吸蜜中のアサギマダラ

c0085622_17491213.jpg
高原にたくさん咲いているヨツバヒヨドリの花で吸蜜中のアサギマダラです。
秋になると、海を越えて遠く南西諸島まで渡りをすることが良く知られているチョウですが、この小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのかと、ただただ感心するばかりです。
c0085622_17492068.jpg
アサギマダラの♂は、後翅の後部に黒褐色の斑が出ることで識別することができます。この写真の個体にはそれが認められませんから、これは♀の個体になります。
胴体が黒地に白い斑が入り、独特の雰囲気を醸し出しています。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-08-16 18:16 | チョウ・ガ
<< クヌギの樹液を吸うサトキマダラヒカゲ 草むらのツバメシジミ >>