<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ネコヤナギ

c0085622_21173383.jpg
ヤナギの仲間は河川などの水湿地に多く生育する樹木であるとのことです。
雌雄異株です。今の時期は葉の展開に先立って花序を出します。
c0085622_21174135.jpg
文字どおり猫の尻尾のような柔らかそうな花序が見られました。
c0085622_21174977.jpg
芽吹いたばかりのネコヤナギです。背景は池の水面ですが、これがネコヤナギには一番よく似合うと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-25 21:29 | 植物

菜の花

c0085622_2224849.jpg
自生している菜の花が咲いていました。図鑑で確認すると、油料系植物として古くから知られているアブラナと、セイヨウアブラナという名前で載っている別種は、明治初期にヨーロッパから入ったとされています。
c0085622_22241534.jpg
セイヨウアブラナの花は、図鑑ではアブラナのように萼片が開出しないで、斜めに立つと解説されていますが、私にはアブラナとセイヨウアブラナの区別が付きません。
c0085622_22242395.jpg
菜の花や月は東に日は西にと歌われている花ですが、4月頃に辺り一面黄色の菜の花の花畑を見ると、春が来たなと実感できるのですが、今日は一株だけが寂しく咲いていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-24 22:47 | 山野草

春先のボケの花

c0085622_22215186.jpg
裸の枝にたくさんの赤いつぼみが付いていました。ボケの蕾です。
春先のこの時期に、冬枯れの枝に美しい花の蕾を見るだけで、ほっとします。
c0085622_22215827.jpg
ボケは、和名では木瓜とされています。葉よりも先に花が咲くとのことですが、この枝には昨年の葉がまだ残っていました。
c0085622_2222566.jpg
温かい日差しを浴びて、大きく膨らんだつぼみの一つが開花しました。
残りの蕾も、あと数日のうちに次々に開花するものと思い舞ます。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-19 22:28 | 植物

ホトケノザの花も踊り子?

c0085622_19142842.jpg
暖冬といわれる今年の暖かさに誘われたのでしょうか、ホトケノザが可憐な花を付けていました。写真で見ても分かるように、茎の回りに葉が環を描くように生えているため、これを仏の座に見立てて名前がつけられたとのことです。
c0085622_1914931.jpg
葉の台座の中に赤い蕾がいくつも見られます。イチゴのように見えて、美味しそうだなと目尻を下げてしまいました。
c0085622_19135777.jpg
ホトケノザの花は、昨日のヒメオドリコソウの花とそっくりだと思いませんか?
実は、この花の違いをハッキリさせることを目的に写真撮影をしたのですが、花だけを見ていては区別ができません。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-18 19:32 | 山野草

ヒメオドリコソウは帰化植物

c0085622_21343848.jpg
ヒメオドリコソウは、ヨーロッパ原産の野草ですが、明治時代に日本に伝えられたとのことです。
花笠をかぶった小さな踊り子さんが集まって踊っているように見えるところから、この名前がついたようです。
c0085622_21345454.jpg
アップにしてよく見ると、葉にも花にも細かい軟毛がたくさん生えていることが分かります。
c0085622_21351041.jpg
春の柔らかい日差しを浴びて、初々しい乙女の姿が連想されます。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-17 21:49 | 山野草

梅園にて

c0085622_22185784.jpg
とても良く晴れて、ポカポカ陽気に暖かい春の一日でした。
今日訪れた梅園では、一面に紅、桃、白のウメが咲き競っていました。
のどかな一日をウメの香に包まれ、のんびりと過ごすことができました。
満足満足.....
c0085622_22184021.jpg
一番多かったのはこの白いウメでした。
青空をバックに撮影すると、ウメの白さがひときわ引き立つように感じました。
c0085622_22184951.jpg
本数は少なかったのですが、この紅のウメはとても目に付きました。
白いウメに囲まれていると、紅のウメは目に染みるようでした。
c0085622_2219491.jpg
桃のウメはそこそこに数がありました。白と紅の中間で、ほのかな色合いがとても美しいと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-16 22:31 | 植物

早春のフクジュソウ

c0085622_1938772.jpg
日溜まりにフクジュソウが可憐な姿を見せてくれました。この花を見ると、春が来たことを実感させてくれます。
元日草(がんじつそう)という和名を持ちますが、福寿草という名前が和名では一般的ですね。
c0085622_19381796.jpg
レッドデータブックでは危急種に指定されていますが、いわゆるスプリング・エフェメラルのひとつとして良く知られている野草です。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-12 20:08 | 山野草