クズの葉の上のツチイナゴ

c0085622_22185541.jpg
河川敷に生い茂ったクズの葉の上に、緑色をした大きなバッタを見つけました。
撮影したときは、名前も分かりませんでしたが、後で調べてみるとツチイナゴの幼虫のようです。
c0085622_2219437.jpg
ツチイナゴの成虫は、名前のとおり淡い土色をしているようですが、幼虫はこのように緑色をしているとのことで、クズの葉を好んで食べるようです。
目の下に黒褐色の模様があって、涙を流しているようにも見えますね。
ツチイナゴは、成虫で越冬する唯一の種類とのことでした。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-09-22 22:28 | 昆虫
<< 高原のウラギンスジヒョウモン 河川敷で見たウラナミシジミ >>