高層湿原で見つけたアカバナ

c0085622_2154330.jpg
この夏休みに訪れた高層湿原に見つけたアカバナです。
山野の湿地に生えるということですが、花は小さくて茎の付根から長い走出枝を出すことが特徴のようです。
c0085622_2154262.jpg
高さは、30㎝~70㎝になる多年草ということです。
秋になると、葉が紅葉するところからアカバナと名が付いたようです。
c0085622_2154389.jpg
花は、花弁が4枚です。直径は、1㎝に満たないとても可愛い花です。
周囲の雄しべは黄色をしていますが、柱頭はとても大きくて白色をしています。
アカバナ属は、柱頭の形でいくつかのグループに分けられるようです。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-08-21 22:10 | 山野草
<< 林に潜むヒカゲチョウ スジグロチャバネセセリ >>