タグ:セセリチョウ科 ( 22 ) タグの人気記事

タカ見広場のチョウ達@白樺峠

c0085622_2228493.jpg
長野県松本市内にある乗鞍高原から白樺峠を越える林道は、女工哀史で有名な野麦峠を越えて、飛騨の国へと向かう野麦街道へ続きますが、ここ白樺峠は、タカ渡りの観察ポイントとしても有名です。その白樺峠から山道を20分ほど登ったところに、タカ見広場があります。この観察場所には、ひな壇のようにベンチや丸太の椅子などが設置されて、通過して行くタカの姿が、観察し易いように整備されています。
9月下旬の今が、正にタカの渡りの最盛期ですから、たくさんの人が集まって来ていました。ひな壇の中ほどには、売店まで設置されていて、とても山の中とは思えないほどの賑やかさです。
観察場所に設置されたひな壇に陣取って、一日観察を続けていると、色々なものが目に入ってきます。私が座ったベンチの周辺には、ノコンギクやマツムシソウなどの山野草が咲いていましたが、そこへ吸蜜に飛来するチョウを観察するのも、タカの渡り観察に付随したお楽しみとなりました。これは、目の前のマツムシソウの花に飛来した、ヒメアカタテハを撮影したものです。
c0085622_22284345.jpg
このヒメアカタテハは、マツムシソウの花に留まって吸蜜していますが、たくさんの観察者が座っている環境を嫌うことなく、ノコンギクやマツムシソウなど、花から花を伝うように、悠々と舞い飛んでいました。
ヒメアカタテハは、春より秋に出現する個体数が多いということです。
以前、千葉県銚子市で12月中に舞っている姿を見たことがありますが、成虫越冬の個体だったと思います。ヒメアカタテハは、卵や幼虫でも越冬することができるようですから、種族保存には有利であると思います。
c0085622_22275045.jpg
地面に倒れていた、白樺の細い木の陰に翅を休めている蝶がいました。ヒョウモンチョウの仲間であることはすぐに分かりましたが、見難い場所ですから種類の特定ができません。撮影時は、ウラギンヒョウモンではないかと思いながらシャッターを押していました。写した写真を見ながら図鑑で調べてみると、前翅先端の裏側は、その色合いがかなり淡いことと、後翅の裏側基部の3銀紋が一直線にならず、中央の1銀紋を欠くなどの白い斑の出方と、茶褐色の条斑紋の色合いが大変薄いことなどから、ギンボシヒョウモンであると判定することができました。
c0085622_22275729.jpg
木の陰から舞い上がって、暫くヒラヒラと辺りを飛び回りましたが、今度はマツムシソウが咲く葉陰の見難い場所に留まりました。なかなか、良い条件で撮影させてくれません。
ウラギンヒョウモンもギンボシヒョウモンも出現は年1回、6〜7月ということですから、この時期に見られるのは、少し遅いことになると思います。
また、ギンボシヒョウモンは本州では分布が狭いようですが、山地に多くみられるようです。
c0085622_22281698.jpg
こちらは、ノコンギクの花で吸蜜するイチモンジセセリです。東京周辺でも普通に観察することができるセセリチョウの仲間ですから、”何だイチモンジセセリか”、とあまり真剣に撮影しませんでした。気が付いてみると、こんな写真しか残っていません。後から悔やんでも追いつきませんね.....。
c0085622_22282246.jpg
マツムシソウの花で吸蜜するイチモンジセセリですが、同じ花にヒラタアブの仲間も飛来して、仲良く吸蜜しようというところです。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-10-04 06:00 | チョウ・ガ

戦場ヶ原のコチャバネセセリ

c0085622_1241416.jpg
戦場ヶ原の木道を歩いていると、湿原の高山植物がたくさん観察できます。私自身、植物はあまり詳しくないので、とりあえず写真にとって後から調べようのパターンで観察してきました。
これは、白い花穂が美しいこれはイブキトラノオであると思いますが、この花で、セセリチョウの仲間がまとわりつくように吸蜜をしていました。
c0085622_124288.jpg
イブキトラノオは、湿原のあちこちに花穂をつけているのですが、その数に見合うほどのセセリチョウが吸蜜に集まっていました。翅の表側は黒褐色で、前翅に白い小斑がいくつか認められます。これは、コチャバネセセリであろうかと思います。また、翅の縁取りが白くなっていますが、私の持っている図鑑の写真には、このような白い縁は認められません。もしかしたら、羽化したばかりで羽毛が擦れていない状態なのかな?などと勝手に想像しています。
c0085622_12484.jpg
翅の裏側は褐色の地に黒い脈が目立ちます。後翅の淡い斑も、コチャバネセセリであろうと思われるポイントになりました。
c0085622_1242351.jpg
アヤメの花が見事に群生していました。花弁の青紫色がとても美しく見事です。また、花弁基部のあやめ模様もはっきり観察できます。花に見とれていると、ここにもコチャバネセセリであろうと思われる個体が吸蜜に来ていました。
c0085622_1242961.jpg
アヤメの蜜腺は奥深いところにあるから、吸蜜しにくいだろうと思いますが、ストロー状の口吻をうまく差し込んで蜜腺に潜り込ませているものだと思います。
c0085622_124353.jpg
上から覆いかぶさるようなアヤメの上唇弁を避けるように、体を横にして吸蜜しているところです。翅の裏側の脈状の模様が、花弁基部のあやめ模様と同化しているようにも見えます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-07-07 12:30 | チョウ・ガ

ダイミョウセセリとウツボグサ

c0085622_22424213.jpg
草むらに咲く可憐なウツボグサになにやら止まっているチョウの仲間がいました。良く見ると、どうやらダイミョウセセリのようです。
c0085622_22422176.jpg
翅の色は黒褐色であるこの個体は♂になります。前翅の中央部には大きな白斑が3個並んでいます。後翅には白斑が認められませんから、これは関東型になると思います。関西型には、後翅にも白斑が出るようです。
c0085622_22422833.jpg
ウツボグサは、花穂を矢を入れるうつぼに見立ててこの名前が付いたようです。唇形の花を咲かせるシソ科の山野草です。
c0085622_22423640.jpg
こちらの個体は、黒色味が少ない褐色の翅をしています。ダイミョウセセリの♀になると思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-01 22:55 | チョウ・ガ

ミヤマセセリ♂

c0085622_2249739.jpg
尾根道の枯葉の上で日向ぼっこをしているミヤマセセリを見つけました。
前翅には、青灰色の複雑な模様が出ているのが分かりますが、この個体は♂になります。♀は前翅の中央付近に白い明瞭な斑が出現しますから、容易に識別することができます。年1回、春先の今の時期だけ出現しますが、郊外に出ないとなかなか観察できないチョウです。
c0085622_21542578.jpg
先週は、ちょっと登りでのある山に出掛けて尾根道でミヤマセセリを見つけましたが、今日お散歩気分で足を運んだ山ではカキドオシで吸蜜するミヤマセセリの写真をとることができました。
c0085622_2154374.jpg
しっかりと翅を広げてくれました。芽吹いた春先の新緑の中で、ひときわ際立つコントラストを見せてくれました。枯葉の中で日向ぼっこするのもいいですが、このように緑の中にもしっくりと溶け込んで、なかなか見栄えがする容姿です。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-04-08 22:53 | チョウ・ガ

イチモンジセセリ

c0085622_2265442.jpg
アザミの花に止まって吸蜜するイチモンジセセリです。
この時期、複数の山に足を運んで来ましたが、どこの山でもイチモンジセセリがとてもたくさん目に付きました。後翅の裏側に、一直線に並んでいる4つの白斑があるところから、この名前が付いたようです。
c0085622_2223186.jpg
この個体は、ガガイモ科のイケマの花に止まって吸蜜しています。でも、この個体は後翅の4つの白斑が一直線ではなく、ちょっと不揃いです。このように、個体によって白斑の出方には差があるようです。
c0085622_2234161.jpg
ミヤマダケブキの花にもたくさんのイチモンジセセリが集まっていました。左側の個体を見ると、ジェット戦闘機の三角翼のようなセセリチョウ独特の翅のつき方が分かります。
c0085622_2224835.jpg
ササの葉の上で、翅を広げてとまっているところを撮影したものですが、前翅の表側には、半円を描くように白斑が並んでいるのが分かります。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-09-01 22:26 | チョウ・ガ

アオバセセリ

c0085622_18442290.jpg
東京は連日30度を越す暑い日が続いていますが、このあたりは日中でも都内ほどの暑さは感じません。妻と愛犬を連れて川沿いの散策路を散歩していたとき、手すりに見慣れないチョウが止まりました。一目見て、未見のアオバセセリであることは分かりました。
お散歩のつもりで出掛けたので、記念撮影モードでカメラには広角レンズをつけていましたから、こんなときに限って望遠レンズもマクロレンズも持参していませんでした。
28㎜の広角レンズで、慎重に精一杯まで近づき撮影したのがこのカットです。思う存分アップで撮影することはできませんでしたから、とても残念でした。でも、出会いの証拠写真として撮影できたわけですから、まずはこれで納得することにしました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-08-29 19:00 | チョウ・ガ

ギンイチモンジセセリ

c0085622_22305019.jpg
裏磐梯で宿泊したロッジ周辺で、早朝に川沿いの散策をしていたとき、朝露に濡れる草に止まって日向ぼっこをする蝶の仲間を見つけました。
ギンイチモンジセセリです。表面は黒褐色で特に模様もありませんが、これが特徴でもあります。
c0085622_22312693.jpg
翅の裏側はオレンジ色の目立つ色合いですが、何といっても後翅の裏側に白銀色のくっきりした目立つ縦斑が、春型のギンイチモンジセセリの特徴となります。早起きは三文の徳と言いますが、正にそんな思いで観察することができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-06-22 22:47 | チョウ・ガ

ミヤマセセリ♀

c0085622_22534520.jpg
この日訪れたフィールドでは、たくさんのミヤマセセリを観察することができました。早春に年1回だけ出現するセセリチョウの仲間ですから、今の時期を逃しては観察することができません。そんな意味で、この日はとてもラッキーな日だったと思います。
c0085622_22533863.jpg
ミヤマセセリは、コナラの葉を食草とするとのことです。フィールドの落ち葉の積もった散策路で、日向ぼっこのため翅を広げて止まってくれました。
前翅の中央付近に白い幅広い斑があるところから、♀の個体であることがわかります。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-05-14 23:00 | チョウ・ガ

ミヤマセセリ

c0085622_2363970.jpg
この日訪れた山で観察したミヤマセセリです。前翅の中央付近に白くて太い斑が出ているところから、♀の個体であることが分かります。
c0085622_2365869.jpg
こちらは、♂の個体になります。ミヤマセセリは、年1回春先にだけ出現しますから、スプリングエフェメラルといえる種類になると思われます。
c0085622_237715.jpg
ミヤマセセリは、コナラの仲間を食草としています。これも♂の個体になりますから、前翅の中央付近に白色の目立つ斑がありません。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-04-08 23:20 | チョウ・ガ

ホソバセセリ

c0085622_21591664.jpg
先日、アカスジカメムシを観察した山の観察路を歩いていたとき、セセリチョウの仲間が飛来して葉の上に止まってくれましたから、すかさず撮影したのがこの写真です。後翅の裏面には、黒色の縁取りがある白斑が9個も並んでいます。もちろん名前も分かりませんでしたが、後から調べてみるとホソバセセリであることが分かりました。
成虫の出現は年1回だけということですから、ここで出会えたことは本当にラッキーであったと思います。幼虫は、イネ科のススキなどを食草としているとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-07-30 22:09 | チョウ・ガ