森の中のミドリヒョウモン

c0085622_19394293.jpg
9月13日に訪れた森の中で、ヒョウモンチョウの仲間が同じ場所を周期的に訪れているのを観察しました。
暫く待って、ようやく撮影できたのがこの写真ですが、止まってくれたのでミドリヒョウモンの♂であることが分かりました。
ミドリヒョウモンは年1回5~6月に羽化し、その後休眠して9~10月以降に再び観察されるようです。
c0085622_19393649.jpg
この写真の個体は、今年6月に撮影したものですが、前翅表面に3本の明瞭な黒褐色の条線が見られるところがミドリヒョウモンの♂の特徴です。
c0085622_19394988.jpg
こちらは、9月13日に訪れた森の中で撮影したものですが、アザミの花で吸蜜するミドリヒョウモンの♀です。
♂と違って、前翅表面の特徴的な条線が観察できません。
c0085622_1939554.jpg
これも上の写真と同じ個体ですが、後翅裏面に3本の太い褐色の帯があることからミドリヒョウモンの♀であることが分かります。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-09-15 20:04 | チョウ・ガ
<< ヤマジノホトトギス コジャノメを見つけた >>