自然界の造形美キッコウチク

c0085622_22315588.jpg
公園の植え込みの間に、キッコウチクの林がありました。
亀甲竹という名前の通り、竹の節の形がカメの甲羅のように見えますね。キッコウチクは突然変異で生まれた竹の奇形といわれていますが、これだけたくさん生えていると、突然変異であるとは思えなくなります。
c0085622_22321280.jpg
普通の竹は、節が平行で真っ直ぐ上の向かって生えるのですが、このキッコウチクは横から見るととても特徴ある形をしています。
これも、自然界の造形美の一つになるのでしょう。
[PR]
by coffeeto2 | 2007-01-11 22:44 | 山野草
<< ソシンロウバイ 冬を彩るマンリョウ >>