っぽく見えますが、下の写真の個体には赤みがありません。
これは、オスとメスの違いでしょうか?それとも、ヤマトシジミは春型、夏型、秋型と微妙に異なるようですので、その違いなのでしょうか、私にはよく分かりません。
翅の表の色合いは、オスが青っぽく、メスは黒っぽくなるとのことです。
でも、この2枚の写真はいずれも表側の様子を見ることができません。残念ですが、今度撮影するときは、そんなところにも気をつけて撮ってみようと思います。
c0085622_20432320.jpg

[PR]
by coffeeto2 | 2006-09-06 21:22 | チョウ・ガ

ヒメアカタテハ

c0085622_2152176.jpg
ニラの花で蜜を吸うヒメアカタテハです。
チョウのことは詳しくないので、インターネットで調べたところ、”ヒメアカタテハは世界中のほとんどの国に生息し、世界で一番多い蝶ではないかといわれています。”とのことでした。
ハッキリ、クッキリした前翅に比べ、後翅はちょっとボンヤリしています。
でも、私はこのボンヤリした後翅がとてもシックで、味わい深いと思い、気に入りました。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-31 22:10 | チョウ・ガ

花畑のキアゲハ

c0085622_204227.jpg
ツミを観察していた木立の下の小さな花畑にキアゲハが蜜を吸いに来ていました。
同じ仲間のナミアゲハとよく似ていますが、前翅の付け根部分に縞模様が見られるのがナミアゲハで、この写真のように縞模様がないものがキアゲハです。
ところで、このキアゲハが吸蜜しているのは、何という花でしょうか?
[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-29 20:24 | チョウ・ガ

ベニシジミの幻想

c0085622_21161273.jpg

田んぼのシギチを観察していたら、畦道に咲いていたハルジオンにベニシジミが羽を休めていました。
体の割に大きな黒い瞳(複眼)が、妖精のイメージを醸し出しています。
写真に写すと、何だか幻想的な雰囲気が出てきます。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-12 21:36 | チョウ・ガ

アサギマダラとの遭遇

c0085622_23304450.jpg

アサギマダラを観察することができました。
胴体部分のまだら模様が、何となく妖精を連想させると思いました。
後翅の下側に見られる黒い斑が、雄であることの識別ポイントになるようです。
c0085622_22294155.jpg

東南アジアで越冬し、長距離を移動して北上してきた群は、初夏になると本州各地で観察できますが、秋口からはまた南の国を目指して海を越えて渡っていくようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-10 22:59 | チョウ・ガ