<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カマキリの卵鞘

c0085622_2231636.jpg
これは、オオカマキリの卵鞘(らんしょう)です。
卵鞘というのは、卵の集まりのことですが、この中には、約300個もの卵が入っているとのことです。
オオカマキリという名前が示すとおり、卵鞘も大きなものでした。
c0085622_223753.jpg
こちらは、ハラビロカマキリの卵鞘(らんしょう)です。
オオカマキリに比べると、半分くらいの大きさの卵鞘でした。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-16 22:16 | 昆虫

縞模様が面白いカイガラタケ

c0085622_2225158.jpg
散策した公園で、縞模様が面白いキノコの仲間を見つけました。
名前も分かりませんでしたが、インターネットで検索してみると、どうやらカイガラタケのようです。
どの個体も同じ縞模様をしています。気候の変動かその他の外的な影響でこのような模様が出るのかなと思いました。
c0085622_22251334.jpg
帰りがけに同行した仲間から、道路脇の杉の木の根元に変な固まりがあると教えていただきました。
よく見ると、どうやらこれもカイガラタケのようです。
c0085622_22253091.jpg
それにしても、このカイガラタケの固まりはどのようにしてできたのでしょうか、自然の造形美に感心させられました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-15 22:36 | 山野草

初冬の果実

c0085622_23422.jpg
これは、マユミの果実です。
4裂した果皮に囲まれて赤い種子が艶やかに実っていました。でも、種子は有毒のようです。
c0085622_2341236.jpg
こちらは、クサギです。
果実が黒っぽい藍色をしているところと、額が5片に分かれていることが特徴となるようです。
c0085622_23204547.jpg
これは、タンキリマメの果実であるようです。
当日ご一緒した人からタヌキマメと教えていただいたのですが、他の方からご指摘を頂き、タンキリマメであるようです。
図鑑を見ると同じ仲間にトキリマメというのがあって、豆果はトキリマメの方がタンキリマメよりやや大きいとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-09 23:12 | 山野草

ノハラアザミ

c0085622_20251089.jpg
ノハラアザミです。
この写真ではよく分かりませんが、総苞は球形をしています。また、総苞片は反り返らず、やや粘るようです。
c0085622_2025214.jpg
花木は8月から10月とのことですが、12月に入っても日溜まりのこの場所で、けなげに花を咲かせてくれました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-02 20:34 | 山野草

初冬のウラギンシジミ

c0085622_2361092.jpg
山の中で、ウラギンシジミを見つけました。
初冬の今の時期、日溜まりをすばしこく飛び回る白いチョウがとてもよく目立ちました。
しばらく飛び回ったところで、落ち葉の上の止まってくれました。翅の表にオレンジ色が出ない、白と褐色のこの個体は♀になります。
c0085622_236207.jpg
近くの葉の裏に止まり、綺麗な銀白色の翅の裏側を見せてくれました。
c0085622_2362856.jpg
翅の表と裏が一緒に撮影できました。
ウラギンシジミは、成虫で越冬するとのことです。翅を広げた大きさが4㎝くらいありシジミチョウの仲間とは思えない大きさです。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-01 23:17 | チョウ・ガ