タグ:シジミチョウ科 ( 52 ) タグの人気記事

ウラナミシジミ@白樺峠

c0085622_2031870.jpg
タカの渡りを観察するため、9月21日(土)からの三連休を利用して、長野県の白樺峠へ行ってきました。山腹にひな段のように設置された観察場所に陣取り、丸一日タカの渡りを観察していたのですが、待っている時間がとても長いことから、自然と周囲の山野草やチョウの観察に眼が行ってしまいます。
私が腰を下ろしていたベンチのすぐ前に、ノコンギクの花が咲いていましたが、そこへハナアブの仲間をはじめとして、前回紹介したクモガタヒョウモンやイチモンジセセリなどが吸蜜に訪れてきました。今回紹介するウラナミシジミも、そんな訪問者の一人でした。
c0085622_2032462.jpg
ノコンギクの花に留まって、吸蜜していますが、翅の裏側を近接撮影することができました。前翅にも後翅にも、淡褐色のさざ波模様がありますから、これが名前の由来になっているものと思います。
後翅の後縁付近には、オレンジ色斑とともに小さい黒斑が2個あり、尾状突起が出ています。
c0085622_2033075.jpg
草の葉に留まって、日向ぼっこをしようと翅を開きかけてくれました。翅の表側には、美しい青色が覗いていますから、もう少しはっきり見せてよと、思わず注文を投げかけてしまいました。
c0085622_203368.jpg
翅の表側をハッキリ見せてよという、私の願いが少し届いたようです。そっと回り込んだところ、半開きの翅の間から、表側の美しい色合いを撮影させてくれました。前翅、後翅ともに青色が広がっていますから、これはウラナミシジミの♂の個体になると思います。
c0085622_2031032.jpg
図鑑を確認すると、ウラナミシジミは多化性で、年間に5~6回以上発生を繰り返すようです。幼虫はマメ科の植物各種の花、蕾、実を食べるということですが、特に栽培種のフジマメを好むと解説されていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-09-30 06:00 | チョウ・ガ

山で出会ったチョウ達@三毳山

c0085622_10453475.jpg
9月の三連休の最終日である今日は、関東地方を台風18号が通過していきましたから、どこにも出かけられきません。台風に向かって文句を言っても、進路を変えてくれる訳ではありませんから、自宅に籠りっきりでジッとしているしかないですね。
仕方ありませんが、ちょうど良い時間が取れましたから、ブログに投稿する記事の編集に没頭することにしました。
9月7日(土)に、足慣らしを兼ねて栃木県下の三毳山に登ってきたのですが、中岳(標高210m)直下の頂上広場にある休憩施設に入った時、床で翅を広げて休んでいるチョウがいました。アカボシゴマダラです。
自分の休憩は後回しにして、先ずは写真撮影に取り掛かりました。
c0085622_10452331.jpg
このアカボシゴマダラが、翅をたたんで黄色い口吻を延ばし、床を探るような仕草を見せてくれました。どうやら床にこぼれた飲み物か、食べ残しの汁を吸っているようでした。
c0085622_1045294.jpg
アカボシゴマダラは、もともと南方系のチョウで、東京周辺で観察することはなかったようですが、最近の地球温暖化の影響でしょうか?関東地方でもよく観察することができるようになりました。
c0085622_1046270.jpg
汗を拭き拭き、中岳(標高210m)の山頂に登ると、たくさんのチョウが飛んでいました。大きさや色合いなどを見ると、1種類だけではなく数種類はいるように思えました。木の葉や石の上などに留まって翅を休めると、すぐに他の個体が飛んできて、絡み合うように飛び立つことを繰り返していました。これは、たまたま近くの木の葉の上に留まったたところを撮影したものですが、色合いと、翅の裏側の蛇の目紋の出方から、コジャノメであると思います。
c0085622_10461289.jpg
これは、コジャノメが葉の上に留まって翅を広げてくれたところです。翅の裏側にはよく目立つ蛇の目模様がありますが、表側には地味な蛇の目模様が少しあるだけです。
c0085622_1046748.jpg
コジャノメは、同じ仲間のヒメジャノメなどと比べると、翅の色調が濃いのが特徴ですが、この個体は翅の全体がかなり擦れていて色が褪せているようです。
c0085622_10464026.jpg
山頂の石の上に留まったこちらのチョウは、色調が上のコジャノメに比べると薄い色合いをしていることと、翅の裏側の蛇の目模様の出方からヒメジャノメであると思われます。
c0085622_10463567.jpg
こちらは、ヒメジャノメと思われる個体が、石の上に留まって翅を開いてくれました。上のコジャノメと同じように、翅の表側には目立った蛇の目模様がありません。
c0085622_10471839.jpg
山頂付近のコジャノメやヒメジャノメが舞っていたのとほぼ同じ場所で、少し大きめのヒカゲチョウも観察することができました。一緒に飛んでいると、明らかに大きさが違いますから、ヒカゲチョウであることが分かりました。翅の表側にはほとんど目立つ模様がありません。
c0085622_10472419.jpg
こちらは、ヒカゲチョウが木の葉に留まって翅を閉じてくれましたから、裏側の模様を撮影することができました。表側はほとんど模様がありませんでしたが、裏側は薄茶色の地に、とても目立つ蛇の目模様がコントラストになって、メリハリの利いた姿をしています。
c0085622_10465394.jpg
中岳山頂からカタクリ群生地を抜ける周遊路を通って、木道が設置されている野草園の上まで下ってきたところで、草むらにとても小さいチョウを見つけました。シジミチョウの仲間かと思うほどの大きさですが、これはヒメウラナミジャノメになります。キツネノマゴの小さいピンク色の花で吸蜜していました。
c0085622_10465974.jpg
ヒメウラナミジャノメの翅の裏側の模様を撮影することができました。細かいさざ波模様と、良く目立つ蛇の目模様がありますが、これがとても小さいこのチョウの名前の由来ですね。
c0085622_1047486.jpg
同じ草むらに飛来したこのチョウは、翅の裏側が真っ白ですからウラギンシジミであることが直ぐに分かりました。シジミチョウの仲間ですが、上のヒメウラナミジャノメより一回り以上大きな体型をしています。
c0085622_10475359.jpg
さて、そのウラギンシジミが草の葉の上で翅を広げてくれました。美しいオレンジ色の斑がありますから、これは♂の個体になります。右後翅の一部に欠損が認められますが、全体的に翅が擦れていて、色が褪せています。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-09-16 18:00 | チョウ・ガ

草原のシジミチョウ

c0085622_20553440.jpg
野鳥観察のために訪れた田園地帯ですが、ここでシジミチョウの仲間3種類を観察することが出来ました。最初は、アカツメクサで吸蜜するベニシジミです。翅の表側は[黒褐色の地にオレンジ色の斑が認められますが、裏側の前翅は美しいオレンジ色の地に黒斑があり、後翅の外縁にある濃橙色のバンドもよく目立ちます。
c0085622_20554015.jpg
こちらの個体は、翅の表面が黒褐色をしていることが分かりますが、後翅の後縁に尾状突起が認められますから、ツバメシジミの♀の個体になります。
c0085622_20554753.jpg
翅の表面が美しい青色をしていすが、翅の外縁に黒褐色の太いバンドが認められませんから、これはルリシジミの♂の個体になると思われます。
c0085622_20551198.jpg
続いては、草原に咲いていた花ですが、緑一色の草むら中に濃いピンク色をしていたこの花が、とてもよく目立つ存在でした。
c0085622_20552763.jpg
5枚の花弁が濃い紫桃色をしていて、花の中央部が黄色い色どりをしているこの花は、手持ちの図鑑には載っていませんでしたから、名前も分かりませんが、おそらく外来種であろうと思います。
追記 ~ あしだちの植物に詳しいメンバーの方々にお伺いしたところ、外来種の”ハナハマセンブリ”ではないかとの回答をいただきました。大変お手数をおかけしましたが、お蔭様で名前が分かって胸のつかえが取れたようです。皆様大変ありがとうございました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-06-27 22:34 | チョウ・ガ

晩秋のチョウ2種

c0085622_21465757.jpg
週末の土曜日はひどい雨模様の天気でしたが、日曜日のこの日は気温も上がって晩秋の一日としては、そこそこの陽気となりました。
散策路を歩いていると、葉裏に何やら白いチョウが留まっているのが目につきました。成虫越冬するシジミチョウの仲間のウラギンシジミです。後翅の一部に痛みが見られますが、このままひと冬を過ごすのでしょう。この個体は翅を開くことがありませんでしたから♂か♀かの識別はできませんでしたが、破れた翅の間から見える表の色合いから♀の個体になるかなと思いました。
c0085622_21473322.jpg
こちらは、開けた草原で翅を休めていたキタテハです。このチョウも成虫越冬します。薄日が刺して少し気温が上がったこの日の陽気でしたから、翅を広げて少しでも太陽の恩恵を得ようとしているかのようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-11-21 22:00 | チョウ・ガ

晩秋のヤマトシジミ

c0085622_212529.jpg
11月の下旬だというのに、ここではオオイヌノフグリやホトケノザがあちらこちらに咲いていました。まるで、春先のような風情です。草原にヒラヒラと舞うたくさんのシジミチョウがいましたが、オオイヌノフグリで吸蜜するところを撮影すると、ヤマトシジミでした。晩秋のこの時期は、後翅がとても痛んでいます。
c0085622_213146.jpg
こちらは、ハキダメギクで吸蜜する個体です。表側が明るい青色であるところから、♂の個体であると思われます。
c0085622_2131399.jpg
アメリカセンダングサで吸蜜する個体もいました。この個体も、翅はかなり傷んでいます。幼虫の食草はカタバミであるとのことですが、成虫はいろいろな花で吸蜜するようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-11-20 21:22 | チョウ・ガ

吸蜜中のウラナミシジミ

c0085622_18231332.jpg
秋の日差しを浴びて花を咲かせたアメリカセンダングサの花で、吸蜜するチョウの仲間を見つけました。近寄って確認するとウラナミシジミでした。
秋も深まってきて、この頃とてもたくさんのウラナミシジミを目にするようになったと思いますが、図鑑にも秋に個体数が多いとの記載がありました。
c0085622_18231951.jpg
ウラナミシジミの幼虫は、マメ科の植物を食草としているとのことで、特にフジマメを好むと解説されていました。でも、このところ、目にする成虫はアメリカセンダングサを好んで吸蜜しているようです。暖かい地方では、1年を通して観察することができるようですが、越冬は幼虫または蛹になるようです。
c0085622_18232464.jpg
翅の裏側には、名前の由来ともなっている灰茶褐色の波目模様が特徴的で、後翅には太い白帯が目立ちます。また、後翅の後端には、オレンジ色に囲まれた2個の黒斑があります。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-11-06 18:42 | チョウ・ガ

ムラサキツバメ

c0085622_19391016.jpg
秋のヒタキ類の渡りを観察していた公園で、シジミチョウの仲間を見つけました。飛翔している姿を確認したとき、紫色の模様を認めたので、ムラサキシジミであると思って追いかけました。草むらに止まったところでよく見ると、尾状突起が認められましたから、ムラサキツバメにであることが分かりました。
c0085622_19384763.jpg
草むらの葉影で翅を広げたところを撮影することができました。表側に紫色の斑が認められました。♂の個体は翅の表側は黒褐色で紫色が出ないということですから、この個体はムラサキツバメの♀になると思われます。
c0085622_19385926.jpg
ムラサキツバメを図鑑で確認すると、その分布域は近畿地方以西から四国、九州であるとされています。とすれば、関東地方のこの公園で見られることはとても珍しいことではないかと思います。私は、初めて観察しました。でも、このごろは南方系のツマグロヒョウモンやクロコノマチョウがどんどん北へ生息域を広げていることを思うと、ここで観察できるのもあながち珍しいことではないのかもしれません。
c0085622_1939485.jpg
わずかに開いた翅の間から、表側の紫色が確認できます。ムラサキツバメは成虫で越冬するということで、幼虫はブナ科のマテバシイなどの新葉を食草としているとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-10-15 20:23 | チョウ・ガ

ウラナミシジミ

c0085622_22501859.jpg
アメリカセンダングサの花で吸蜜するウラナミシジミです。翅の裏側にある波状紋が、このチョウの名前の由来となっています。
c0085622_22501250.jpg
翅の表側は、このように青紫色をしています。後翅の後縁に、二つの黒斑がめだち、尾状突起もこのチョウの特徴といえます。
c0085622_2250279.jpg
近所の公園に、ヒタキ類の渡りを観察しようと出掛けたのですが、たまたまここに何頭かの個体が集まって吸蜜していました。幼虫は、マメ科の植物を食草としているとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-10-12 22:59 | チョウ・ガ

アザミに集まるベニシジミ

c0085622_22105176.jpg
草原に咲いたアザミの花に、ベニシジミが集まっていました。スイバなどを食草として、3月下旬から11月にかけて発生するようです。この2頭は、いずれも春型の個体になると思われます。
c0085622_22105987.jpg
アザミの花の上で2頭が仲睦まじく寄り添いました。春型は前翅が明るい紅色であるのに対し、夏型は黒色がかった紅色になるところで識別することができます。さて、この2頭ですが、前翅の模様から左が♂で右が♀になると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-06-30 22:23 | チョウ・ガ

コツバメ

c0085622_22371359.jpg
山の頂上に早めに辿り着き、ちょっと早いお弁当を食べていると、見慣れないチョウが飛来してくれました。大きさからシジミチョウの仲間であると思いましたが、その場では分からず、とりあえず撮影だけして下山しました。
c0085622_22375775.jpg
図鑑で確認すると、どうやらシジミチョウの仲間のコツバメになるようです。尾状突起がないところが特徴となるようです。私は初めて観察することができましたが、年1回、早春にだけ見られるチョウですから、今日はとてもラッキーでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-04-17 22:49 | チョウ・ガ