カテゴリ:魚類( 4 )

海面を飛ぶトビウオ@八丈航路

c0085622_6404759.jpg
八丈島で楽しく過ごした時間は、瞬く間に過ぎ去ってしまいました。もう少し残っていたいと思っていましたが、定期船の出港時間を迎えてしまいました。
この日乗船予定のかめりあ丸は、到着が早まりました。前日と同じように、御蔵島に着岸できずスルーしてきたようです。帰路の海は荒れているかと心配しました。でも、出港してみれば良いお天気で、波一つないベタ凪の時間もありました。
航路の途中は、もちろん海鳥観察が中心ですが、トビウオも観察出来て、撮影対象になってくれました。
c0085622_6403620.jpg
定期船が航行すると、驚いたトビウオ達が、次から次へと面白いように飛び上がります。いきなり海面上の飛翔を始めますから、見られるのは後ろ姿ばかりです。
c0085622_6404143.jpg
トビウオは、羽(ヒレ?)を一杯に開いて、グライダーの様に飛んで行きます。この時は、トビウオが舞う下の海面に、小魚が跳ねているのも写っていました。
c0085622_640536.jpg
トビウオの体長は35cmということですが、海鳥の様に舞ってくれませんから、写真に撮るのも大変でした。飛距離は、長いものは100m以上は飛んでいたと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-08-20 18:00 | 魚類

ナガタチカマス

c0085622_21454918.jpg
この週末は、妻の親戚がたくさん居住している沼津周辺へ、二人と一匹で一泊旅行に出掛けてきました。泊まった民宿では食べきれない魚料理に戸惑いましたが、愛犬チョコちゃんの写真でカレンダーを作ってもらって、大満足の旅となりました。
2日目にちょっと足を延ばして、大瀬崎まで行ってきました。ここはダイバーのメッカとなっていますが、たまたまダイバーの方が海中から、このナガタチカマスを引き上げてきました。
c0085622_21455753.jpg
頭部をアップで撮影したものですが、この牙のような歯がたくさん並んだところが、野性味を強く感じさせられました。というのも、この前日泊まった民宿の前の川で、野生のシカが猟犬に襲われているところを目撃していましたから、余計に自然の摂理を感じさせられました。
[PR]
by coffeeto2 | 2012-02-13 22:01 | 魚類

サケの遡上

c0085622_22234127.jpg
あしだちの有志を募って、ヤマセミとサケの遡上を見ながら紅葉見物をしようという贅沢な観察会を実施したところ、今日は天候にも恵まれて、思う存分堪能することができました。
訪れた川には、既にピークを過ぎていましたが、たくさんのサケが観察できました。ここで、最後のお勤めとなる産卵をしていたものと思われます。
c0085622_2223596.jpg
吊り橋の上から撮影したのがこの写真です。全長は80cmくらいあるとても大きい体をしていました。
この上流で、マスがたくさん観察できましたが、一目で大きさが全く違うと分かるくらいの大きさでした。
c0085622_22253918.jpg
体に白い斑がたくさん出ています。老齢のためか、病気のためか分かりませんが、ここまで頑張ってきたことに敬意を表します。
[PR]
by coffeeto2 | 2009-11-21 22:35 | 魚類

サケの遡上

c0085622_2134230.jpg
東京から日帰り圏にある関東地方の川で、サケの遡上を見ることができました。画面の中央下部から上流に向かってさかのぼるサケを吊橋の上から撮影したものです。
事前の情報は全くなかったのですが、あしだちの有志とともに出かけてみたところ、透明度の高い清流の中にたくさんの魚影を確認することができました。
c0085622_2134780.jpg
こちらは、川沿いの遊歩道から撮影したものですが、右側の個体が水面上に背中を現しています。奥にいる2匹は、産卵行動をとっているのではないかと思うような動きをしていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-11-25 21:53 | 魚類