タグ:センリョウ科 ( 5 ) タグの人気記事

山道脇のヒトリシズカ@高尾山~景信山

c0085622_21334034.jpg
高尾山から景信山に向けて、小雨の降りしきる関東ふれあいの道を歩いていたところ、一丁平を過ぎて城山に至る間に、山道脇に一株だけ咲いているヒトリシズカを見つけました。
c0085622_21343829.jpg
ちょっと腰を曲げたような形で咲いていたヒトリシズカですが、周りに殆ど花が咲いていない寒々とした環境にありましたから、思わずいろいろな方向からカメラを向けて撮影してしまいました。
c0085622_21332973.jpg
ヒトリシズカの花は花被がなく、雄しべは白い糸状で3分岐すると解説されていました。センリョウ科に属する山野草で、この花は高さ約10cmほどのか弱い姿でしたが、大きくなるものは20cm以上になる立派な花を見たことがあります。
c0085622_21333137.jpg
この白くて清楚な花姿を、静御前の舞姿に例えてヒトリシズカの名前が付けられたとのことですが、ここでは本当に一人静かに花を咲かせていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-04-05 21:48 | 山野草

若葉のヒトリシズカ

c0085622_22475880.jpg
2週間前に登った山の途中で、細い山道の脇に咲いているヒトリシズカの花が目に留まりました。
c0085622_2247525.jpg
緑色の若葉が遅れて広がってきましたから、白いブラシのような穂状花序がとても良く目立つようになりました。
c0085622_22474530.jpg
これも近くにあった群落です。あちらにも、こちらにもヒトリシズカの群落が目に留まり、山はとても華やかになってきました。
c0085622_2248519.jpg
ヒトリシズカの茎は紫褐色をしていて、節があります。高さは10cmちょっと位でしたが、大きなものは20cm以上になるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-04-19 22:58 | 山野草

ヒトリシズカ

c0085622_21141295.jpg
春の陽光が降り注ぐようになると、様々な植物が活動を始めます。ここでは、ヒトリシズカが花をつけていました。緑色の子房の脇に白い糸のような雄しべがたくさん出ています。花弁はありませんから、面白い形をした花であると思います。
c0085622_21141849.jpg
ヒトリシズカが固まって花を咲かせていました。高さは10cmちょっとくらいでしょうか。静御前が舞う姿にたとえて名付けられたようですが、これだけ群生していると、とても一人静かとはいえないような状況です。
c0085622_21142435.jpg
葉が出る前に、葉の中心部分から白い花穂をつけますが、面白い形をしていると思います。センリョウの仲間になるとのことですが、センリョウの花とは似ても似つかない姿かたちです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-03-30 21:26 | 山野草

清楚なヒトリシズカ

c0085622_21263833.jpg
あしだちの有志と一緒にギフチョウを観察に出掛けた山には、たくさんの植物が観察できましたが、この写真のヒトリシズカもそのひとつとなります。
一つ一つの花を観察すると、とても清楚な感じがします。
c0085622_21261797.jpg
名前はヒトリシズカですが、これだけたくさん生えているととても賑やかな感じがしますね。
c0085622_2126994.jpg
ヒトリシズカは花被がありません。おしべは白い糸状で3分岐するところが特徴となります。
c0085622_21263155.jpg
葉が出始めたところですが、一番成長したときには、この3倍くらいまで伸びるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-04-08 21:50 | 山野草

林床を清楚に彩るフタリシズカ

c0085622_22282784.jpg
林床には、たくさんのフタリシズカが群生していました。
草丈は30㎝を越えるくらいでやや大きいのですが、緑の葉に白い花穂が対照的で、この時期の林内ではとても清楚な感じがします。
c0085622_22284981.jpg
ほとんどの花穂は、この写真のように2本立っていることからフタリシズカという名前がついたようです。
c0085622_22283934.jpg
ところが、中にはこの写真のように、2本以上の花穂が立っている株もありました。
同じ仲間のヒトリシズカは、雄しべが糸状に長く伸びてブラシのような形状をしていますが、フタリシズカは花にがくや花弁はなく、内側に曲がって雄しべを包んでいます。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-06-09 22:41 | 山野草