タグ:ガ ( 71 ) タグの人気記事

山で出会った蛾の仲間-その3

c0085622_2224693.jpg
以前、山で出会った蛾の仲間ということで、2回ほど紹介してきましたが、その時撮影して名前が分からなかった蛾の仲間をシリーズ3回目として紹介します。
最初はエルモンドクガです。透けるような白い翅に、黒褐色のL字模様が特徴です。ドクガ科の仲間に属します。
c0085622_22241520.jpg
続いては、ヤガ科のシロスジアオヨトウです。黒地の翅に緑色と白い斑紋が複雑に絡み合って、とても魅力的な姿をしていると思います。
c0085622_22243458.jpg
これは、翅開長が8cmほどもある大型のオスグロトモエです。これもヤガ科に属します。
c0085622_22244397.jpg
トイレの板壁に止まっていたのは、シャクガ科のマエキオエダシャクです。この写真では良く分かりませんが、前翅の前縁に黄色い縁取りがあるところが特徴です。
c0085622_2225454.jpg
これは、ちょっと自信がありませんが、ヤガ科のシロスジシマコヤガになると思われます。
c0085622_22251469.jpg
最後は、これもちょっと大型の蛾ですが、姿かたちからスズメガ科に属することはすぐ分かります。名前を調べてみると、ビロードスズメであることが分かりました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-07-27 22:39 | チョウ・ガ

四尾連湖で出会った蛾の仲間

c0085622_22432338.jpg
四尾連湖畔を歩いていたとき、翅が半透明のとても美しい蛾の仲間を見つけました。こんなの始めて見ました。なんという美しさでしょうか、思わずファンタスティックと心の中で叫びながらシャッターを押しました。名前を調べるのに苦労しましたが、カギバガ科のホシベッコウカギバになるようです。
c0085622_22434675.jpg
続いては、小さいながらも色合いが美しい、シャクガ科のヒメウスアオシャクです。
c0085622_2244469.jpg
これは割合大きめなヨツメエダシャクになります。やはりシャクガ科に属します。
c0085622_22442323.jpg
黒い翅に白い斑が入り、腹部はオレンジ色地に黒い斑があります。シャクガ科のトンボエダシャクです。
c0085622_22443724.jpg
これも割合小さめなシャクガ科のフタテンオエダシャクです。
c0085622_22445945.jpg
独特な色合いが特徴のマダラカギバです。カギバガ科になりますが、葉の上でとても良く目立っていました。
c0085622_22451735.jpg
飛んだときに、黄色っぽい色合いが蛾の仲間ではなく、チョウの仲間であると錯覚させられました。シャクガ科のキマダラオオナミシャクです。
c0085622_2243483.jpg
最後は、シャクガ科のウスキトガリヒメシャクです。これも小型の蛾の仲間でした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-07-04 23:00 | チョウ・ガ

山で出会った蛾の仲間-その2

c0085622_2245250.jpg
先週足を運んだ山に近い道の駅で、車中泊をしたわけですが、街灯に集まってきた蛾の仲間がたくさんいましたから、夜半から寝る予定が観察と撮影ですっかり狂ってしまいました。前回に引き続き、名前が判明した蛾の仲間の第2弾として紹介します。
今回のトップバッターは、スズメガ科のセスジスズメになります。スッキリした翅の模様が特徴的です。
c0085622_22452696.jpg
続いては、赤褐色の翅が特徴的な小さな蛾の仲間でした。調べたところ、メイガ科のオオウスベニトガリメイガであることが分かりました。
c0085622_22455246.jpg
さて、これもメイガ科のコヨツメノメイガになります。大きめな淡色の斑が4個ありますから、この名前が付いたものと思います。
c0085622_2246331.jpg
これは、スズメガ科のウンモンスズメです。街灯の柱の高いところに止まっていましたから、こんな写真になってしまいました。
c0085622_22462986.jpg
これは、ヒトリガ科のハガタベニコケガです。オレンジ色がかった紅色のちょっと可愛い蛾でした。
c0085622_22464279.jpg
次のこの個体は、メイガ科のツゲノメイガです。青色味がかった翅の色合いが、ちょっと異色で惹かれました。
c0085622_2246534.jpg
最後はヤガ科のオオシラホシアツバです。他の蛾はみな街灯の光が当たる明るい場所に集まっていましたが、これだけは、街灯の光の当たらない薄暗い場所でじっとしていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-06-26 22:49

山で出会った蛾の仲間

c0085622_22382416.jpg
先週末に足を運んだ山でたくさんの蛾の仲間を撮影しました。今回は、その中から名前の分かったものだけを紹介します。
最初は、ヤガ科のオスグロトモエであると思います。翅開長は10cmほどもある大きな個体でした。
c0085622_22383592.jpg
これは、谷川沿いの散策路で撮影したものですが、やはりヤガ科のウンモンクチバになります。
c0085622_2238446.jpg
これは、夜に入ったトイレの天井付近に止まっていたやつですが、左側の大きいのがスズメガ科のモモスズメで、右側の小さいのがヒトリガ科のクビワウスグロホソバになります。
c0085622_22385396.jpg
タイル張りの壁面に止まっていたこの個体は、ちょっとゴージャスな模様をしています。これはシャクガ科のオオハガタナミシャクになります。
c0085622_2239345.jpg
ヒトリガ科のクビワウスグロホソバをアップで撮影したものです。
c0085622_22393247.jpg
これはヒトリガ科のムジホソバです。
c0085622_22395554.jpg
とても小さい蛾でした。色合いが綺麗だと思います。シャクガ科のキオビベニヒメシャクになります。
c0085622_2240629.jpg
次のこの個体は、シャクガ科のヨモギエダシャクになると思いますが、あまり自信はありません。翅開長は8cmくらいはある割合大型の蛾でした。
c0085622_22401931.jpg
これは、メイガ科のトビイロシマメイガになります。小さい蛾になります。
c0085622_22403244.jpg
翅開長は5cmほどの中型のシロツバメエダシャクになります。シャクガ科です。
c0085622_2240555.jpg
最後は、シャクガ科のゴマダラシロエダシャクです。これもやはり翅開長は8cmほどもある大きな蛾の仲間です。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-06-23 23:02 | チョウ・ガ

シャクガいろいろ

c0085622_2143362.jpg
先週、あしだちの有志とともに、高尾山へ自然観察に出掛けててみました。今回は、観察したシャクガの仲間を紹介します。
最初はゴマダラシロナミシャクです。ゴイシシジミみたいな翅の模様がとても良く目立ちました。
c0085622_2145550.jpg
次は少し大きめな蛾でした。ちょっと自信がありませんが、フトオビエダシャクではないかと思います。もし、間違っていたらご教示をお願いします。
c0085622_2152474.jpg
こちらは、ツマキシロナミシャクです。色合いが美しいことから、同行した皆さんも熱心にデジカメで撮影していました。
c0085622_2154095.jpg
最後はツマキリウスキエダシャクです。この写真はみかも山で撮影したものですが、同じものを高尾山でも観察することができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-06-11 21:15 | チョウ・ガ

フタキスジエダシャク

c0085622_22124123.jpg
これも戸隠森林植物園で撮影した蛾の仲間ですが、フタキスジエダシャクです。シックな翅の模様ですが、金色の筋が入っているところがとてもゴージャスな雰囲気で気に入りました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-21 22:20 | チョウ・ガ

オオトビモンシャチホコ

c0085622_21402313.jpg
これも戸隠森林植物園で観察した蛾です。調べてみると、オオトビモンシャチホコであることが分かりました。前翅長は20mmを優に超えていました。食草はコナラ属に限られるとのことで、卵塊で越冬するとのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-20 21:49 | チョウ・ガ

ヒメヤママユ

c0085622_21372137.jpg
この蛾も山で泊まったときに見つけた大きなやつでした。ストロボを発光させて撮影したのがこの写真です。翅を広げると10cmを超えるほどの大きさで、色合いもさることながらとても見応えのある蛾の仲間でした。
c0085622_21372797.jpg
こちらは自然光のままで撮影したものです。後翅にやや痛んだところがありますが、とても立派な容姿を見せてくれました。
c0085622_21373643.jpg
赤み掛かった容姿のこの大きな蛾は、調べてみるとヒメヤママユであることが分かりました。秋も遅くによく見られる蛾になるようで、光に集まる習性が強いようです。蛾の仲間もよく見ると、チョウに負けず劣らず美しい色合いをしています。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-14 21:58 | チョウ・ガ

クロウスタビガ

c0085622_2057767.jpg
山で夕食の支度をしていたとき、ランタンの明かりにとても大きな蛾が飛来してきました。クロウスタビガになるようです。
翅を開いた大きさは10cmくらいはあると思います。ガスコンロに焼かれないように、注意しながら撮影したのがこの写真です。
c0085622_2057056.jpg
その昔、映画で見たモスラを髣髴とさせるようなとても大きい蛾です。でかい蛾だなと、興奮しながら撮影している自分が、何故か懐かしく思い起こされます。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-13 21:08 | チョウ・ガ

ヒメカギバエダシャク

c0085622_2145403.jpg
森の中で、とても美しい蛾の仲間を見つけました。白っぽい地に薄緑色の斑が入った、とても爽やかで美しい蛾です。名前はヒメカギバエダシャクということが分かりましたが、新しい発見で私自身もとても爽やかな気分にさせてもらいました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-09-13 21:59 | チョウ・ガ