<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まだ残っていたセツブンソウ@栃木

c0085622_1972773.jpg
栃木市の星野町にある“四季の森”へ足を運んできたのは、3月21日(金)の春分の日のことでした。この日の一番の目的は、セツブンソウを観察することにあったのですが、例年であれば3月上旬には足を運んでいました。既に開花時期は過ぎてしまったかもしれません。まだ咲いている花もあるだろうか....?と半ば諦め気分もありました。でも、セツブンソウが終わっても、他の山野草が何かしら花開いている筈ですから、行ってみれば外れはないだろうと足を延ばしてきました。
c0085622_1974561.jpg
今年の関東地方は、2月中に2週続けて大雪に振られましたから、これで春の訪れは例年よりずっと遅れてしまったように思います。この日は、セツブンソウの盛りは過ぎていたものの、まだまだたくさんの花が綺麗に咲いて出迎えてくれました。
c0085622_1973347.jpg
さすがに、日当たりの良い場所では、既に花が終わったセツブンソウをたくさん見かけましたが、日影部分に咲いていた花は、今がまさに盛りという感じです。
c0085622_1965998.jpg
瑞々しい妖精たちが群生していました。木漏れ日を浴びて、セツブンソウ達が踊っているようです。でも、スプリングエフェメラルと呼ばれるこの花は、夏頃までにはすっかり姿を消してしまいます。
c0085622_1972179.jpg
セツブンソウの名前の由来は、文字通り、節分の頃に咲く花ということで、この名前が付けられたわけですが、ここでいうのは旧暦の節分の頃ですから、新暦では3月の今頃になるのですね。
c0085622_197922.jpg
ここでは、冬枯れの地面を隠すように、緑が随分と増えてきました。そんな中に、セツブンソウの大きな群落がありました。たくさんの花が、競い合うように咲いています。咲き始めの頃も新鮮味があってよいのですが、少し遅いこの時期には、また違った趣が見えてきました。
c0085622_1971518.jpg
セツブンソウの花弁は、5枚の白い部分のように見えますが、実はこれは萼片だそうです。実際の花弁は、黄色の丸い部分になるようです。その中央部に見える紫色の部分が、雄しべの葯になります。
c0085622_1973975.jpg
たくさん咲いていたセツブンソウの中には、こんな花もありました。紫色の雄しべが、ずいぶん巨大化しています。これは、突然変異になるものだと思います。聞くところによると、毎年こんな花が何株かは見つかるとのことでした。
c0085622_21404044.jpg
こちらは、花弁が黄色いキバナセツブンソウです。たった1輪だけでしたが、見つけることが出来ました。花弁の数も普通のセツブンソウが5弁なのに対して、こちらは6弁ありますから数が違います。この花は、ヨーロッパに分布している種類になるそうです。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-31 06:00 | 山野草

咲き始めたアズマイチゲ@栃木

c0085622_2035945.jpg
今年の夏山シーズンを前に、先日、山登り専用に携行する目的で、新しいカメラを購入してきました。OLYMPUS STYLUS SP-100EE というコンパクトデジカメですが、50倍の光学ズームを搭載していて、35mm版換算で24mm~1200mmという焦点距離をカバーしています。そのうえ、拡張マクロ機能では、1cmまで近接撮影できるという優れものです。
でも、これを購入する一番の動機づけとなったのは、「イーグルズアイ」と謳われている、ドットサイト式照準器を搭載していることです。これまで、山登り専用にソニー製のDSC-HX100Vという、30倍ズームのコンデジを使っていました。これは、35mm版換算で27mm-810mmをカバーしてくれましたが、望遠端にして野鳥を撮ろうとすると、お目当ての野鳥をファインダーに入れられなくて、何度もシャッターチャンスを逃してしまいました。その苦い経験を踏まえて、このコンデジ購入になったわけですが、HX100Vは娘の希望で、そのまま譲ることにしました。
新しいカメラのデビュー戦は、登友会の月例登山になる、3月29日の湯の丸山になる予定です。その結果については、後日また、このブログで紹介したいと思います。
さて、この写真は3月21日に撮影したアズマイチゲですが、例年、セツブンソウの写真を撮りに行くことが恒例となっている、栃木市星野で見つけたものです。
c0085622_2061856.jpg
今年は、春の訪れが少し遅れているようですから、まだ咲いていないだろうと思っていたのですが、予想に反してたくさんのアズマイチゲを観察することが出来ました。
c0085622_2034340.jpg
セツブンソウがたくさん咲いていた草原は、陽当たりが良くて既にその盛りは過ぎようとしていましたが、代わってこのアズマイチゲが最盛期を迎えようとしています。
c0085622_2063859.jpg
草むらには、まだたくさんのセツブンソウが咲いていましたが、さすがに3月も下旬となると、花期の終わりを告げているように見えました。でも、その中の一角には、このようにアズマイチゲの群落も、目にすることが出来ました。
c0085622_2035287.jpg
中には、このように初々しい蕾をもたげている花もありました。アズマイチゲはこれからが旬と言ったところでしょうか。
c0085622_206443.jpg
アズマイチゲは、8~13個の白い花弁を広げますが、これは萼片になります。早春の今の時期が開花期になりますが、初夏には姿を消してしまう、スプリングエフェメラルの一つです。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-30 06:00 | 山野草

四季の森星野@栃木

c0085622_9583968.jpg
栃木市星野町にある四季の森は、春先の今の時期、フクジュソウやセツブンソウなどのたくさんの山野草をはじめ、マンサクやウメ、ロウバイなどの樹木にも花が咲き、春の野山を彩っています。毎年、春先には必ず足を運んで、目を楽しませてもらっていますが、今年もそんな花々の開花状況の確認に出掛けてみました。
c0085622_9584576.jpg
右側に[四季の森星野]の看板が出ていますが、東北自動車道の栃木インターを降りて、県道32号線を出流町方向へ進むと、一直線でここに至ります。道路の右側の駐車場に車を停めて、さあこれから春の野山を満喫しましょう。
c0085622_958417.jpg
この時期、四季の森の主役は、何といってもセツブンソウです。この辺り一面に可愛い花を咲かせています。もうそろそろ花期も終わりになりますが、いわゆるスプリングエフェメラルの代表格と言っていいくらいの春先の妖精です。
c0085622_9581654.jpg
陽だまりには、こんな可愛いキズイセンが群生していました。周囲のオオイヌノフグリとのコラボレーションがとても綺麗でした。
c0085622_9582294.jpg
こちらは、イラクサ科のカテンソウです。とても小さい花で、ともすれば見落としてしまいますが、ピンク色のとても可愛い花を咲かせていました。
c0085622_9583239.jpg
アズマイチゲです。セツブンソウの原っぱの中に、ところどころ花を咲かせていました。セツブンソウはそろそろ終わりになりますが、アズマイチゲはこれから最盛期を迎えることと思います。
c0085622_959145.jpg
フクジュソウもいっぱい群生していました。春先の割合早い時期から花を開いてくれますが、この黄色い花がたくさん咲いていると、とても見応えがあって、得した気分になります。
c0085622_9592480.jpg
枝先に、細いリボン状の花を開いていたのはマンサクの花です。山の中では、春先の一番早い時期から花開くことから、先ず咲くが訛ってマンサクになった、と聞いたことがあります。
c0085622_958514.jpg
こちらは、サンシュユの花だと思いますが、自信を持って識別できません。ダンコウバイやアブラチャンなどと同じようで、先日も間違えてご指摘を受けてしまいました。
c0085622_9585775.jpg
山の斜面には、フキノトウが芽を出していました。これも春を彩る山野草の一つですが、食卓を飾る食材にもなりますね。(^^;;
c0085622_959355.jpg
言わずと知れたオオイヌノフグリです。日溜まりにとてもたくさん群生していました。びっしりと地面を埋め尽くすように咲いていると、辺り一面薄い青紫色の絨毯を敷いたようで、ホンワカした雰囲気が気持ち良いです。
c0085622_959934.jpg
これも、春の野原を彩るホトケノザです。こちらは、ピンク色のたくさんの踊り子さん達が、菅笠をかぶって踊りを踊っているような花ですね。じっくりと見ていると、とても愛嬌があります。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-28 06:00 | 植物

春の野に咲く花々@八王子

c0085622_15223753.jpg
この日の一番のお目当ては、ハナネコノメを撮影することにありました。時期的には、まだちょっと早かったようですが、何とか目的を達成できましたから、少し周辺を歩いて、春の息吹が感じられる記録写真を、できるだけ撮影したいと思いました。でも、山道を少し登ってみると、まだたくさんの雪が残っていましたから、陽当たりが良く、雪が無くなっている場所だけを選んで、散策してみることにしました。
山道の脇の土手は、とても陽当たりがよい場所でした。ここには、スミレをはじめオオイヌノフグリやタネツケバナなどが、たくさんの花を咲かせていました。これはタチツボスミレですね。写真に撮影するのは、昨年のシーズン以来ですから、とてもお久し振りという感じでシャッターを押しました。
c0085622_1523252.jpg
この土手の斜面は、タチツボスミレの大群落とまではいきませんが、かなりの花が目につきました。ここでは、草むらに寄り添うように花を咲かせていましたから、撮影してみました。昨年の枯葉もたくさん残っていて、その間に花を咲かせていますから、これも春の息吹を感じさせる雰囲気づくりに一役買っていると思います。
c0085622_15225072.jpg
川沿いの土手の法面に、フキノトウが花を開いていました。見ているだけでも、春の訪れを十分に感じさせてくれますが、これを天ぷらに揚げると、ほろ苦くて何とも言えないあの食感が、私の好みです。
c0085622_15224450.jpg
ここには、二つ並んで仲良く花を咲かせていました。フキノトウは、地下茎を延ばして増える多年草ということですから、この二つは地面の中でしっかりと繋がっている筈です。
c0085622_15233199.jpg
とても暖かい陽光に誘われるように、オオイヌノフグリも固まって花を咲かせていました。一つ一つの花は小さいですが、こんな風に固まって咲いていると賑やかで、春の雰囲気がよく出ていると思います。
c0085622_15231987.jpg
陽だまりの斜面には、タネツケバナも群生していました。種もみを水に漬けて、苗代の準備をする頃に咲くとも、家畜の種付けをする頃に咲くとも言われているようですが、どちらも頷ける話です。
c0085622_15225681.jpg
6枚の白い花弁を付けていたこの花は、ハナニラになります。この葉にはニラのような匂いがあるということです。地上部が見られるのは春だけということですから、ある意味スプリングエフェメラルの一つと言えようかと思います。
c0085622_1523961.jpg
近くには、梅園がありました。ちょっと距離がありましたが、足を運んでみるとこの紅梅が見事な花を咲かせていました。花柄がなく、枝から直接花を付けているのがウメの特徴のようです。
c0085622_1523322.jpg
梅の花は中国が原産ということですが、その昔から春先を彩る花として、和歌にもたくさん読み込まれています。このように、可憐な花を付けているところが、昔の人々の目を引いていたのでしょうね。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-27 06:00 | 植物

テングチョウの日向ぼっこ@八王子

c0085622_1130271.jpg
春の息吹を感じるのは、咲き始めた山野草の姿を見る時ばかりではありません。
ハナネコノメの写真を撮りに来て、何とか目的が達成できたので、少し周りを散策してみようと思いました。しかし、まだ雪がたくさん残っていて、とても春の姿を見つけられるような状況ではありません。今年は大雪の影響で、春の訪れが遅れているから、残念だけれど仕方ないかなと、半ば諦めかけていた時に、暖かい春の陽光を全身に受けようと、陽だまりに舞い飛んできたチョウがいました。テングチョウです。嬉しいことに、近くの地面に舞い降りて、翅をいっぱいに広げてくれました。すかさず撮影を開始したことは言うまでもありません。その姿に、春の訪れを実感することができました。
c0085622_1130724.jpg
落ち葉がたくさん降り積もっている山路の脇で、石の上に舞い降りてくれました。このテングチョウは、春先の早い時期から姿を現せてくれるチョウの仲間の一つです。
c0085622_11301112.jpg
枯れ枝にも止まってくれました。バックがうまくボケてくれたら、いい写真が撮れると喜んだのですが、テングチョウもすぐに飛んでしまいましたから、思ったほどの写真には撮れませんでした。前翅の前縁にあるオレンジ模様と、中央部にあるオレンジ模様がつながっていることから、おそらく♀の個体であると思います。
c0085622_11301621.jpg
テングチョウは、タテハチョウの仲間ですが、その名前のとおり鼻先が長いことから、この名前が付けられています。
c0085622_11295749.jpg
2頭のテングチョウが、お互いに牽制し合うように絡み合って舞い飛んでいました。地面に舞い降りて羽を休める姿を撮影しようと、カメラを向けると飛び立ってしまいます。その動きは、まさに天狗様です。
c0085622_11295067.jpg
テングチョウは、成虫越冬しますから、温かくなった春先にいち早く飛翔する姿を見せてくれます。この個体は、前翅の前縁のオレンジ模様と、中央部のオレンジ模様が分離していますから、♂の個体であると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-25 06:00 | チョウ・ガ

陽だまりのセツブンソウ@八王子

c0085622_1031988.jpg
春の足音は、確実に近づいていると思います。でも、その足並みはとても遅く感じてしまいます。もうハナネコノメも咲き始めているだろうと思い、待ちきれなくなって3月16日(日)に、八王子郊外の登山口周辺で自然観察を楽しんできました。
しかし、今年は大雪の影響で、例年より春の訪れは、一段と遅れているようです。かろうじて咲き始めたハナネコノメを見ることが出来ましたが、期待していたような群落を見ることはできませんでした。....少しでも咲いていれば写真に撮れますから、喜んでしまいますが....、でも、これだけでは寂しいので、その周辺を少し歩いてみることにしました。
すると、すぐ近くの民家の庭先に、セツブンソウの小群落を見つけることが出来ました。一声かけてお邪魔します。
c0085622_1032936.jpg
例年、セツブンソウを観察するのに、栃木県下へ出掛けるのが常でしたが、今年はどんな巡り合わせか、2回観察したのがいずれも都内ということになりました。効率的と言えばそれまでですが、やはりこの時期に出会えることがうれしいのです。
c0085622_1032452.jpg
セツブンソウは、高さ10㎝前後の花茎の先端に、5弁の白い花を咲かせるキンポウゲ科の山野草です。雄しべの先端は紫色で、その周囲を小さくて丸い、黄色い蜜腺が取り囲んでいます。このパステルカラーの彩りが、何とも言えない春の雰囲気を醸し出していると思います。
c0085622_1031333.jpg
もともとは、石灰岩質の場所に群生する山野草ですから、ここで花開いているものは、民家の庭先でもあり、おそらく植栽されたものであると思います。でも、場所を問わず、こうしてその姿を見られるのが、とても嬉しく感じてしまいます。
c0085622_103970.jpg
セツブンソウは、いわゆるスプリングエフェメラルの一つに数えられています。春先の花の咲く時期には、このように葉も地上に広げてくれるのですが、花期が過ぎて暫くすると、夏までには地上部分はすべて枯れてなくなってしまいます。はかない命ですね。
c0085622_103358.jpg
春先の里山を彩る山野草ですが、セツブンソウが終わると間もなく、アズマイチゲやキクザキイチゲ、そしてたくさんのスミレの仲間など、どこから手を付けていいのか分からないくらい、たくさんの花が咲いてくれる季節が到来しますね。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-23 06:00 | 山野草

咲き始めたハナネコノメ@八王子

c0085622_2138514.jpg
何回見てもいいものですね。ハナネコノメが咲き始めました。
早春の谷川沿いに、その可憐な姿を見せてくれるユキノシタ科の山野草ですが、咲き始めたばかりの頃は、雄しべの先に赤い殻を被っていますから、これが白い花弁の中からその姿を現すと、イチゴショートーケーキみたいな色どりで、私の大変好きな花の一つです。
ここ数年、ハナネコノメが咲き始める頃には、必ず山に入ってその姿を確認するようになりました。今年は、大雪の影響もあって、まだ早いかなと心配したのですが、開花の便りが届くのも待ちきれずに、3月16日(日)にそそくさと足を運んでみました。山道付近には、まだ雪がとてもたくさん残っていましたが、いくつかの気の早い花が、妖精のようなとても可愛い花を開いていてくれました。
c0085622_2139448.jpg
ここに来るまで、雪が踏み固められた道は、凍ってツルツルしていました。とても滑りやすいですから、注意深く足を運びます。チェーンアイゼンを持参してくれば良かったと思うような状況でしたが、無事に妖精たちの楽園に到着することが出来ました。
c0085622_21391246.jpg
周囲には、雪がとてもたくさん残っていて、まだ冬山のような様相です。ほとんどの花は、開くのを躊躇っているような冷え込みですが、この妖精たちは、周囲の様子を窺うように、恐る恐る花を開き始めてくれました。
c0085622_21391930.jpg
中には、こんな風に雄しべの先の赤い殻を落として、既に黄色い花粉を覗かせている花もありました。随分気の早い花です。でも、これはこれで、色どりが豊かになって綺麗です。
c0085622_21392563.jpg
この辺りでは、ハナネコノメが一番早く咲き始めるようです。昨年も観察したヤマネコノメソウヨゴレネコノメが出ていないか周囲を探し回ってみましたが、やっぱり季節はちょっと遅れ気味のようで、その姿を確認することはできませんでした。
c0085622_21393179.jpg
とても薄暗い環境でしたから、撮影には三脚を使用しなければならないような状況でした。昨年、あしだちのキッチンayaさんのご主人から頂いた、山用の小型三脚がとても役に立ちました。その節は本当にありがとうございました。これから有効活用させていただきます。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-21 06:00 | 山野草

早春のロウバイ@前橋

c0085622_2235583.jpg
この日は、前橋市内の公園にレンジャクの群れが入っているという情報を頂いて、都内からプチ遠征してきました。でも、せっかく足を運ぶのですから、レンジャクだけでは勿体ないですね。併せて近くの沼の窪市有林のザゼンソウを観察してきました。市有林の中には黄色い花が満開のロウバイの花がとても見事に咲いていました。
c0085622_2236667.jpg
周囲によい香りを漂わせて、早春の一コマを飾り付けてくれます。この時期は、よく見かける花ですが、季節限定ですから、やっぱり撮影対象になってしまいます。
c0085622_2236126.jpg
先月降った大雪の影響で、沼の窪市有林にはまだたくさんの雪が残っていました。でも、日当たりの良い場所は既に雪も解けて地面が出ています。ここには、こんな感じのロウバイの樹が何本もありました。
c0085622_22361820.jpg
この暗褐色で枯れたようにぶら下がっているのが、昨年咲いたロウバイが付けた実です。ロウバイは綺麗な花ですが、その実は対照的な姿をしていますね。(^^;;
c0085622_22362580.jpg
花弁には艶がありますから、名前のとおり、ロウを塗ったような姿をしています。
c0085622_22363258.jpg
赤城山の麓にあるこの谷筋は、雪がたくさん残っていて、まだ春浅いという印象でしたが、このロウバイの花は一足早い春の訪れを告げてくれているようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-20 06:00 | 植物

早春のザゼンソウ@前橋

c0085622_21283617.jpg
今さら言うまでもありませんが、今年の大雪の影響で、この日訪れたザゼンソウの群生地は、例年より開花が遅れているようです。周囲には、まだたくさんの雪が残っていましたが、それでもところどころに顔を覗かせたザゼンソウが、太陽の光を受けて、その熱で周囲の雪を融かしているようです。自然の生命力には、凄いパワーがあるもんだと、雪中花となっているザゼンソウの花を見ながら、感心してシャッターを押してきました。
c0085622_2129919.jpg
ここは、前橋市にある沼の窪私有林です。谷筋に沿って、たくさんのザゼンソウが開花していました。お坊さんが座禅を組んでいる姿に見立てて、この名前が付けられたようですが、丸い達磨さんのような形をしたものが一般的な中で、このようにほっそりした姿の達磨さんもいました。
c0085622_21284544.jpg
ここでも2株のザゼンソウが、仲良く寄り添って咲いていました。周囲には雪がたくさん残っていて、冷え冷えとした環境でしたが、ここだけは温かさが感じられる雰囲気ですね。
c0085622_21292173.jpg
ザゼンソウの仏炎苞と呼ばれる外側の部分は、暗赤紫色をしていますが、この株は薄緑色の部分が多くあります。アオザゼンソウと呼ばれるものもあるようですが、これはどっちつかずの中途半端な色合いです。
c0085622_2129221.jpg
ザゼンソウの仏炎苞に包まれた中央部の花序は、よく見ると、亀の甲羅のような形をしています。その亀甲状の部分の中央部から、黄色い花粉を出しています。
c0085622_21282231.jpg
雪融けの冷たい水の流れの中で、寄り添うように開花したザゼンソウです。サトイモ科の山野草ですが、この清冽な水の流れなくしては、ザゼンソウは開花できないものと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-18 06:00 | 山野草

野鳥公園の春の花@大田

c0085622_22234198.jpg
ヒクイナが出たという情報を見て、淡い期待を持って足を運んできましたが、残念ながらお目当てに会うことはできませんでした。でも、日毎に暖かくなる陽気に誘われて、野鳥公園内には春先の花がたくさん咲いていました。一度に全部紹介することができませんから、前回は満開のウメの花とダンコウバイを紹介しましたが、今回はその他に咲いていた花々を、まとめて紹介したいと思います。
まず初めに、芝生の広場に咲いていたホトケノザです。この花は、割合早い時期から咲いているところを見かけますが、春の野山を彩る花として、これからが見頃になると思います。
c0085622_22235337.jpg
ピンク色のこの花が群生していると、春真っ盛りであると強く印象付けられますが、この日はまだ、日当たりの良いところに、部分的に咲いているだけでした。オオイヌノフグリも咲き始めていて、ほんわかとした雰囲気が漂っているようでした。
c0085622_22233420.jpg
こちらには、いくつものオオイヌノフグリが咲いていました。これも春の到来を告げてくれる花ですね。冬の間でも、陽だまりの思わぬところに咲いていることがあります。暖かさに誘われて、春が来たと間違って咲いていたのでしょうが、小さくてもこの薄青色の花は、太陽の光を浴びてひときわ良く目につきます。
もう何年か前になりますが、足を運んだ河川敷で、辺り一面青い花柄の絨毯を敷いたような、見事な景色を見せてもらったことがあります。あの時の状況に比べると、まだまだ春浅しといった感じですが、春の野山はこの花なくしては語れません。
c0085622_22232852.jpg
忘れてならないのは、このタンポポの花ですね。これも春の野山を彩る、大事な構成メンバーの一人です。でも、ここで咲いていたのはずいぶん花茎が短いものでした。まるで、地面から直に花が咲いているような様相ですが、やはりタンポポは長い花茎の先に、大きな丸い花を咲かせる姿が一番似合っていると思います。
c0085622_22235914.jpg
スイセンの花も陽光を浴びて、植え込みに群生していました。この花も、早いものは年明け早々くらいから咲いていますが、花の少ない時期ですから、とても貴重な存在であると思います。これも春の到来を告げてくれる、大事な顔ぶれです。
c0085622_2224670.jpg
フキノトウが随分大きくなって、花開いていました。薹(とう)が立つというのは、このような状況を指しているのでしょう。芽生えたばかりの頃は、ほろ苦い天ぷらの食材として、美味しくいただけますが、既にその時期は過ぎてしまったようです。
c0085622_22241270.jpg
まだ葉が出ていない枝先に、薄いピンクの花をつけていたのはボケでした。ボケは木によって、赤や白などの花を咲かせてくれますが、この木に咲いた花は、白とピンクの清楚なコラボを見せてくれました。
c0085622_22241838.jpg
株元から、たくさんの細い葉を立てていたのはシュンランです。春先に薄緑色の、気品のある花を咲かせてくれますが、今はまだ、その株元に幾つかの花芽をつけているだけです。あと1週間もすれば、開花するものと思います。
c0085622_22242578.jpg
ツバキの花も咲いていましたが、既に盛りは過ぎているものと思います。濃桃色の花びらが、幾重にも重なって、まるで八重咲きのツバキのように見えます。
c0085622_22243141.jpg
菜の花も、黄色い花をたくさん咲かせていました。これも、??菜の花畠に入り日薄れ♫....と春の夜の情景に歌われているくらい、春先の田園風景に彩りを添えて、春の風物詩を醸し出すのに欠かす事ができない、大切な構成メンバーの一人です。
c0085622_22243780.jpg
菜の花は、私の印象としては日本原産だと思うのですが、正式な和名はセイヨウアブラナになります。名前のとおり日本の在来種ではなく、明治時代にヨーロッパから移入された種類です。菜種油を採取するために、広く栽培されるようになったようです。
c0085622_22231233.jpg
淡いピンク色の花をたくさん咲かせていたのは、アセビの花です。駐車場から入口を抜けて汐入の池に向かう途中にある、いそしぎ橋の両側に植栽されていました。この名前は、馬酔木という漢字が当てられていますが、有毒植物でこれを食べた馬が暴れたことから付けられたと聞いたことがありますが、真偽のほどは定かではありません。
[PR]
by coffeeto2 | 2014-03-13 06:00 | 植物