ヒメオドリコソウは帰化植物

c0085622_21343848.jpg
ヒメオドリコソウは、ヨーロッパ原産の野草ですが、明治時代に日本に伝えられたとのことです。
花笠をかぶった小さな踊り子さんが集まって踊っているように見えるところから、この名前がついたようです。
c0085622_21345454.jpg
アップにしてよく見ると、葉にも花にも細かい軟毛がたくさん生えていることが分かります。
c0085622_21351041.jpg
春の柔らかい日差しを浴びて、初々しい乙女の姿が連想されます。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-02-17 21:49 | 山野草
<< ホトケノザの花も踊り子? 梅園にて >>