河川敷のヤマトシジミ

c0085622_18501960.jpg
今日は、楽しみにしていた荒川河川敷でのバタフライガーデン実習に参加して来ました。S先生の指導でチョウを探したのですが、強風のためあまり多くを観察することはできませんでした。
そんな中でも、ヤマトシジミには出会うことができました。カタバミを主食とするこのチョウは、荒川では主役なのだそうです。10月初旬に出現のピークがあると教えていただきました。
c0085622_1850291.jpg
今日の収穫はいろいろあったのですが、私的には、以前から気にかけていたヤマトシジミの翅の表が撮影できたことです。
暗い青紫色の地色に、明るい青紫色の模様がうまくマッチして、黒褐色の縁取りが全体を引き締めていますね。
c0085622_18501238.jpg
こちらの個体は随分地味でシックな色合いですが、虹色の光沢がにじみ出しているようできれいですね。
上の写真の個体とは、♂♀の違いでしょうか?先生に聞くのを忘れてしまいましたので、次回までの宿題とします。
でも、普段はなかなか観察できない自然の美しさを、また発見することができました....満足、満足。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-10-07 19:22 | チョウ・ガ
<< モンシロチョウ 公園のアオスジアゲハ >>