名前の割に可愛いハキダメギク

c0085622_23242870.jpg
あの有名な牧野富太郎博士が発見し命名されたというハキダメギクです。
花期は6月から11月ということですが、日溜まりで暖かさが残っていたのでしょう、12月の今でもまとまって咲く可愛い姿を観察することができました。
c0085622_2324381.jpg
よく見る、カエルの手のような花びらが5枚着いているのですが、全長はわずか5㎜足らずの大変小さい可憐な花です。
自然の中で、初めてみる花を発見できたことで、大変満足できました。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-12-20 23:32 | 山野草
<< モズのはやにえ ヤツデの花 >>