アヤメの仲間

c0085622_2262335.jpg
これはアヤメです。
外花被片の基部に網状の模様が見られることから、アヤメ(綾目)と呼ぶようになったようです。
c0085622_2263233.jpg
こちらは、カキツバタです。外花被片に網状の模様の代わりに白色の斑紋が出ているところで識別できます。
同じ仲間のノハナショウブでは、この白色の斑紋が黄色く出るところで識別できます。
c0085622_22691.jpg
この写真は、キショウブです。
ヨーロッパ原産の多年草ですが、明治時代に我が国へ渡来したとのことです。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-05-22 22:26 | 山野草
<< 春に見られるフタスジサナエ ベニバナトチノキ >>