<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

サザンカ

c0085622_17501235.jpg
寒い時期に咲く花の代名詞といえばこのサザンカでしょうか。彩りの失せた景色の中で、この濃いピンク色はいやでも目に付く存在になります。
c0085622_1750610.jpg
朝方の気温は3度か4度くらいまで冷え込んでいました。でも、この寒さに負けないようにサザンカは蕾を膨らませていました。
c0085622_17503240.jpg
いまだにサザンカとツバキの識別ができないでいるのですが、サザンカは花びらが散るのに対し、ツバキは花ごと落ちるところが違うと聞いたことがあります。
c0085622_17501943.jpg
次から次へと咲く花に、強い生命力を感じます。季節は既に春に向けて動き始めているというのが実感できます。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-29 18:29 | 植物

早くも咲き始めたロウバイ

c0085622_22424771.jpg
冷たい風が吹く公園でした。まだ12月だというのに、気が付くとロウバイの花が咲き始めていました。この花を見ると、早くも春がやって来たという感じがするから不思議です。
c0085622_22423667.jpg
ロウバイは、ウメの仲間かと思っていましたが、調べてみるとクスノキ目のロウバイ科に属する樹になることが分かりました。
c0085622_22424132.jpg
ウメやサクラの仲間は花が咲くときには葉が落ちているのが普通であると思いますが、このロウバイはまだ葉が残ったままで咲いていました、
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-27 22:49 | 植物

イソギク

c0085622_20171420.jpg
天皇誕生日の今日は、二人と一匹で外房へ足を運んできました。太東海浜植物群落にちょっと期待して行ったのですが、今は時期外れで、かろうじて盛りを過ぎたイソギクの群落が観察できたくらいでした。
c0085622_20164418.jpg
これは、陽だまりに咲いていた株です。上の写真は、日陰に咲いていたものです。色温度によって、発色にはかなりの差がありますから、日光の当たり具合で随分違うことが分かります。
c0085622_20165227.jpg
風がとても強く吹いていましたが、気温は15度ほどもありとても暖かい一日でした。そんな陽気に誘われたのか、ハナアブが飛来して吸蜜していました。
c0085622_20163579.jpg
この写真は、10月17日に葛西臨海公園で撮影したものですが比較するために紹介します。まだ蕾の状態で、とても新鮮な感じがしました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-23 20:40 | 山野草

ムラサキシキブ

c0085622_22554511.jpg
枯葉色の強いフィールドを歩いていると、紫色の美しい実がいやでも目に入りました。ムラサキシキブの実です。同じ仲間にコムラサキシキブ(単にコムラサキとも呼ぶようです。)もあるようですが、私にはその識別はできません。いずれもクマツヅラ科ということで、シソ目に属するとのことです。
c0085622_22555124.jpg
ムラサキシキブは、以前メジロがついばんでいるのを観察したことがありますが、ツグミ類やウグイスなども採食するとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-19 23:04 | 山野草

オツネントンボかな?

c0085622_2362135.jpg
すっかり葉を落とした冬姿の枝先に止まって、枝の一部のように同化しているトンボを見つけました。イトトンボの仲間だと思いますが、私はトンボに詳しくありません。家に戻ってから図鑑を調べてみると、アオイトトンボ科のオツネントンボが一番近いかなと思いました。もし間違っていたら教えてください。
オツネントンボは6~7月に羽化し、成虫のまま越冬するとのことです。チョウの仲間には成虫越冬するのがいることは知っていますが、トンボの仲間にも成虫越冬する個体がいるんですね。新しい発見です。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-14 23:11 | トンボ

マムシグサの果実

c0085622_21492632.jpg
小春日和のこの日、散策路の脇に、真っ赤な果実をつけたマムシグサを見つけました。
c0085622_21493651.jpg
湿り気の多い林内に生える多年草ですが、果軸にびっしりと付いた液果は見事な赤色をしていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-12 21:56 | 山野草

日向ぼっこするムラサキシジミ

c0085622_2229222.jpg
あしだち (足立・自然にふれあう会) の有志と訪れた、里山で観察したムラサキシジミの♂の個体です。ムラサキシジミは成虫越冬しますから、この個体はこのまま冬越しをするのだと思います。
c0085622_22285536.jpg
羽を閉じた裏側は、ほとんど模様などが目立ちません。幼虫は、アラカシやイチイガシなどのブナ類を食草としているとのことです。
c0085622_22291252.jpg
こちらは、10月23日に山登りをした時に、登山道の途中で撮影した♀の個体です。上の♂の個体と比較すると、紫色の部分が♀は小さいですが、♂は大きいことが分かります。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-06 22:38 | チョウ・ガ

花畑のタテハチョウ

c0085622_20313937.jpg
あしだち(足立・自然にふれあう会)の有志と自然観察に出掛けました。訪れた場所は小春日和で、着込んでいた上着を脱ぎたくなるような陽気でした。
花畑には、たくさんのチョウが集まっていました。中央にヒメアカタテハがいますが、その両脇にはキタテハが吸密にいそしんでいました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-12-05 20:35 | チョウ・ガ