奥日光の自然と野鳥

c0085622_2034652.jpg
12月の第二週ですから、奥日光は雪の中かな?..と少し心配もありましたが、現地に着いてみるとかなり冷え込んでいるものの、日陰部分に少し白いものが残っているだけで、歩き回るには全く支障がありません。赤沼から木道へ足を進めると、冴え渡った青空を背景に、戦場ヶ原の冬枯れの原野が広がり、その向こう側に鎮座する男体山とそれに続く山々の姿がクッキリと望めました。
先月に続き、また来てしまったのは、オオモズが元気でいるか確認することと、去年見て感激したレンジャクの群れと、もう一度会いたいと思ったからです。でも、そのお陰でこんな素晴らしい景色が見られた訳ですから、とても満足できる自然観察になりました。
c0085622_2031788.jpg
今回は、アオシギを観察することも狙いの一つにありました。今シーズン、湯滝の下で撮影されていますから、私も是非....という下心があったのです。....(^^;;
そんな訳で、赤沼から湯滝までを往復してきましたが、残念ながら憧れのアオシギ様はお留守であったようです。湯滝からの戻り道、ひっそりとした環境の中で、小滝から流れ下る湯川の流れが澄み渡っていました。
c0085622_2032327.jpg
さて、ここが泉門池(いずみやどいけ)の風景です。先月来たときには、もっと水量が豊富だったのですが、川の流れも冬枯れなのでしょうか?ずいぶんと水かさが減っていました。それでも、ここではお馴染みのカワガラスが、それも2羽で飛び回っていましたから、ベンチで休みながら目を楽しませてもらいました。
c0085622_2032998.jpg
青木橋から泉門池の間は、木道の付け替え工事が行われていて、部分的に木道が取り外されているところもありましたが、新しい木道は、道幅がずいぶん広くなって、大変歩きやすくなっていました。この写真は、その青木橋から少し上流側で、新しくなった木道から撮影した風景です。
c0085622_2034081.jpg
今回は、湯滝のレストハウスの脇にあるベンチで少し早めの昼食をとりましたから、戦場ヶ原に戻ってきたのは、まだ午後1時前後でした。時間にたっぷり余裕がありましたから、途中で風景写真などを撮りながら、初冬の高原風景を満喫させてもらいました。
草原越しに向こうに見える山は、中央より左側に見える高い山が太郎山(標高2,368m)、その右側の低い山が小真名子山(標高2,323m)で、さらに大真名子山(標高2,375m)へと続き、右端に男体山の山裾が見えています。
c0085622_2033521.jpg
これが、男体山(標高2,486m)の全容です。先月、あの頂上まで登ってきたときには、この戦場ヶ原から中禅寺湖までが一望の下に見渡せたわけです。脳裏にしっかりと刻まれている、日光白根山の麓から広がっていたあの大草原は、たくさんの動植物の命をはぐくむ自然の中の宝庫です。今、その真っ只中にいることを実感しながら撮影してきました。
c0085622_204532.jpg
戦場ヶ原の木道の途中には、大草原が見渡せる展望テラスが何ヶ所か作られています。先月オオモズを撮影したテラスに到着して、ふと気が付くと、奥の枯れ木の天辺にオオモズが止まっていました。我が目を疑うような光景でした。逆光の中でしたが先月に続き、また撮影できましたから、これから “コーヒー党の野鳥観察” で紹介させてもらいます。
その展望テラスから男体山方向を見ていたら、....何と、遥かかなたをオジロワシが飛翔していました。
c0085622_2041045.jpg
男体山の山懐を、大きな鷲が悠々と飛翔していました。尾羽が白いことが確認できましたから、オジロワシであると分かりました。何枚か撮影しましたが、いかんせん距離が遠すぎて、こんな証拠写真程度の映像しか撮れません。 “コーヒー党の野鳥観察” で紹介できるような写真ではありませんから、こちらのブログで紹介することにしました。
c0085622_2035995.jpg
展望テラスで暫く休んでいたところ、三本松方向にカラスの群れが舞い上がったのが見えました。もしかしたら....案の定、チョウゲンボウの後を追うように、たくさんのカラスが追いかけています。このカラスの群れによるモビングは、かなり執拗に続いていました。特に、一番先頭を追いかけるカラスは、逃げ回るチョウゲンボウを追いかけて、見ている私が呆れるほど、どこまでも着いていきました。
c0085622_2035334.jpg
野鳥の紹介ついでに、最後にツグミを紹介します。今回の戦場ヶ原への遠征は、昨年のこの時期に観察することができた、レンジャクの群れと再会することも目的の一つでした。あのレンジャクたちは、ズミの実を食べるために群れで飛来していましたが、粉雪が舞い飛ぶ厳しい環境の中で、間近に観察したレンジャクたちの姿は神々しく、感動的でもありました。今年もズミの林には、たくさんの実が生っているのに、その中で飛び回っていたのはこのツグミたちばかりでした。....いつかまた、あのレンジャクたちとの再会を期して、足を運んでみたいと思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-12-11 06:00 | その他
<< 初冬の植物たち@奥日光 見沼を彩る秋の風景 >>