初冬のウラギンシジミ

c0085622_2361092.jpg
山の中で、ウラギンシジミを見つけました。
初冬の今の時期、日溜まりをすばしこく飛び回る白いチョウがとてもよく目立ちました。
しばらく飛び回ったところで、落ち葉の上の止まってくれました。翅の表にオレンジ色が出ない、白と褐色のこの個体は♀になります。
c0085622_236207.jpg
近くの葉の裏に止まり、綺麗な銀白色の翅の裏側を見せてくれました。
c0085622_2362856.jpg
翅の表と裏が一緒に撮影できました。
ウラギンシジミは、成虫で越冬するとのことです。翅を広げた大きさが4㎝くらいありシジミチョウの仲間とは思えない大きさです。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-12-01 23:17 | チョウ・ガ
<< ノハラアザミ 真っ赤な紅葉 >>