ツマグロヒョウモンの♂と♀

c0085622_22365879.jpg
ツマグロヒョウモンの♀が、クズの葉の上に羽を休めていました。
元来は南方系の蝶であったようですが、地球温暖化の影響でしょうか、このところ関東地方でもたくさん見られるようになりました。
c0085622_2237614.jpg
こちらは、ツマグロヒョウモンの♂です。逆さになってしまいましたが、セイタカアワダチソウの花で吸密中です。
後翅の縁取りは、白、黒、青灰色が縞模様を作って綺麗です。この縁取りは♀にも見られます。
c0085622_22371447.jpg
♀がこの写真のように何回も地面にお尻を突き刺すような動作を繰り返していました。
これは、卵を産み付けているのでしょうか?図鑑によればツマグロヒョウモンの食草はスミレだそうですが、そういえば左側に出ている葉っぱはスミレのようですね。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-11-11 22:48 | チョウ・ガ
<< 真っ赤な紅葉 コウヤボウキ >>