タグ:キンポウゲ科 ( 60 ) タグの人気記事

まだ残っていたセツブンソウ@栃木

c0085622_1972773.jpg
栃木市の星野町にある“四季の森”へ足を運んできたのは、3月21日(金)の春分の日のことでした。この日の一番の目的は、セツブンソウを観察することにあったのですが、例年であれば3月上旬には足を運んでいました。既に開花時期は過ぎてしまったかもしれません。まだ咲いている花もあるだろうか....?と半ば諦め気分もありました。でも、セツブンソウが終わっても、他の山野草が何かしら花開いている筈ですから、行ってみれば外れはないだろうと足を延ばしてきました。
c0085622_1974561.jpg
今年の関東地方は、2月中に2週続けて大雪に振られましたから、これで春の訪れは例年よりずっと遅れてしまったように思います。この日は、セツブンソウの盛りは過ぎていたものの、まだまだたくさんの花が綺麗に咲いて出迎えてくれました。
c0085622_1973347.jpg
さすがに、日当たりの良い場所では、既に花が終わったセツブンソウをたくさん見かけましたが、日影部分に咲いていた花は、今がまさに盛りという感じです。
c0085622_1965998.jpg
瑞々しい妖精たちが群生していました。木漏れ日を浴びて、セツブンソウ達が踊っているようです。でも、スプリングエフェメラルと呼ばれるこの花は、夏頃までにはすっかり姿を消してしまいます。
c0085622_1972179.jpg
セツブンソウの名前の由来は、文字通り、節分の頃に咲く花ということで、この名前が付けられたわけですが、ここでいうのは旧暦の節分の頃ですから、新暦では3月の今頃になるのですね。
c0085622_197922.jpg
ここでは、冬枯れの地面を隠すように、緑が随分と増えてきました。そんな中に、セツブンソウの大きな群落がありました。たくさんの花が、競い合うように咲いています。咲き始めの頃も新鮮味があってよいのですが、少し遅いこの時期には、また違った趣が見えてきました。
c0085622_1971518.jpg
セツブンソウの花弁は、5枚の白い部分のように見えますが、実はこれは萼片だそうです。実際の花弁は、黄色の丸い部分になるようです。その中央部に見える紫色の部分が、雄しべの葯になります。
c0085622_1973975.jpg
たくさん咲いていたセツブンソウの中には、こんな花もありました。紫色の雄しべが、ずいぶん巨大化しています。これは、突然変異になるものだと思います。聞くところによると、毎年こんな花が何株かは見つかるとのことでした。
c0085622_21404044.jpg
こちらは、花弁が黄色いキバナセツブンソウです。たった1輪だけでしたが、見つけることが出来ました。花弁の数も普通のセツブンソウが5弁なのに対して、こちらは6弁ありますから数が違います。この花は、ヨーロッパに分布している種類になるそうです。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-31 06:00 | 山野草

咲き始めたアズマイチゲ@栃木

c0085622_2035945.jpg
今年の夏山シーズンを前に、先日、山登り専用に携行する目的で、新しいカメラを購入してきました。OLYMPUS STYLUS SP-100EE というコンパクトデジカメですが、50倍の光学ズームを搭載していて、35mm版換算で24mm~1200mmという焦点距離をカバーしています。そのうえ、拡張マクロ機能では、1cmまで近接撮影できるという優れものです。
でも、これを購入する一番の動機づけとなったのは、「イーグルズアイ」と謳われている、ドットサイト式照準器を搭載していることです。これまで、山登り専用にソニー製のDSC-HX100Vという、30倍ズームのコンデジを使っていました。これは、35mm版換算で27mm-810mmをカバーしてくれましたが、望遠端にして野鳥を撮ろうとすると、お目当ての野鳥をファインダーに入れられなくて、何度もシャッターチャンスを逃してしまいました。その苦い経験を踏まえて、このコンデジ購入になったわけですが、HX100Vは娘の希望で、そのまま譲ることにしました。
新しいカメラのデビュー戦は、登友会の月例登山になる、3月29日の湯の丸山になる予定です。その結果については、後日また、このブログで紹介したいと思います。
さて、この写真は3月21日に撮影したアズマイチゲですが、例年、セツブンソウの写真を撮りに行くことが恒例となっている、栃木市星野で見つけたものです。
c0085622_2061856.jpg
今年は、春の訪れが少し遅れているようですから、まだ咲いていないだろうと思っていたのですが、予想に反してたくさんのアズマイチゲを観察することが出来ました。
c0085622_2034340.jpg
セツブンソウがたくさん咲いていた草原は、陽当たりが良くて既にその盛りは過ぎようとしていましたが、代わってこのアズマイチゲが最盛期を迎えようとしています。
c0085622_2063859.jpg
草むらには、まだたくさんのセツブンソウが咲いていましたが、さすがに3月も下旬となると、花期の終わりを告げているように見えました。でも、その中の一角には、このようにアズマイチゲの群落も、目にすることが出来ました。
c0085622_2035287.jpg
中には、このように初々しい蕾をもたげている花もありました。アズマイチゲはこれからが旬と言ったところでしょうか。
c0085622_206443.jpg
アズマイチゲは、8~13個の白い花弁を広げますが、これは萼片になります。早春の今の時期が開花期になりますが、初夏には姿を消してしまう、スプリングエフェメラルの一つです。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-30 06:00 | 山野草

陽だまりのセツブンソウ@八王子

c0085622_1031988.jpg
春の足音は、確実に近づいていると思います。でも、その足並みはとても遅く感じてしまいます。もうハナネコノメも咲き始めているだろうと思い、待ちきれなくなって3月16日(日)に、八王子郊外の登山口周辺で自然観察を楽しんできました。
しかし、今年は大雪の影響で、例年より春の訪れは、一段と遅れているようです。かろうじて咲き始めたハナネコノメを見ることが出来ましたが、期待していたような群落を見ることはできませんでした。....少しでも咲いていれば写真に撮れますから、喜んでしまいますが....、でも、これだけでは寂しいので、その周辺を少し歩いてみることにしました。
すると、すぐ近くの民家の庭先に、セツブンソウの小群落を見つけることが出来ました。一声かけてお邪魔します。
c0085622_1032936.jpg
例年、セツブンソウを観察するのに、栃木県下へ出掛けるのが常でしたが、今年はどんな巡り合わせか、2回観察したのがいずれも都内ということになりました。効率的と言えばそれまでですが、やはりこの時期に出会えることがうれしいのです。
c0085622_1032452.jpg
セツブンソウは、高さ10㎝前後の花茎の先端に、5弁の白い花を咲かせるキンポウゲ科の山野草です。雄しべの先端は紫色で、その周囲を小さくて丸い、黄色い蜜腺が取り囲んでいます。このパステルカラーの彩りが、何とも言えない春の雰囲気を醸し出していると思います。
c0085622_1031333.jpg
もともとは、石灰岩質の場所に群生する山野草ですから、ここで花開いているものは、民家の庭先でもあり、おそらく植栽されたものであると思います。でも、場所を問わず、こうしてその姿を見られるのが、とても嬉しく感じてしまいます。
c0085622_103970.jpg
セツブンソウは、いわゆるスプリングエフェメラルの一つに数えられています。春先の花の咲く時期には、このように葉も地上に広げてくれるのですが、花期が過ぎて暫くすると、夏までには地上部分はすべて枯れてなくなってしまいます。はかない命ですね。
c0085622_103358.jpg
春先の里山を彩る山野草ですが、セツブンソウが終わると間もなく、アズマイチゲやキクザキイチゲ、そしてたくさんのスミレの仲間など、どこから手を付けていいのか分からないくらい、たくさんの花が咲いてくれる季節が到来しますね。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-23 06:00 | 山野草

春の訪れセツブンソウ@調布

c0085622_20451167.jpg
今年は、2月に入って2週連続で大雪に見舞われてしまいました。このため、週末は必ず出掛けている自然観察へ、出掛ける機会を失っておりました。関東地方は、どこもすごい積雪ですから、自然観察どころではありません。でも、季節は着実に春へと進んでいますから、この時期にどうしても見ておきたい春への移ろいを確認したくて、調布市内の公園へ足を運んでみました。
やっぱり咲いていました。まだ雪が残っている環境でしたが、期待していたセツブンソウがとっても元気に花を咲かせてくれていました。
c0085622_20452546.jpg
気温は低くて、10℃以下であったと思います。日影にはまだ雪がたくさん残っている状況でしたが、地面が覗いている環境に、たくさんのセツブンソウが花を咲かせてくれました。
c0085622_20453276.jpg
落ち葉が降り積もっている地面から、たくさんのセツブンソウが花を咲かせてくれました。スプリング・エフェメラルといわれる春先の山野草の代表的な存在です。
c0085622_20451895.jpg
咲き終わると、姿を消してしまうはかない存在です。白い花弁が5枚あるように見えますが、これは萼片ということで、黄色くて頭が丸く見える部分が花弁になるとのことです。
c0085622_20455110.jpg
セツブンソウの三兄弟ですね。固まって、元気に咲いていました。
c0085622_20455782.jpg
紫色の部分が、雄しべの葯になるということです。花が咲き終わると花も葉も、その姿が見えなくなってしまう、はかない存在ですが、それがスプリング・エフェメラルと言われる所以なんでしょうね。
c0085622_204538100.jpg
ここには、とてもたくさんのセツブンソウが群生していました。地面に顔を出した妖精たちが、ここから飛び出して各地に春の訪れを告げてくれるような気がします。
c0085622_2046220.jpg
花の直径は2cmほどです。高さは数cmしかありません。こんな小さな花ですが、春の訪れを告げてくれる、とても嬉しい花ですね。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-02-24 06:00 | 山野草

ハクサンイチゲ@八ヶ岳

c0085622_2155533.jpg
1泊2日の八ヶ岳縦走は、あいにくの天気で周囲の景観を楽しむことはできませんでしたが、厳しい山登りの途中に、たくさんの高山植物が彩りを添えて、私たちの眼を和ませてくれました。これは、主峰赤岳から硫黄岳に至る稜線上に、たくさん咲いていたハクサンイチゲです。
c0085622_21564100.jpg
我々が訪れた時期が、ちょうどハクサンイチゲの花期と重なっていたようで、稜線上の岩陰などにはところどころに群落を形作っていました。
c0085622_21561014.jpg
黄緑色の柱頭を囲むように黄色い雄しべが取り囲んでいます。白くて花びらのように見える部分は、実は萼片であるとのことです。それでは、花弁はどこにあるのかと図鑑を調べてみたのですが、そもそも花弁はないとの記載がありました。
c0085622_21561718.jpg
周囲は濃いガスで景色は全く見られません。岩だらけの稜線だけを見ながら歩いていると、こんな岩陰のわずかな隙間に、根を下ろして可憐な花を咲かせているハクサンイチゲが、元気を与えてくれました。
c0085622_2156256.jpg
この日は、とても強い風が吹いていて、真っ直ぐ歩くことが困難な状況でした。だから、花の写真を撮っても、風に揺れてなかなかまともな写真が撮れません。この写真も、一部の花が風でブレてしまっていますが、何枚か撮影してやっとまともに写っていたうちの1枚です。
c0085622_2156324.jpg
図鑑によれば、全体が小さく、花が1輪しかつかないのはヒメハクサンイチゲで、花が緑色味を帯びるミドリハクサンイチゲというのもあることが解説されていましたが、この写真の花は普通のハクサンイチゲでよいと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-07-25 12:30 | 高山植物

大阿原湿原のミツバオウレン@入笠山

c0085622_21402655.jpg
入笠山の大阿原湿原には、ヒメイチゲ、サンリンソウ、シロバナノヘビイチゴなどの白い花がたくさん咲いていました。でも、その中でも特に優美な姿を見せてくれたのが、このミツバオウレンの花でした。
一番下の暗緑色の大きな葉が越冬葉で、立ち上がっている黄緑色の葉が新生葉です。
c0085622_2140529.jpg
ミツバオウレンは、亜高山から高山の湿り気のある針葉樹林内に生えるということですが、常緑の多年草になります。直径1㎝前後の白い花を茎の先に付けます。
c0085622_21401154.jpg
打ち上げ花火が花開いたように、花弁や蕊を広げているところです。
ミツバオウレンは、キンポウゲ科の山野草になります。
c0085622_21401982.jpg
白くて花弁のように見えるのが萼片で5枚あります。黄色い部分が花弁で、やはり5個あります。大阿原湿原では、針葉樹林帯の林床ばかりでなく、湿原のコケ類の中にもその姿を確認することができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-06-22 17:30 | 山野草

セツブンソウ@栃木

c0085622_212947.jpg
2月最後の週末に、あしだち(足立・自然にふれあう会)のメンバーと一緒に、栃木県大田原市のハクチョウ飛来地とザゼンソウ自生地に出掛けました。そこでは、お目当ての対象が観察できたのですが、セツブンソウだけは見ることができませんでしたから、急遽星野に足を運び、セツブンソウを観察することにしました。
c0085622_2128315.jpg
星野の郷には、すでにたくさんのセツブンソウが咲き始めていました。
c0085622_2128183.jpg
5枚の白い花びらのように見える部分は萼片になります。黄色くて先端が丸くなっている部分が、本来の花弁になります。
c0085622_21283296.jpg
セツブンソウは、主に石灰岩地の林床に群生する、スプリングエフェメラルの一種になります。
c0085622_2129468.jpg
白い萼片、黄色い花弁、青紫色の雄しべが、セツブンソウ独特の風情を醸し出していました。
c0085622_21292997.jpg
林床のところどころ、にセツブンソウが花を咲かせていました。節分の時期の今頃に観察できる山野草ということでセツブンソウという名前が付けられますが、ここではとてもたくさんの花が盛りを見かえていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-03-03 22:20 | 山野草

日溜まりのフクジュソウ@大田原

c0085622_20214822.jpg
ザゼンソウを観察しようと、あしだち(足立・自然にふれあう会)のメンバーを誘って、栃木県大田原市まで足を延ばしました。
今年は、寒くてザゼンソウの開花時期が遅れていたのかもしれませんが、群生地にある農家の庭先に、フクジュソウが今を盛りと花を咲かせていました。
c0085622_20215046.jpg
ここは、農家の庭先でも一番日当たりの良い、日溜まりの場所でしたから、このように早くも花を開いていたものと思います。
c0085622_20213674.jpg
フクジュソウは、キンポウゲ科の山野草ですが、春先の早い時期から花を咲かせますから、春を彩る花の代表格とされています。
c0085622_20213939.jpg
こちらは、蕾を開き始めたばかりの花です。葉の色は暗紫褐色をしていますが、寒さに耐えて春先に一番早く花を咲かせる、フクジュソウならではの色合いであるかもしれません。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-03-02 20:40 | 山野草

自然観察園のセツブンソウ@調布

c0085622_20572390.jpg
先日、野鳥写真の知り合いからコイカルの情報を貰いましたが、たまたま隣接するこの公園の自然観察園では、昨年も一昨年もセツブンソウを観察していました。今回もちょっと足を延ばして行ってみたところ、期待に違わず、可憐な花を咲かせてくれていました。
c0085622_20572134.jpg
セツブンソウは、もともと石灰岩質の林床に群生する山野草ですが、ここの自然観察園ではその一角に、見事な群落を作ってくれていました。
c0085622_20565779.jpg
白くて花弁のように見える5枚の花弁は、顎片になるとのことです。
c0085622_2057949.jpg
花冠の青紫色に見えるところが雄しべの葯で、黄色く見える部分が花弁であるとのことです。葉は掌状で3全裂していて、さらに細裂しています。
c0085622_20571220.jpg
旧暦の節分の頃に開花することから、セツブンソウという名前が付けられたということです。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-02-17 21:16 | 山野草

林床のフクジュソウ@調布

c0085622_20273613.jpg
立春を過ぎて、あちらこちらから春の話題が聞かれるようになりました。そんな話題が伝わってくると、思わず足を運んでみたくなるのですが、カレンダー通りの生活を送っている身ですから、どこへでも出掛けられるわけではありません。
先日来、野鳥写真の知り合いからコイカルが出ているという情報をいただいていましたが、その場所に隣接する公園の自然観察園では、毎年春先にたくさんの山野草を観察させてもらっていました。野鳥写真を撮影するついでに足を延ばしてみれば、何か収穫があるだろうと思っていましたが、期待に違わず黄色い花弁も鮮やかなフクジュソウが花を広げていました。
c0085622_2027207.jpg
フクジュソウは、あちらこちらに花を咲かせていましたが、落ち葉が散り敷くこの場所にも、割合大きな株が花を咲かせていました。
日当たりの良い場所ですから、他の場所に先駆けて花を咲かせてくれたものだと思います。
c0085622_20272874.jpg
フクジュソウは、キンポウゲ科の山野草になりますが、春先の林床に金属光沢のある黄色い花弁を広げてくれます。花弁の数は20枚くらいはあるのではないかと思います。
c0085622_20274328.jpg
フクジュソウの葉は、暗紫緑色で、羽状に細かく裂けています。雪の中でも、しっかりと花を咲かせてくれますから、昔から早春の花として愛でられてきました。今の時期は、早春の花としてこの花が一番の被写体となります。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-02-14 21:11 | 山野草