コスモス畑のツマグロヒョウモン

c0085622_1821363.jpg
キバナコスモスの花畑に、ツマグロヒョウモンのペアが飛び回っていました。
元々南方系のチョウの仲間だそうですが、地球温暖化の影響で数年前から次第に北へと生息域を広げ、今では東京周辺で当たり前のように観察できる種類になりました。
c0085622_1821851.jpg
これは♀ですが、前翅の先端部が黒いところが名前の由来ともいえるようです。
じっくり観察するとなかなか美しいチョウですから、近くにいた多くのカメラマンのレンズを一身に集めていました。
c0085622_1822318.jpg
こちらは♂です。♀のように前翅の先に黒い部分がない分だけ、すっきりしたヒョウモンチョウであるといえます。でも、こちらはあまりカメラの注目を浴びてはいないようでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-09-23 18:19 | チョウ・ガ
<< アカスジキンカメムシ ルリタテハの幼虫 >>