タグ:ガ ( 71 ) タグの人気記事

秋のチョウとガ@茨城

c0085622_225554.jpg
二十四節気では、既に立冬(11月7日)を過ぎてしまいました。早いもので、暦の上では既に冬に突入しているわけですが、数日かなり冷え込んだ日があったものの、実感としては、まだ秋真っ只中というところです。
さて、いつものことながら、どこへ出掛けようかと思案をめぐらせていましたが、11月の第三週は、そんなに遠くないところにしようと、茨城県下へ自然観察に出掛けることにしました。
これは、途中の高速道路のパーキングに立ち寄ったとき、トイレの中で見つけたヒメヤママユです。とても大きな蛾ですから、見つけたときはビックリして、すぐにカメラを取りに車に戻りました。...カメラを持ってトイレに入るのは躊躇われましたが....そういえば、3年ほど前の10月に戸隠高原へ出掛けたときも、ヒメヤママユを撮影したのを思い出しました。翅開長は8cmを超えるとても大きな蛾ですが、この出現時期はかなり遅く、寒くなる頃まで見られるようですね。
c0085622_2264532.jpg
今回は、涸沼の周辺で野鳥を中心に自然観察をしてきました。これは、湖畔近くで貝殻がたくさん積まれていた場所ですが、蝶の仲間が飛来して翅を休めていました。日向ぼっこするにはちょうど良い環境であったようです。翅を目いっぱい広げて休んでいましたから、ゆっくり写真に収めることができました。後翅の黒色の斑の中に、水色の斑が認められましたから、これだけでキタテハであることが分かりました。
c0085622_226529.jpg
同じ個体が、ここでは翅を閉じたまま留まってくれましたから、裏側の模様も撮影することができました。とても地味で複雑な斑紋ですが、目立った模様といえば、後翅の中央付近に鉤形の白い斑があるところです。
c0085622_2272879.jpg
キタテハなどのタテハチョウ科の仲間は、成虫越冬することで知られています。この個体も、この姿のままで一冬を過ごし、来春まで子孫繁栄のため、生命を繋いでくれることと思います。
c0085622_228992.jpg
涸沼に流れ込む、涸沼川の流域には、まだまだ自然環境がたっぷり残っています。葦原や、草原の野鳥を中心に散策していたところ、まだ枯れずに黄色い花穂を立てている、セイタカアワダチソウの花で吸蜜しているモンキチョウがいました。
c0085622_2281688.jpg
気が付くと、この周りにはほかにも何頭かのモンキチョウが舞っていました。立冬が過ぎたとはいえ、まだまだ日中の気温は15度を越えていますから、チョウたちの生育には十分な環境であるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-11-21 06:00 | チョウ・ガ

一等三角点の大鳥屋山

c0085622_217572.jpg
山歩きにはまっているこの頃ですが、愛用しているトレッキングシューズがどうも足に合わないようで、少し歩いていると足の裏側が痛くなってしまいます。靴下をいろいろ変えてみたり、靴ひもの縛り方を調節しながら歩いていると、調子の良い時もあるのですが、ずっと悩んでいました。
でも、最近、西新井駅のすぐ近くに新しくできたモンベルショップで相談したところ、どうやら靴の幅が合っていないのではないかということが見えてきました。
ということで、足幅の広いトレッキングシューズの購入に至ったわけですが、9月29日(土)に新しい靴の足慣らしのため、東武佐野線の葛生駅から少し入ったところにある大鳥屋山(標高693m)に登ってきました。決して高い山ではありませんでしたが、頂上には何と一等三角点がでんと構えていました。
c0085622_2164889.jpg
麓の駐車場に車をとめて、さて歩き始めようとした時、駐車場の脇にこのツリフネソウが目につきました。今シーズンは、いろいろなところで目にしていますから、もう間違いようもない山野草になります。
c0085622_14304149.jpg
花がサクラの花のような色合いをしているタデの仲間であるところから、サクラタデという名前が付けられています。やはり、駐車場から歩き始めて、すぐの山道の脇に咲いていました。
c0085622_217344.jpg
山道を少し登った谷川沿いの少し暗い環境にこの黄色い花が咲いていました。手持ちの図鑑を調べてみたところ、オオダイコンソウではないかと思いますが、ちょっと自信はありません。
c0085622_217079.jpg
林道を歩いていると、草むらにカエルが飛び跳ねました。その後を追ってみたところ、葉影にアカガエルの姿を確認することができました。
c0085622_2172139.jpg
林道沿いに白くて小さい花の群落を作っていたのは、このマツカゼソウです。独特の風貌ですから、この白くて小さい花を見つけると、すぐにその存在が分かるほどです。
c0085622_2171788.jpg
登山道のすぐ脇の草の上に翅を休めていたこの蛾は、シャクガの仲間であろうと思われますが、未だ調べていないので名前が分かりません。これから調べて分かったら改めて紹介したいと思います。
c0085622_2173772.jpg
傾斜の急なスギ林の中の山道を歩いていた時に、この白くて小さい花が目につきました。ハコベの仲間であろうことは容易に想像ができましたが、割合大きめであったことから、ウシハコベになると思いましたが、あしだちのつなさんからご指摘をいただき、オオヤマハコベであることが分かりました。
c0085622_2173222.jpg
これも、スギ林の中の急な斜面に咲いていたものですが、調べてみても全く分かりません。花なのか、花が散った後の萼片だけが残っているものなのか、是非ご教授をいただきたいと思います。
c0085622_2175315.jpg
目的の大鳥屋山(標高693m)の頂上に着きました。ここで敷物を敷いてお昼のお弁当を広げたのですが、気が付いてみるとたくさんのヤマヒルに襲われて、血だらけになってしまいました。このあと、余裕があればお隣の岳ノ山(標高704m)へ足を延ばしてみることも考えていたのですが、その気も萎えてしまいすぐに下山を選択してしまいました。
c0085622_2181262.jpg
下山途中に尾根道で撮影したアキアカネです。眼まで赤くなっていませんから、ナツアカネではないと識別できました。
c0085622_218629.jpg
山道を下り終わって谷川筋に出たところで、湿った場所に咲く白くて小さな花が目につきました。図鑑で調べてみたところ、どうやらヤマジソになるようです。花弁の形をよく見ると、上唇は2つに分かれ下唇は3つに分かれているように見えます。
c0085622_2182465.jpg
これも、山道を下った、ちょっと薄暗い谷川筋で見つけた黄色い花ですが、やはり図鑑を見るとヤマキツネノボタンが一番近いのではないかと思われました。
c0085622_2182082.jpg
薄暗い森の中から、黄色いチョウが舞い出してきました。瞬間、キマダラヒカゲの仲間かと思ったのですが、飛び方がパタパタするようで少し変です。葉影に留まったところを撮影できましたが、蛾の仲間でした。
調べてみるとだいぶ色あせているように見えますが、ヒトリガ科のベニシタヒトリが一番近いものであると思われました。
c0085622_218414.jpg
山道を進むと、カエルがぴょんぴょんと跳ね出します。面白いくらい跳ねますから、近くに姿を現した個体を撮影しました。これもアカガエルであると思います。
c0085622_2183874.jpg
これは、東京周辺でも観察することができるゲンノショウコです。白い花弁の中心に、紅い花柱を立て、葯の先端が紫色をしている美しい彩りをしています。
c0085622_2185886.jpg
花茎が横に倒れるように咲いていたこの花は、アキノタムラソウです。シソ科に属す花で、図鑑の写真はもう少し赤味が濃いように写っていましたが、薄暗い森の中ですから、少し色温度が高くなっているようです。
c0085622_2185426.jpg
無事に下山して駐車場に戻りました。新しいトレッキングシューズは、下ろしたてですからまだ固いものの、足幅もぴったりしていて、前の靴のように足の裏側が痛くなることもありませんでした。まずまずの足慣らしとなった大鳥屋山ですが、尾根続きの岳ノ山まで行けなかったのが心残りとなりました。
車に乗って帰宅途中の道路沿いに、真っ赤なヒガンバナの群落がありました。秋の季節を代表するこの花も、撮影しないわけにはいきません。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-10-08 15:45

木曽御嶽高原にて ~ その3

c0085622_2233586.jpg
7月の最後の土日に絡ませて、二人と一匹の避暑旅行のために夏休みをとり、長野県の御嶽高原へ遊びに行ってきました。涼しい高原では、マツムシソウが、爽やかな花をつけていました。
c0085622_22335523.jpg
マツムシソウは、マツムシソウ目マツムシソウ科の山野草で、夏後半の高原を彩る山野草です。
c0085622_22343952.jpg
これは、自信はありませんが、ミヤマアキノキリンソウではないかと思います。
c0085622_22345184.jpg
御嶽ロープウェイを登ったところにある高山植物園で咲いていたコマクサですが、既に盛りを過ぎようとしていました。
c0085622_22352441.jpg
これは、高山植物園で見つけた小さな花です。岩陰にひっそりと咲いていた、ピンク色をした可愛い花でした。調べてみても名前が分かりませんでしたが、つなさんからイブキジャコウソウであると教えて頂きました。
c0085622_22352173.jpg
初めて見る花でしたが、花の形と葉の形から、コケモモなどと同じツツジ科の花になるのかなと思いましたが、シソ科のイブキジャコウソウということでした。ネットで調べてみると、日本原産で園芸植物としても親しまれているようです。
c0085622_22355325.jpg
高山植物園で撮影した蛾の仲間です。後翅がオレンジ色をしているところから、ベニシタヒトリであることは容易に分かりました。前翅に不規則な汚褐色斑があることから、ホシベニシタヒトリの♀の個体になると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-28 06:56 | 山野草

地蔵峠のオオミズアオ

c0085622_2193970.jpg
7月の3連休を利用して、池の平湿原と湯の丸山へ足を運んできたのですが、地蔵峠で車中泊をしている時、夜間に駐車場の公衆トイレに行ったところ、とてもたくさんの蛾の仲間が蛍光灯の灯に集まってきていました。
c0085622_2192750.jpg
そんなたくさんの蛾の仲間の中で、ひときわ大きくて美しい蛾が、バタバタ飛び回っていましたから、嫌でも目につきます。すぐに車に取って返し、カメラを持ち出して早速の撮影を始めました。
c0085622_2193383.jpg
これは、ヤママユガ科のオオミズアオです。図鑑によれば翅開長は100㎜~120㎜ということで、すごく大きな蛾=モスラですから、一目見ただけでオオミズアオであることが分かりました。
c0085622_2195169.jpg
小学生の頃に八ヶ岳のキャンプに行った時に初めてオオミズアオを見た記憶がありますが、とても大きくて幻想的であったという印象があります。いつかはそんな大きな蛾を撮影したいと思っていましたが、こんなところで撮影できるとは思ってもいませんでした。
c0085622_2195664.jpg
オオミズアオの体は白色で、脚は赤色をしています。小学生の頃に見たオオミズアオはもっと青色味が強かった印象です。調べてみると春型は青白色をしていますが、夏型はこのように緑色味ある色合いをしているとのことでした。
ストロボを発光させて撮影したものですが、モスラの眼が光っています。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-17 21:35 | チョウ・ガ

カタクリとイカリモンガ

c0085622_2149941.jpg
渓流沿いに、たくさんのカタクリが咲いていましたが、東京周辺からは2~3週間遅れの開花であると思います。このカタクリの花で吸蜜するイカリモンガを撮影することができました。
c0085622_2204993.jpg
イカリモンガは、蛾の仲間ですが、昼間に飛翔する活発な動きを見せてくれました。
c0085622_2211591.jpg
こうして吸蜜していると、翅の裏側の模様しか見られませんが、翅を広げた表側には、碇模様があって名前の由来となっています。
c0085622_21491893.jpg
カタクリの花は最盛期を過ぎて、もう終わろうとしているところでしたが、イカリモンガは元気一杯に吸蜜のために飛び回っていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-05-02 22:13 | チョウ・ガ

キノカワガ

c0085622_2212427.jpg
足を運んだ公園で、何やら一生懸命観察している人がいました。近づいて聞いてみると、樹皮に留まっているキノカワガを観察しているとのことでした。
c0085622_22121124.jpg
教えてもらわなければ全く分かりません。樹の皮と同じ色合いをしています。図鑑によれば、キノカワガは成虫で越冬するとされていますから、このままひと冬を過ごすものだと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-12-18 22:16 | チョウ・ガ

クロホウジャクとホシホウジャク

c0085622_2152183.jpg
近所の公園でヒタキ類の秋の渡りを観察していたとき、すぐ脇のアベリアの花で吸蜜するこのスズメガの仲間を見つけました。クロホウジャクになると思われます。
c0085622_2152836.jpg
クロホウジャクと識別したポイントは、前翅に灰色の目立つ斑があることと、腹側に2対の橙黄色の紋があるところです。幼虫の食草はトウダイグサ科のユズリハになるようです。また、ホシホウジャクより大きいところも特徴になります。
c0085622_2155729.jpg
こちらは、同じアベリアで吸蜜していたスズメガ科のホシホウジャクです。クロホウジャクのように、腹側に明瞭な橙黄色の紋が認められません。
c0085622_216354.jpg
ホシホウジャクは背面から腹部にかけては濃い褐色で、前翅に明瞭な白い斑が認められないところでクロホウジャクと識別ができるようです。幼虫はヘクソカズラを食草としているようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-10-19 21:25 | チョウ・ガ

セスジスズメの幼虫と成虫

c0085622_2285338.jpg
シギチ観察で訪れた田園地帯の草むらで、これを見つけた時には蛇が出たと勘違いして、思わず後ずさりしてしまいました。葉の間に胴体の一部しか見えませんでしたから、どう見たって蛇のように見えませんか?
c0085622_2285932.jpg
全身が見える位置から撮影したのがこの写真です。全長は優に8cmを超えていて、胴の太さは1cmくらいはあったと思います。黄色と赤色の眼状紋列が良く目立ちました。イモムシのハンドブックで調べると、セスジスズメの幼虫になるようです。
c0085622_229822.jpg
この写真は、今年6月に野鳥の写真を撮影するために山へ出掛けたときに、車中泊した道の駅で夜中に撮影したセスジスズメの成虫です。このときは、幼虫のことなど全く思いもよりませんでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-26 22:21 | チョウ・ガ

戸隠高原チョウの仲間

c0085622_127586.jpg
二人と一匹で訪れた戸隠高原では、たくさんのチョウの仲間を観察することができました。しょっぱなに観察したのは、前回紹介したミヤマカラスアゲハですが、スキー場の草原に足を運んでみると、クジャクチョウがたくさん飛んでいました。
c0085622_1275275.jpg
こちらのクジャクチョウは、羽がだいぶ痛んでいました。今年第1回目に羽化した個体だと思われます。年2回出現し、成虫で越冬するとのことです。
c0085622_1294919.jpg
戸隠神社の中社にお参りした際、駐車場から本殿に向かう参道脇のスギの樹に飛来したところを見つけました。タテハチョウ科のヒメキマダラヒカゲです。
c0085622_1295487.jpg
妻は戸隠神社の奥社に参拝したいと強く希望しましたが、ペット進入禁止です。仕方ありませんから、妻は一人で奥社へお参りし、私と愛犬(チョコ)は、小鳥が池周辺を散策することにしました。
これは、池の周辺を散策しているときに撮影したヒメキマダラヒカゲです。
c0085622_12273765.jpg
このチョウも、小鳥が池の周辺を散策中に撮影したものですが、タテハチョウ科のサカハチチョウです。写真に撮影したのは、たぶん初めてだと思います。
c0085622_1211628.jpg
草原のヨツバヒヨドリには、とてもたくさんのチョウの仲間が飛来してきました。まず目に付いたのがこの個体です。ヒョウモンチョウの仲間は識別が難しいですが、撮影した写真と図鑑を見比べて、あまり自信はありませんが、ウラギンヒョウモンであろうと判定しました。間違っていたら、ご指摘をお願いします。
c0085622_12114543.jpg
次もヒョウモンチョウの仲間ですが、前翅の中央に太い条線が目立つことから、ミドリヒョウモンの♂であることが分かります。
c0085622_12115144.jpg
こちらは、同じミドリヒョウモンの♂ですが、後翅の裏側が黄緑色がかった模様をしています。
c0085622_12112949.jpg
この個体には前翅の表面に太い条線がありません。ミドリヒョウモンの♀になります。裏側の模様は良く見えませんが、♂と同じような模様でした。
c0085622_1210366.jpg
ヨツバヒヨドリには、ヒョウモンチョウの仲間のほかにも、セセリチョウの仲間も吸密にやって来ました。これは、ヒメキマダラセセリになります。
c0085622_1292413.jpg
花に止まって吸蜜しているから、チョウの仲間だと思ってしまいますが、実はこれ蛾の仲間のイカリモンガになります。前翅にある明るいオレンジ色の斑紋が、錨形をしているところから、この名前が付けられました。
c0085622_12121464.jpg
暗黒褐色で、後翅の裏側に蛇の目模様が並ぶこのチョウは、タテハチョウ科のクロヒカゲです。森の中の日陰を好んで、たくさん舞っていました。
c0085622_12122792.jpg
小鳥が池の畔にある東屋のそばで、アカタテハが地面に降りていました。どうやら、落ちていた獣糞がお目当てであったようです。
c0085622_12123342.jpg
アカタテハは東京周辺でも観察できますが、平地から高原まで広く分布しているようです。後翅の裏側は、とても複雑な模様をしています。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-13 13:52 | チョウ・ガ

峰の原高原散策

c0085622_21414786.jpg
二人と一匹で散策した峰の原高原は、涼感一杯のとても爽やかな場所でした。妻が綺麗な虫がいると見つけてくれたのが、このミカドフキバッタでした。体全体が鮮やかな緑色で、見てのとおり翅が退化して短くなっているのが特徴です。
c0085622_2149485.jpg
ペンション近くの白樺林を抜ける道沿いに、ウバユリの花が咲いていました。倒れないように添え木で支えられていましたが、1メートルほどの高さがありました。
c0085622_21425140.jpg
こちらは、石の上で休んでいたヤマアカガエルです。近づいても逃げずにジッとしていてくれましたから、うまく撮影することができました。
c0085622_21504880.jpg
ツリフネソウ科のキツリフネです。長さ3cmほどの黄色い花があちらこちらに咲いていました。袋状の部分は、萼片の1個になるとのことです。
c0085622_21432594.jpg
階段の手すりに止まっていたのは、ブチヒゲカメムシでした。触覚が白と黒の斑模様になっているところからこの名前が付けられたのでしょうか?
体のヘリの斑模様も良く目立ちます。
c0085622_21481261.jpg
ヨツバヒヨドリの花で吸蜜するこの蛾はトンボエダシャクです。この辺り一帯では、かなりたくさんの個体が観察できました。
c0085622_21512193.jpg
こちらは、キバナノヤマオダマキです。関東地方の低山で観察するヤマオダマキは6月頃に花をつけますが、この高原では、今がちょうど旬になるようです。
c0085622_21543666.jpg
最後は、ヤガ科のウンモンクチバです。三角翼のステルス戦闘機みたいな形をしていますが、翅の模様に何ともいえない味わいがあります。
たっぷり散歩した後は、美味しい食事とビールに酔いしれて、心地よい眠りにつくことができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2011-08-08 22:25