ウラギンヒョウモン

c0085622_21471152.jpg
アザミの花で吸蜜するウラギンヒョウモンです。図鑑によると、成虫は6月から7月にかけて羽化するとのことですが、その後夏眠して9月から10月にかけてまた活動を始めるようです。
でも、この写真を撮ったのは8月9日で、場所は長野県の高原になります。
c0085622_21471771.jpg
幼虫の食草はスミレで、スミレ属の各種を食べるとのことです。後翅の裏綿の模様が割合ハッキリしていて、他のヒョウモンチョウよりよく目立つと思います。
この写真と次の写真は、9月27日に茨城県内の公園で撮影したものです。
c0085622_21472396.jpg
ウラギンヒョウモンの♂は、翅の表側に2本の性標が出現することで識別することができますが、この写真の個体には顕著な性標が認められないことから、♀であると思われます。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-10-01 22:27 | チョウ・ガ
<< 森の中のダイミョウセセリ ミドリヒョウモンの♀ >>