ヤマラッキョウとノブキ@戸隠

c0085622_223058.jpg
10月12日〜14日にかけての三連休は、山登りと野鳥観察の両方ができる場所へ行きたいと考えていました。候補地は、3箇所ほどありましたが、それぞれに魅力があって、何処へ行こうかと直前まで迷っていました。結果的には、戸隠へ行くことにしましたが、ここは昨年の同じ時期に出掛けてみたところ、ムギマキなどの野鳥観察に成果が上がりました。そのうえ、戸隠森林植物園での自然観察と抱き合わせで、戸隠山への登山もできるということで、私の希望と一番合致していましたから、最終的にここに決めたわけです。
そんな訳で、今回から暫くは、戸隠での自然観察の結果をご紹介したいと思います。まず最初は、この球形でピンク色の葱坊主みたいな花ですが、「森林学習館もりのまなびや」の脇から入って、みどりが池に至る間で撮影したヤマラッキョウです。
c0085622_2231226.jpg
ヤマラッキョウは、ユリ科の山野草ですが、高さ50cmくらいの茎の先に、ピンク色の小さい花を多数散形状に付けています。ここでは、花壇のような狭い植え込みの中に、1本だけ咲いていましたから、とても目立つ存在となっていました。
c0085622_223691.jpg
そのヤマラッキョウの花を撮影していると、ヒラタアブの仲間が吸蜜に訪れて来ました。これはラッキーとすかさず撮影して、後から調べてみると、どうやらフタホシヒラタアブであるようです。昆虫類については詳しくありませんから、参考にしておいてください。
c0085622_2233928.jpg
森林植物園の中を散策すると、春先の山野草の宝庫みたいな賑やかさは有りませんが、秋の野山を彩る山野草がいくつか観察できました。
これは、長く伸びた茎の先に、黒い星型の小さな実をたくさん付けていました。面白い形ですから、こんなのを見つけると、すぐに撮影対象になってしまいます。
c0085622_2234570.jpg
黒い星型に並んだこれは、ノブキのそう果になります。まだ緑色をしているのもありましたから、熟すとこのように黒くなるのでしょうか?
漢字では、野蕗という字が当てられていますが、確かに葉の形を見ると、フキの仲間のような大きな形をしています。ノブキは、キク科に属する山野草です。
c0085622_2235150.jpg
今回、撮影したカメラは、オリンパスのミラーレス一眼であるE-M5です。これに12-50mm F3.5-6.3のレンズを装着していますが、このレンズにはマクロモードというのがあって、セットするとかなりの近接撮影ができます。防塵防滴機能もあって、これ1本で広角から中望遠までと、マクロ撮影もできますから、自然観察にはオールマイティです。
この機材を使って、そう果の部分をアップで撮影してみましたが、放射状の部分にはたくさんの腺体があることが分かります。
c0085622_2235655.jpg
ノブキは、背の高いものは7~80cmほどもありますが、大体3~40cmほどの高さのものが普通でした。散策路の脇にとてもたくさん生育していて、東京周辺ではあまり見ることができない風景だと感じました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-10-16 06:00 | 山野草
<< 白い実、赤い実、青い実@戸隠 秋の山野草@檜洞丸 >>