ウラナミシジミ@白樺峠

c0085622_2031870.jpg
タカの渡りを観察するため、9月21日(土)からの三連休を利用して、長野県の白樺峠へ行ってきました。山腹にひな段のように設置された観察場所に陣取り、丸一日タカの渡りを観察していたのですが、待っている時間がとても長いことから、自然と周囲の山野草やチョウの観察に眼が行ってしまいます。
私が腰を下ろしていたベンチのすぐ前に、ノコンギクの花が咲いていましたが、そこへハナアブの仲間をはじめとして、前回紹介したクモガタヒョウモンやイチモンジセセリなどが吸蜜に訪れてきました。今回紹介するウラナミシジミも、そんな訪問者の一人でした。
c0085622_2032462.jpg
ノコンギクの花に留まって、吸蜜していますが、翅の裏側を近接撮影することができました。前翅にも後翅にも、淡褐色のさざ波模様がありますから、これが名前の由来になっているものと思います。
後翅の後縁付近には、オレンジ色斑とともに小さい黒斑が2個あり、尾状突起が出ています。
c0085622_2033075.jpg
草の葉に留まって、日向ぼっこをしようと翅を開きかけてくれました。翅の表側には、美しい青色が覗いていますから、もう少しはっきり見せてよと、思わず注文を投げかけてしまいました。
c0085622_203368.jpg
翅の表側をハッキリ見せてよという、私の願いが少し届いたようです。そっと回り込んだところ、半開きの翅の間から、表側の美しい色合いを撮影させてくれました。前翅、後翅ともに青色が広がっていますから、これはウラナミシジミの♂の個体になると思います。
c0085622_2031032.jpg
図鑑を確認すると、ウラナミシジミは多化性で、年間に5~6回以上発生を繰り返すようです。幼虫はマメ科の植物各種の花、蕾、実を食べるということですが、特に栽培種のフジマメを好むと解説されていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-09-30 06:00 | チョウ・ガ
<< 峠で見た秋の山野草@白樺峠 クモガタヒョウモン@白樺峠 >>