ラショウモンカズラ

c0085622_22181886.jpg
渓流沿いの散策路を歩いていると、紫色の少し大きめな花が目に付きました。
花の大きさは、3~4㎝くらいでしょうか。
紫色の斑点がある下唇の中央列片に長い白毛があるのが分かります。
c0085622_22183257.jpg
ラショウモンカズラという名前は、その昔、渡辺綱(わたなべのつな)という強い武将が、京の都の羅生門に出没した鬼を退治したときに、切り落とした鬼の腕に見立てたものといわれています。
[PR]
by coffeeto2 | 2008-06-12 22:43 | 山野草
<< 渓流沿いのツクバネソウ カラスアゲハとクロアゲハの♀ >>