<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ナミアゲハの吸蜜

c0085622_21541437.jpg
菜の花に吸蜜に来たナミアゲハです。
アゲハチョウの中では、キアゲハとの識別が難しいのですが、前翅の付根付近に細かい縞があるところでナミアゲハだと分かります。キアゲハは、この部分が灰色に潰れています。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-27 22:05 | チョウ・ガ

キンランとギンラン

c0085622_18223916.jpg
ゴールデンウィーク初日ですが、昼から仕事が入っていたので、朝早く職場近くの公園を散策してきました。曇り空で少し冷え込んでいましたが、キンランが咲いていました。
今日の写真はいずれもNikon ED50を使ったデジスコで撮影しています。
c0085622_1822254.jpg
今まであまり足を運ぶこともなく、気にしていなかったのですが、あちらこちらにキンランが生えていましたから、ちょっと驚きました。
c0085622_18223293.jpg
このキンランは、たくさんの花がついていて見事でしたから、アップで撮影してみました。
c0085622_18225148.jpg
キンランで満足していたのですが、その近くにギンランも咲いていましたから、とても嬉しく思いました。
c0085622_182303.jpg
そう言えば、去年は郊外の公園でしたが、キンランを見た次の週にギンランを見たと記憶しています。
ここでは同時に咲いていてくれました。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-26 18:34 | 山野草

ドングリの芽生え

c0085622_2117276.jpg
林床には、たくさんのドングリが落ちています。その中で、いくつかのドングリが可愛い若葉を出して芽生えていました。
c0085622_21174034.jpg
今まで、ドングリの芽生えというものを眼にすることがありませんでしたから、この日ドングリの芽生えを眼にしたとき、とても新鮮なものと感じました。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-23 21:29 | 山野草

ウラシマソウの群落

c0085622_2219592.jpg
浦島太郎が釣り糸を垂らしているように見えるところから、この名前がついたとのことです。
確かに、細長い釣り糸のような花序の付属対が外に長く伸びているのが分かります。
c0085622_2219299.jpg
最初に見つけた株からあまり遠くないところに、2個体のウラシマソウを見つけました。
目が慣れてくると、ウラシマソウの葉を見ただけで直ぐに探し出すことができるようになりました。
c0085622_22195820.jpg
気がつけば、付近一帯に固まって生息する一群をたくさん観察することができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-21 22:31 | 山野草

林床のキランソウ

c0085622_211449.jpg
シソ科の仲間のキランソウは、別名ジゴクノカマノフタとも言われています。
何故そんな名前がついたのかよく分かりませんが、春の林床にひっそりと咲く、あまり目立ちませんがとても気品のある花です。
c0085622_21141223.jpg
図鑑で見ると、花は濃紫色をしているとのことですが、この花は淡い紫色です。同じ仲間のジュウニヒトエは、上に伸び立つのですが、キランソウは、ロゼット状に地面にへばりつきます。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-20 21:23 | 山野草

チゴユリの花畑

c0085622_21132189.jpg
公園の遊歩道を歩いていたところ、林床にたくさんのチゴユリが今を盛りと咲いていました。
辺り一面チゴユリの花畑が広がって、それは見事な情景でした。
c0085622_21133254.jpg
2㎝ほどの小さくて清楚な花です。
c0085622_21134160.jpg
白い可愛い花ですから、黄色い雄しべがよく目立ちます。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-19 21:29 | 山野草

レンゲの花が咲いていた

c0085622_21183243.jpg
このところ、関東地方周辺では眼にする機会が減ってきたと思いますが、ここでは何とか観察することができたレンゲソウです。
図鑑ではゲンゲという名前で載っていますが、やはりレンゲソウといった方がしっくりすると思います。
c0085622_21185368.jpg
レンゲソウの根にはバクテリアが付いていてこれが肥料になるため、その昔、化学肥料が今のように発達していなかった時代には、水田で稲を植える前にレンゲ草を栽培していました。
c0085622_2119124.jpg
レンゲソウは、蜂蜜を摂ることでも有用な植物となっています。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-14 21:32 | 山野草

林床のシュンラン

c0085622_22234819.jpg
今日足を運んだ公園の林床では、シュンランが花を咲かせていました。
教えてもらって咲いているのが分かったのですが、なかなか見る機会がありませんから、とても嬉しく思いました。
c0085622_22233373.jpg
ランの仲間は、色とりどりの花が咲いて魅惑的ですが、このシュンランのように緑色の花が咲くのは珍しいのではないでしょうか。
c0085622_22231194.jpg
落ち着いた色合いですからあまり目立ちませんが、木の下のちょっと薄暗いところに咲いていましたから、新鮮味があります。
c0085622_2222422.jpg
茎がピンク色をしている蕪がありました。控えめな花ですから、さりげないピンク色が目立ちます。
c0085622_22225443.jpg
たくさんの花が咲いていると、やっぱりランの仲間ですねとても華やいで見えます。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-13 22:39 | 山野草

菜の花の花畑

c0085622_2029825.jpg
さくら祭りの公園に出掛けてみましたが、さくら以上に菜の花が見事な花畑を作っていました。
さくらのピンク色と菜の花の黄色が青空に映えてとても綺麗な風景でした。
c0085622_20292450.jpg
この公園の菜の花は、植え込まれたものでしょうが、昔はこんな風景が至るところで見られたものと思います。
c0085622_2031276.jpg
菜の花を図鑑で調べてみると、セイヨウアブラナになるようです。昔からあったアブラナは、今ではほとんど見られなくなってしまったようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-08 20:48 | 山野草

カキドオシ

c0085622_2274430.jpg
唇形でピンク色をした可憐な花はカキドオシです。
ツル状に伸びて増えることからこの名前がついたようですが、この花を見る限りでは、そんな生命力があるとは思えません。
c0085622_2275458.jpg
芽生えたばかりの若い株です。でも、しっかりと花を咲かせて、強い生命力を感じることができました。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-04-07 22:13 | 山野草