ウラギンシジミ

c0085622_2324245.jpg
先月末に、自然観察の森を散策しているとき、このチョウを見つけました。翅の表に赤い色が見えて、裏側が銀灰色の特徴ある姿をしていましたから、直ぐにウラギンシジミであると分かりました。
でも、撮影できたのはこのカットだけで直ぐに飛び去ってしまいましたから、残念ながら写真は1枚だけですが、雰囲気は十分におわかり頂けると思います。
幼虫の食草は、マメ科の植物ということです。成虫で越冬するというところも図鑑で確認しました。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-09-26 23:06 | チョウ・ガ
<< ゲンノショウコは民間薬です マダラツマキリヨトウ >>