キンミズヒキとコウヤボウキ@三毳山

c0085622_1135293.jpg
暦の上では、9月になりました。旧暦では「8月葉月、9月長月、10月神無月」とされ、今月は長月に当たります。ネットでその由来を確認すると、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力とありました。
予約投稿でこのブログの記事を書いていますが、先ほど夕食の前に外に出て、「中秋の名月」を観察してきました。名月を愛でるのは、まさにこの時期になりますから、夜が長い月であるということが頷けます。
私は、中学から高校時代にかけて、星座図鑑や天体望遠鏡を購入し、天体観察に夢中になっている時期がありましたが、今では落ち着いて月を眺めたり、星を見ることも無くなってしまいました。
その代わり、最近では自然観察が新たな趣味となっているわけですが、天体観察と違って、この趣味では毎日寝不足にならずに済んでいます。
黄色い満月ではないですが、今回は三毳山で撮影した、黄色いキンミズヒキの花を紹介します。
c0085622_1134734.jpg
キンミズヒキは、バラ科に属する多年草ということで、花の大きさは1cmに満たない小さな花ですが、5枚の黄色い花弁を持つ花を、茎に沿っていくつも咲かせる、総状花序を形成します。また、花が終わった後の実は、衣服などに張り付く、いわゆるクッツキムシの一つになるようです。
c0085622_1135778.jpg
三毳山へ足を運んだのは、残暑も厳しい9月7日(土)のことです。この日、色々な山野草を観察しましたが、たくさんのチョウの仲間のほかに、センニンソウ、ツルボ、シラヤマギクなど、多くの花に飛来しているハナアブの仲間も観察し、写真に撮影することができました。
このキンミズヒキの花にも、もちろん吸蜜するために飛来していました。ここで撮影したハナアブの仲間は、腹部の模様の特徴などから、ホソヒラタアブであると思います。
c0085622_1141967.jpg
さて、こちらは青竜ヶ岳から中岳へ向けて散策路を歩いている途中に観察したコウヤボウキの花です。総苞片は、うろこ状になっているのがよく分かります。
高野山で、この茎を束ねて箒の材料としたことからこの名前が付けられたということです。私は、そんな箒はないと思っていたのですが、実は国立博物館にも収蔵されているということを、ネット検索で知りました。
c0085622_1143082.jpg
コウヤボウキはキク科に属する小低木です。この枝の葉は縁には鋸歯が認められず、卵形で互生していています。これは、本年枝(1年目の枝)に付いている葉になるということが図鑑の解説にありました。また、葉には伏毛があるということでした。
c0085622_1142573.jpg
こちらの枝の葉は、浅い鋸歯があるうえ、上の写真の1年枝の葉より、ずいぶん大きいことが分かりますね。これは、2年枝(2年目の枝)につく葉であろうと思ったのですが、
>コウヤボウキ2年目というのは花は咲かないようなので、もしかしたらカシワバハグマではありませんか?
と教えていただきました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-09-22 06:00 | 山野草
<< クモガタヒョウモン@白樺峠 キレンゲショウマとシュウカイド... >>