タグ:スズメガ科 ( 6 ) タグの人気記事

クロホウジャクとホシホウジャク

c0085622_2152183.jpg
近所の公園でヒタキ類の秋の渡りを観察していたとき、すぐ脇のアベリアの花で吸蜜するこのスズメガの仲間を見つけました。クロホウジャクになると思われます。
c0085622_2152836.jpg
クロホウジャクと識別したポイントは、前翅に灰色の目立つ斑があることと、腹側に2対の橙黄色の紋があるところです。幼虫の食草はトウダイグサ科のユズリハになるようです。また、ホシホウジャクより大きいところも特徴になります。
c0085622_2155729.jpg
こちらは、同じアベリアで吸蜜していたスズメガ科のホシホウジャクです。クロホウジャクのように、腹側に明瞭な橙黄色の紋が認められません。
c0085622_216354.jpg
ホシホウジャクは背面から腹部にかけては濃い褐色で、前翅に明瞭な白い斑が認められないところでクロホウジャクと識別ができるようです。幼虫はヘクソカズラを食草としているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-10-19 21:25 | チョウ・ガ

セスジスズメの幼虫と成虫

c0085622_2285338.jpg
シギチ観察で訪れた田園地帯の草むらで、これを見つけた時には蛇が出たと勘違いして、思わず後ずさりしてしまいました。葉の間に胴体の一部しか見えませんでしたから、どう見たって蛇のように見えませんか?
c0085622_2285932.jpg
全身が見える位置から撮影したのがこの写真です。全長は優に8cmを超えていて、胴の太さは1cmくらいはあったと思います。黄色と赤色の眼状紋列が良く目立ちました。イモムシのハンドブックで調べると、セスジスズメの幼虫になるようです。
c0085622_229822.jpg
この写真は、今年6月に野鳥の写真を撮影するために山へ出掛けたときに、車中泊した道の駅で夜中に撮影したセスジスズメの成虫です。このときは、幼虫のことなど全く思いもよりませんでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-26 22:21 | チョウ・ガ

ホシホウジャク

c0085622_21152763.jpg
ホバリングしながら吸蜜するホシホウジャクです。この樹の周辺には、3~4頭が飛び回っていました。リングストロボを携行していましたから、撮影するにはとてもよい状況です。早速ストロボを装着して撮影開始です。
このカットは、上手く翅を広げたところが撮影できました。前翅は、黒褐色のまだら模様が目立ちますが、後翅のオレンジ色の彩がなんといっても眼を引きます。
c0085622_21153347.jpg
ホバリングしながら前後左右に自在に移動します。まるでハチドリを見ているようですね。
c0085622_21154073.jpg
全長は5cmに満たない蛾の仲間で、スズメガ科に属します。
c0085622_21154661.jpg
ジェット戦闘機を髣髴とさせるような外形に写りました。
1秒回に何十回も羽ばたいているのでしょうから、ストロボを発光させなければ写すことができないカットです。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-10-12 21:49 | チョウ・ガ

アベリアで吸蜜するホシホウジャク

c0085622_2102177.jpg
アベリアの花で吸蜜するホシホウジャクです。あしだちのメンバーと一緒に訪れた、都内から少し離れた公園で撮影しました。
c0085622_2101539.jpg
全体に茶褐色ですが、後翅と胴体の一部が明るい黄褐色をしています。
この時期、アベリアの花の周りにはよくホシホウジャクやオオスカシバを見ることができます。この日は、イチモンジセセリも沢山集まっていました。
c0085622_210731.jpg
ホバリングしながら花の蜜を吸いますが、胴体の白い帯がよく目立ちます。
c0085622_2102881.jpg
ホシホウジャクの幼虫は、ヘクソカズラを食草としているとのことです。
成虫の姿からは、幼鳥の食草はちょっと想像もつきません。でも、ホシホウジャクは初夏から秋口にかけて羽化するとのことで、日本中で観察できるようです。
c0085622_2103570.jpg
眼は複眼をしているのでしょうが、写真を見ると黒い瞳があるように見えます。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-10-06 21:35 | チョウ・ガ

ホシホウジャク

c0085622_21314689.jpg
オオスカシバに見とれて写真撮影に熱中していたところ、そのすぐ脇にこのホシホウジャクが来ていました。アベリアの花で、ホバリングしながら蜜を吸う姿は、どうしてもハチドリに見えてしまいます。
c0085622_21315567.jpg
オオスカシバにも鱗粉があると聞いて驚いたのですが、ホシホウジャクのこの翅であれば鱗粉がついているということもうなずけます。
体長は約2.5㎝、翅を広げた大きさは約6㎝ということです。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-09-28 21:44 | チョウ・ガ

オオスカシバ

c0085622_23155433.jpg
スズメガの仲間のホウジャク亜科に属するオオスカシバです。眼を見ると、複眼なのでしょうが、瞳と白目があるように見えます。
近くの公園で、ヒタキ類の観察をしながら写真撮影をしていたときに、すぐ脇のアベリアの花畑に飛来してくれました。
c0085622_2316424.jpg
翼開長は50~70㎜ということですが、結構大きく感じますね。
ハチドリのようにホバリングしながら、アベリアの蜜を吸っていました。
c0085622_23161325.jpg
ホウジャク亜科の仲間のホシホウジャクは、翅に鱗粉がつく蛾の仲間ですが、オオスカシバは翅が透明であるところからその名前がついたような気がします。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-09-26 23:33 | チョウ・ガ