<   2012年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

御岳山のレンゲショウマ

c0085622_21424437.jpg
このところ、ブログへの投稿が遅れ気味で、大きなタイムラグが生じていることに心配してくれる方からアドバイスをいただき、早く出さなければいけないと気が焦っていたのですが、気が付いたら御岳山で撮影した写真を紹介するのをすっ飛ばしていました。
8月18日にあしだちの有志とともに足を運んだのですが、下界の猛暑を忘れさせてくれる涼しい環境と、このレンゲショウマをはじめとするたくさんの山野草を観察できて、現実を忘れるほど堪能させてもらいました。
c0085622_21423384.jpg
ケーブルカーを降りて、すぐに富士峰園地へ足を運ぶと、たくさんのレンゲショウマが出迎えてくれました。例年であれば、既に花の盛りであると思ったのですが、まだまだ蕾が多く、3分咲きくらいかなと思うような状況でした。
c0085622_21422966.jpg
紫色に色が変わった蕾です。きっと、この蕾は明日には花開くであろうと思われます。左側の薄緑色の蕾は、未だ膨らみ切っていませんから、開花まであと数日を要するものと思います。
c0085622_21422114.jpg
それにしても、レンゲショウマは撮影が難しい山野草であるとつくづく思いました。暗い上に周囲にほかの植物や樹木の幹が密生していますから、なかなか絵になるポイントが見つかりません。
c0085622_21424040.jpg
花が下向きに咲くというのも、撮影に苦労する点だと思います。上から撮影しても、萼片しか映りませんから花の写真としては雰囲気が出ませんからいただけません。
c0085622_21425237.jpg
どうしても下から覗きこむように撮影しなければなりませんから、撮影するポーズが苦しくなります。ただ、この日使用したカメラの液晶画面は、角度を変えられるアングル式であることにずいぶん助けられました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-30 22:01 | 山野草

大菩薩で観察したチョウの仲間

c0085622_21513374.jpg
8月22日(水)にあしだちの仲間とともに大菩薩峠から大菩薩嶺を回るルートで自然観察のハイキングを楽しんできました。ここでは、とてもたくさんの山野草のほかに、チョウの仲間を観察することができましたので、ここで取りまとめて紹介したいと思います。
c0085622_21515538.jpg
マルバダケブキの花で吸蜜していたのは、高山蝶の一種であるクジャクチョウです。
c0085622_2152125.jpg
クジャクチョウは、その名前の由来となっているクジャクの目玉模様が、前翅だけではなく、後翅にもあることが分かります。
c0085622_21514446.jpg
大菩薩峠から大菩薩嶺に至る尾根道には、たくさんのコウリンカが咲いていましたが、この花畑でもクジャクチョウは群れになって吸蜜していました。
c0085622_21514919.jpg
コウリンカで吸蜜するクジャクチョウの翅の裏側を撮影することが出来ましたが、一様に黒褐色で、表側の美しい色どりとは対照的です。
c0085622_215198.jpg
岩肌に取り付いたこのチョウは、アカタテハになります。翅の裏側の模様がよく分かります。
c0085622_21511582.jpg
アカタテハの翅の表側を上手く撮りたいとちょっと粘ってみたのですが、シャッターチャンスに恵まれず、こんな程度にしか撮れませんでした。
c0085622_21512145.jpg
コウリンカで吸蜜するのはクジャクチョウばかりではなく、このイチモンジセセリも、その存在をアピールするようにその姿を撮影させてくれました。
c0085622_21512713.jpg
マルバダケブキの花でクジャクチョウとともに吸蜜していたのは、ギンボシヒョウモンです。ヒョウモンチョウの仲間は識別することが難しいのですが、翅の裏側の模様から同定することが出来ました。
c0085622_21521344.jpg
福ちゃん荘を過ぎて登山道を登っていた時、飛来したタテハチョウの仲間が地面に降りました。翅の表側の模様から、コムラサキの♀であることが分かりましたが、表側の写真を撮影することはできませんでした。
c0085622_21521868.jpg
コムラサキの翅の表側の写真は上手く撮れませんでしたが、裏側の模様だけはしっかりと撮影できました。
c0085622_21522423.jpg
こちらは、雷岩で休憩している時に飛来してくれたツマグロヒョウモンの♂の個体です。元々は南方系のチョウですが、地球の温暖化とともに生息域を次第に北方に広げています。
c0085622_2152314.jpg
最後になりましたが、福ちゃん荘の前で小休止している時に、クジャクチョウとともに飛来して、地面で給水しているエルタテハです。翅の裏側の写真しかなかったので、ルリタテハであろうと紹介しましたが、同行したメンバーから表側が写っている写真を送信していただき、誤りに気がつきました。訂正させていただきます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-29 22:26 | チョウ・ガ

大菩薩で観察した山野草

c0085622_20512187.jpg
8月22日(水)に、あしだちの有志とともに、チョウの仲間と山野草を観察しようと、「ロッジ長兵衛」前の駐車場に車を止めて、大菩薩峠から大菩薩嶺を回るコースで歩いてきました。これは、その時に観察することができたハナイカリの花です。
c0085622_20511674.jpg
ハナイカリは、リンドウ科の山野草です。花冠は黄緑色を帯びて、深く4列するところが船を繋ぐ錨のように見えるところから、この名前が付けられたようです。
c0085622_2120297.jpg
ササの葉の間から顔を覗かせていたこの白い花は、ミネウスユキソウです。当初、ウスユキソウとアップしましたが、間違いであるとご指摘をいただき訂正しました。ウスユキソウの仲間は識別が難しいです。
c0085622_20485454.jpg
こちらも、同じウスユキソウの仲間ですが、全体的にボッテリしていますから、上の写真の種類とはちょっと違うと思いました。図鑑を調べて、当初ミネウスユキソウに近い感じがしました。と紹介しましたが、誤りであるとご指摘をいただき、ウスユキソウであると訂正します。花柄があるところで識別するとのことでした。
c0085622_2049087.jpg
大菩薩嶺に向かう尾根道のわきに生えていたこの花は、ユキノシタ科のウメバチソウです。ウメの花に似ているところから、この名前が付けられたようですが、秋を彩る高山の花になります。
c0085622_20482381.jpg
白くて小さい花をつけているこれはイケマです。同行したメンバーから、このイケマの葉が、アサギマダラの食草となると教えていただきました。
c0085622_2049218.jpg
登山道脇の岩場のそこかしこに咲いていたこの小さい黄色い花は、当初オトギリソウと紹介しましたが、イワオトギリになるとご指摘をいただきました。オトギリソウの仲間も種類がたくさんあって、私には識別するだけの知識がありませんでしたので、訂正させていただきます。
c0085622_20491574.jpg
ササ藪の中にピンク色の可愛い花が目立ちました。直感的にハクサンフウロだと思いましたが、図鑑を調べてみると花弁の濃紫色の筋の形状からカイフウロになるようです。場所的にも甲斐の国ですから、間違いないと思います。
c0085622_20493513.jpg
さて、こちらは白くて小さい花を散形花序の状態で付けています。図鑑を見ただけで判定していますから、全く自信はありませんがカノツメソウになるのではないかと思います。もし違っていたら、是非ご指摘をお願いします。
c0085622_20494649.jpg
茎の上に枝分かれしてたくさんの黄色い花をつけているこれはキオンです。葉の形が分裂していないところが特定のポイントになります。葉が深く切れ込んでいるのは、ハンゴンソウになるようです。
c0085622_2050194.jpg
下向きの舌状花をたくさんつけている黄橙色のこの花は、キク科のコウリンカです。頭花の直径は3~4cmほどあります。
c0085622_20495376.jpg
コウリンカの高さは50~60cmほどあります。登山道の周辺には、たくさんの花を観察することが出来ました。
c0085622_20501275.jpg
福ちゃん荘を過ぎて、大菩薩峠に至る途中の谷筋で観察したこの薄紫色の花は、シソ科のジャコウソウです。花冠の長さは4~5cmほどもある、やや大きめの花でした。
c0085622_20503221.jpg
花弁が5枚ある、この独特の形状をした花はニガナの仲間であることは容易に分かります。花弁の色が黄色ではなく白いですから、調べてみるとシロバナニガナであることが分かりました。
c0085622_20505123.jpg
下山してきて、福ちゃん荘で一息つき、さて車を止めてある場所へ戻ろうと山道ではなく車道を歩いていたところ、この小さな花を見つけることが出来ました。この花は何だろうと、みんなで薀蓄を傾けましたが、現地では全く分かりませんでした。
c0085622_20504672.jpg
後日、熱心なメンバーからこの花はタニタデであると判明しましたとメールが届きました。有難うございました。お陰で調べる手間を省くことが出来ました。
c0085622_2051683.jpg
さて、問題はこちらの花です。これは、福ちゃん荘で小休止して、さてこれから登山道に取り付こうとするときに撮影した小さな花ですが、名前もさっぱり分かりませんでした。識別ポイントとして、葉の形が三角状広卵形であるところから、ミヤマタニタデであると判定しました。
c0085622_2051137.jpg
尾根道の脇に咲いていたこの山野草は、葉の形がのこぎり状であることから、ノコギリソウであることが、すぐに分かりました。
c0085622_2049672.jpg
下山途中の山道の脇に咲いていたウツボグサです。平地では、春から初夏にかけて観察できる山野草ですが、標高の高いこの大菩薩では、8月の今の時期にも咲いていました。
c0085622_20513289.jpg
一番高い山が大菩薩嶺(2,057m)です。大菩薩峠から向かう途中の、妙見の頭の付近で撮影したものです。ちなみに、左端に写っているのが、植物に大変造詣の深いama先生です。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-28 22:31 | 山野草

木曽御嶽高原にて ~ その3

c0085622_2233586.jpg
7月の最後の土日に絡ませて、二人と一匹の避暑旅行のために夏休みをとり、長野県の御嶽高原へ遊びに行ってきました。涼しい高原では、マツムシソウが、爽やかな花をつけていました。
c0085622_22335523.jpg
マツムシソウは、マツムシソウ目マツムシソウ科の山野草で、夏後半の高原を彩る山野草です。
c0085622_22343952.jpg
これは、自信はありませんが、ミヤマアキノキリンソウではないかと思います。
c0085622_22345184.jpg
御嶽ロープウェイを登ったところにある高山植物園で咲いていたコマクサですが、既に盛りを過ぎようとしていました。
c0085622_22352441.jpg
これは、高山植物園で見つけた小さな花です。岩陰にひっそりと咲いていた、ピンク色をした可愛い花でした。調べてみても名前が分かりませんでしたが、つなさんからイブキジャコウソウであると教えて頂きました。
c0085622_22352173.jpg
初めて見る花でしたが、花の形と葉の形から、コケモモなどと同じツツジ科の花になるのかなと思いましたが、シソ科のイブキジャコウソウということでした。ネットで調べてみると、日本原産で園芸植物としても親しまれているようです。
c0085622_22355325.jpg
高山植物園で撮影した蛾の仲間です。後翅がオレンジ色をしているところから、ベニシタヒトリであることは容易に分かりました。前翅に不規則な汚褐色斑があることから、ホシベニシタヒトリの♀の個体になると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-28 06:56 | 山野草

高尾山のイワタバコ

c0085622_22152384.jpg
8月5日はとても暑い日曜日でしたが、高尾山にイワタバコを見るために足を運んでみました。この日のコース取りは、6号路を登って蛇滝へ下山するルートを選択しました。
c0085622_22153448.jpg
イワタバコのシーズンとしては、ちょっと遅かったようですが、それでも琵琶滝と蛇滝にたくさんの花を見ることが出来ました。
c0085622_22154093.jpg
イワタバコは、葉がタバコの葉に似ているところからこの名前が付けられたとのことです。
c0085622_22154621.jpg
イワタバコの花冠は、正面から見るととても面白い形をしています。
c0085622_22151719.jpg
花は直径1.5cmほどで、5枚の花弁が皿状に開いていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-24 22:28 | 山野草

木曽御嶽高原にて ~ その2

c0085622_2321066.jpg
二人と一匹で遊んだ木曽御嶽山の御岳ロープウェイを登った標高2,150mにある高山植物園でたくさんの高山植物などを観察してきました。これは、ミヤマチドリの花になります。
c0085622_2322265.jpg
ミヤマチドリは、ラン科の高山植物で、別名ニッコウチドリとも言うようです。高さ15cmほどのか細い花茎を立てていました。
c0085622_2324696.jpg
高山植物園のいたるところに咲いていたこの黄色いタンポポのような花はミヤマコウゾリナになります。
高さは20cm~40cmくらいのものまでたくさんありました。総苞に剛毛が目立ちます。
c0085622_2343053.jpg
これは、ユキノシタ科のヤグルマソウです。葉は小葉5個からなる大型の掌状複葉です。
c0085622_2354240.jpg
同じユキノシタ科ですが、こちらはハナチダケサシになります。草丈は6~70cm程度です。
c0085622_2361330.jpg
花弁の形状がカラマツのように見えるところから、カラマツソウという名前が付けられています。花の直径は1センチ前後でした。
c0085622_2372338.jpg
最後はゴゼンタチバナです。ミズキ科の山野草です。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-22 23:55 | 山野草

木曽御嶽高原にて ~ その1

c0085622_22211227.jpg
二人と一匹で恒例となった月例旅行ですが、7月26日~29日の日程で、木曽の奈良井宿から御嶽高原にかけて避暑旅行に出掛けてきました。これは、御嶽ロープウェイを登ったところにある植物園で観察した、チングルマの集合果です。
c0085622_222112.jpg
御嶽ロープウェイはワンコも乗車できますから、2,000mを超える高地に簡単に到達することが出来ます。とても涼しい気候に、チョコちゃんも元気一杯でした。
c0085622_2221573.jpg
チングルマは、果実の形を稚児車に見立ててこの名前が付いたということです。高山帯に生えるバラ科の高山植物です。
c0085622_22211746.jpg
御嶽高原の植物園では、とてもたくさんのチングルマを観察することが出来ましたが、これもその中の一部を撮影した群落です。
c0085622_22214179.jpg
こちらは、ツツジ科に属するシラタマノキです。亜高山帯から高山帯に生える高さ5cmから20cmくらいの矮性低木です。
c0085622_22234957.jpg
同じツツジ科に属するツルコケモモです。やはり亜高山帯から高山帯の湿地に生える常緑矮性低木とのことです。
c0085622_22235562.jpg
ここでは、そんなに大きくはありませんでしたが、ツルコケモモの群落を観察することが出来ました。
c0085622_22242686.jpg
連泊した民宿に隣接するキャンプ場内を、チョコちゃんと散歩している時に見つけたヤマオダマキです。
c0085622_22243120.jpg
距の部分が淡い紫色をしていますが、全体的にキバナノヤマオダマキのような感じもしました。
c0085622_22252052.jpg
緑の中に、ひときわ目立つ赤い果実の集合体を見つけました。調べてみると、スイカズラ科のニワトコの果実になるようです。
c0085622_22252896.jpg
ニワトコは、春先に緑白色の花を咲かせますが、夏の今の時期に赤い実をつけます。この実は鳥の餌となるようで、コムクドリやオオヨシキリなどもなども採餌するようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-21 22:57 | 山野草

印旛沼のウシガエル

c0085622_21373094.jpg
印旛沼の広大なアシ原でヨシゴイの写真を撮っていた時、足下の池の中からウシガエルの大きな声が響いてきました。サンカノゴイの声かとも思ったのですが、この姿を確認して声の主はウシガエルであるということに納得がいきました。
c0085622_21371794.jpg
この水辺には、とてもたくさんのウシガエルを観察することが出来ました。近づけばすぐに逃げてしまうのでしょうが、土手の上からの撮影ですから、ジッとしているところを撮影することが出来ました。
c0085622_21372925.jpg
ブォー、ブォーという牛の声のように大きな声で鳴くことからウシガエルという名前が付けられたようですが、トンボやバッタなどを餌とするカエルの仲間です。
c0085622_21374392.jpg
ウシガエルは全長20㎝近くもあり、先の戦争で食糧難となった頃には、貴重なタンパク源として”食用ガエル”という名前が付けられていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-20 21:49 | 動物

八丈島のイタチ

c0085622_21442826.jpg
八丈島へ探鳥旅行に出かけた最終日の7月22日早朝に、ホタル水路へ早朝探鳥に出掛けました。アマツバメやアカコッコを撮影することができ、撮影できないまでもカラスバトやホトトギスを観察していた時、足下をうごめく小動物を撮影することが出来ました。
c0085622_2145107.jpg
どうやらイタチのようです。イタチは全身が濃茶色とされていますが、このイタチは頭部はやや紫色実のある褐色をしています。調べてみると幼いイタチの体色は暗紫色であるとのことですから、これはまだ若い個体であるのかなと思いました。
c0085622_21444580.jpg
宿泊した民宿の奥さんの話では、八丈島の蛇退治のためにイタチが導入されたとのことでしたが、たしかに島ではイタチを見る機会が多かったように思います。沖縄では、ハブ退治のためにマングースが持ち込まれましたが、ヤンバルクイナなどを捕獲して生態系を乱しているとのこと、このイタチも悪さをしなければいいのですが......
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-18 22:08 | 動物

地蔵峠のオオミズアオ

c0085622_2193970.jpg
7月の3連休を利用して、池の平湿原と湯の丸山へ足を運んできたのですが、地蔵峠で車中泊をしている時、夜間に駐車場の公衆トイレに行ったところ、とてもたくさんの蛾の仲間が蛍光灯の灯に集まってきていました。
c0085622_2192750.jpg
そんなたくさんの蛾の仲間の中で、ひときわ大きくて美しい蛾が、バタバタ飛び回っていましたから、嫌でも目につきます。すぐに車に取って返し、カメラを持ち出して早速の撮影を始めました。
c0085622_2193383.jpg
これは、ヤママユガ科のオオミズアオです。図鑑によれば翅開長は100㎜~120㎜ということで、すごく大きな蛾=モスラですから、一目見ただけでオオミズアオであることが分かりました。
c0085622_2195169.jpg
小学生の頃に八ヶ岳のキャンプに行った時に初めてオオミズアオを見た記憶がありますが、とても大きくて幻想的であったという印象があります。いつかはそんな大きな蛾を撮影したいと思っていましたが、こんなところで撮影できるとは思ってもいませんでした。
c0085622_2195664.jpg
オオミズアオの体は白色で、脚は赤色をしています。小学生の頃に見たオオミズアオはもっと青色味が強かった印象です。調べてみると春型は青白色をしていますが、夏型はこのように緑色味ある色合いをしているとのことでした。
ストロボを発光させて撮影したものですが、モスラの眼が光っています。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-08-17 21:35 | チョウ・ガ