戦場ヶ原で観察した昆虫@奥日光

c0085622_21515247.jpg
今回は、奥日光で観察した昆虫類を紹介します。まず最初は、イブキトラノオの花穂で吸蜜していたハナアブの仲間ですが、翅に黒褐色の斑があることと、胸部背面が黒褐色で、側胸部が橙黄色であることから、これはシロスジベッコウハナアブであると思います。戦場ヶ原から青木橋に至る間の木道沿いで観察しました。
c0085622_2152331.jpg
ニガナの花で吸蜜していたのは、ツチバチの仲間ですが、全身は黒色で腹部に白色の帯状斑があり、翅が鼈甲色をしているなどの特徴から、これはハラナガツチバチであると思います。
c0085622_2152943.jpg
小田代ヶ原に移動した時に、草むらの中で見つけたバッタの仲間のヒメギスです。体の上面は褐色ですが、体側部は黒褐色をしていて、前胸部に黄白色の目立つ斑があるところが特徴です。
c0085622_21521432.jpg
こちらは、ノアザミの花で吸蜜していたハチの仲間ですが、胸部背面が一様に淡黄褐色の少し長めの毛でおおわれているところと、腹部に淡黄色の横斑があるところ、翅に褐色味があるところなどから、アシブトムカシハナバチであると判定いたしました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-08-13 22:18 | 昆虫
<< ユリとアヤメの仲間@奥日光 イチヤクソウの仲間@奥日光 >>