イラガの繭

c0085622_20301144.jpg
枯れた木の枝に見つけたこれは、イラガの繭です。
幼虫の時には、その毒トゲに触れると強い痛みを感じるとともに、皮膚炎を起こすこともあるようです。でも、成虫では無毒と言うことですから面白いですね。
今の時期はこのような繭で越冬しています。
c0085622_20302166.jpg
この日訪れた公園の木の枝にイラガの繭を見つけたのですが、ヤマガラがコツコツとついていました。
何度も何度もつついて、やっとの事で穴をあけ、中の蛹をおいしそうに食べていたのですが、これが自然界の掟ということなのでしょう。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-01-21 20:48 | チョウ・ガ
<< 1月中に咲いたタネツケバナ ラクウショウの気根 >>