<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

キタテハ

c0085622_2211195.jpg
黄色いコスモス(キバナコスモス?)で翅を休めるキタテハを見つけました。
年間で2~3回発生しますが、成虫で越冬するタテハチョウの仲間です。
c0085622_22111164.jpg
この個体も、コスモスでたっぷり栄養を付けて、このまま一冬を越すのでしょうか?幼虫は、クワ科のカナムグラを食草としているようです。
c0085622_22112671.jpg
キタテハは、後翅の黒斑の中に、小さな水色の斑があります。これが、同じタテハチョウの仲間との明瞭な識別ポイントになります。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-31 22:19 | チョウ・ガ

ムラサキシジミ♀

c0085622_22504931.jpg
山頂を目指して登山道を歩いていると、日当たりのよい場所に舞う小さなシジミチョウを見つけました。後を追うと、道端の草の上に翅を広げて止まってくれました。これは、その時のホンの一瞬を捉えたものです。翅の表の青紫色の部分が半分ほどしかないことから、ムラサキシジミの♀であることが分かります。
c0085622_22505559.jpg
翅を広げて止まったかと思うと、一旦閉じてまた広げていましたが、すぐに飛び立ってしまいました。ほんの瞬間の出来事でしたが、ムラサキシジミを撮影できたことがラッキーでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-28 23:01 | チョウ・ガ

アカタテハ

c0085622_2222267.jpg
登った山の山頂の岩場で、日向ぼっこをするアカタテハを見つけました。
ここでは、♂と♀と思われる個体が、絡み合うように飛び回っていました。
c0085622_22159100.jpg
何度か飛び立っては岩場に舞い降りて、落ち着かないような風情でした。
c0085622_2221456.jpg
後翅の裏側は、とても地味な色合いで、表側との対比が顕著です。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-26 22:11 | チョウ・ガ

センブリ

c0085622_22254289.jpg
センブリは漢方薬として名が通っています。胃腸薬として知られていますが、名前の由来としてティーバックのようにして千回振り出しても、まだ苦いことからこの名前が付いたとのことです。
c0085622_2226894.jpg
山道を歩いていたときに、木漏れ日の当たる木の下に生えているのを見つけました。リンドウ科の花は筒状ですが、センブリの花は5弁に分かれているように見えます。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-24 22:35 | 山野草

サラシナショウマ

c0085622_2215369.jpg
今日は、東京近県の山に出掛けて山登りを楽しんできました。
この山の登山口にある公園には、鳥見のために何度か足を運んだことがありましたが、山に登ったのは今回が初めてでした。その山の杉林の中で、このサラシナショウマの群落を見つけました。
c0085622_2214526.jpg
サラシナショウマの名前の由来は、若芽をゆでて水で晒して食べたことにより、この名前が付いたとのことです。葉には、不揃いの鋸歯があります。
c0085622_22143244.jpg
花には、両性花と雄花があるとのことですが、この花がそのいずれであるかは、私にはよく分かりません。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-23 22:30 | 山野草

フタキスジエダシャク

c0085622_22124123.jpg
これも戸隠森林植物園で撮影した蛾の仲間ですが、フタキスジエダシャクです。シックな翅の模様ですが、金色の筋が入っているところがとてもゴージャスな雰囲気で気に入りました。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-21 22:20 | チョウ・ガ

オオトビモンシャチホコ

c0085622_21402313.jpg
これも戸隠森林植物園で観察した蛾です。調べてみると、オオトビモンシャチホコであることが分かりました。前翅長は20mmを優に超えていました。食草はコナラ属に限られるとのことで、卵塊で越冬するとのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-20 21:49 | チョウ・ガ

ホトトギス

c0085622_22421190.jpg
週末の恒例ですが、妻とともに愛犬の散歩に出掛けたところ、ホトトギスの花が見事に咲いていました。
c0085622_22422121.jpg
たまたま、買ったばかりの望遠レンズを持っていましたので、試し撮りのつもりで撮影したものです。
c0085622_22423041.jpg
たくさんの花をつけていましたから、とても見応えのある風情でした。
c0085622_22424280.jpg
ホトトギスの花は、花びらの斑点を鳥のホトトギスの胸の斑になぞらえて付けられた名前であるとのことですが、私にはその繋がりがよく分かりません。
c0085622_22425063.jpg
たくさんの蕾に囲まれていますが、花びらは6枚あります。ホトトギスの特徴として、中央の花柱にも赤紫色の斑が認められます。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-19 22:54 | 山野草

アザミとアカアシカスミカメ

c0085622_2234969.jpg
山で見つけたアザミの、これが花の部分です。名前は分かりませんが、大きな花を咲かせていました。
c0085622_2241811.jpg
花の写真を撮っていたら、アカアシカスミカメを見つけました。カメムシの仲間ですが、とても細い体つきです。でも、色合いはとても美しいカメムシですね。
c0085622_2235623.jpg
これがアザミの花の全容です。右側の花にアカアシカスミカメが止まっていました。アザミの種類はいろいろあるようですが、これは何という種類か全く分かりません。識別できる方はぜひご教授をお願いします。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-18 22:12 | その他

フッキソウの実

c0085622_22594914.jpg
戸隠森林植物園を散策していたところ、足元に真珠のような白い実が実っているのが目に付きました。
思わず足を止めて撮影したわけですが、何の実だろうとその場では全く分からずにいました。
c0085622_22592038.jpg
後から調べてみると、フッキソウの実であることが分かりました。花が咲いたところを撮影したことはありましたが、実を見たのは初めてでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2010-10-17 23:07 | 山野草