モンシロチョウ

c0085622_21391771.jpg
足立区のバタフライガーデン実習に参加した際に撮影しました。
指導に当たってくれたS先生によれば、モンシロチョウは春は小さく、5~6月は大きく、夏は小さく、秋になると大きくなるなど、季節によって大きさが異なるようです。
季節ごとに食草が異なり、栄養の違いが大きさに反映しているのではないかとのことでした。
c0085622_21392651.jpg
この写真の個体は、後翅が黄色味を帯びています。S先生の解説によれば、雌の方が黄色味が強く、黒みも強い傾向があるとのことでした。
そうすると、この個体はモンシロチョウの雌で間違いないと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-10-11 21:45 | チョウ・ガ
<< ヒメジャノメ 河川敷のヤマトシジミ >>