草原のウチワヤンマ

c0085622_2115956.jpg

尻尾の先にウチワ状の突起があることからウチワヤンマと呼ばれていますが、象徴的な丸い突起が出ているこの個体はオスです。メスはウチワ状の丸い突起が、申し訳程度に見られるだけです。
割合大きなトンボですから、見応えがあると思います。
草原の小鳥類を観察しているときに、近くの枯れ草の上に止まってくれました。
[PR]
by coffeeto2 | 2006-08-13 21:21 | トンボ
<< 渚のマツヨイグサ ベニシジミの幻想 >>