メスグロヒョウモンの♀

c0085622_22595410.jpg
有志と誘い合って、近県の公園へ自然観察に出掛けました。
今日の目玉は、このチョウの写真を撮影できたことでしょうか。初めて見るチョウでしたが、タテハチョウの仲間であることは現地でも直ぐに分かったものの、種類を識別することまではできませんでした。
c0085622_230079.jpg
翅の表面は、黒褐色の地色に青藍色が混じった、何ともいえないシックな味わいがありました。白斑の出方から、フタスジチョウであるかとも思いましたが、図鑑を持っていなかったので、現地での識別は諦めました。
家に帰って図鑑を開いて調べてみますと、メスグロヒョウモンの♀の個体であることが分かりました。メスグロヒョウモンの♀は暗い環境を好むとのことですが、この時は陽の当たる明るいシダの上で翅を休めてくれました。
メスグロヒョウモンの♂は、普通のヒョウモンチョウの仲間と同じ姿をしていますが、♀はこの写真のようにイチモンジチョウやミスジチョウなどと同じような容貌をしていますから、♂と♀では全く種類が違うチョウのようです。
c0085622_2301481.jpg
こちらは、翅の裏側を撮影したものです。私の持っている図鑑には、♀の翅の裏側の写真がなかったので、何とか撮影できて良かったと思います。
幼虫の食草はスミレ類であるとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-09-27 23:21 | チョウ・ガ
<< エサキモンキツノカメムシ アカスジキンカメムシ >>