ミヤマダイコンソウとホソバイワベンケイ@女峰山

c0085622_20315729.jpg
7月の3連休の中日にあたる7月14日(日)に女峰山に登ってきましたが、登山道のすぐ脇でたくさんの高山植物を観察することができました。これは、登山途中の岩場で撮影したミヤマダイコンソウです。
c0085622_2032359.jpg
ミヤマダイコンソウはバラ科の高山植物ですが、このように直径が2cmほどの花を咲かせます。5枚の花弁の内側には、たくさんの雄しべが集まっているのが分かります。
c0085622_2032842.jpg
ミヤマダイコンソウの根生葉はほぼ円形で、葉の直径はおおむね10cmを越えます。花の大きさに比べて、広げた葉が随分大きいところが特徴であると思います。
c0085622_2033033.jpg
こちらは、ミヤマダイコンソウの群落と隣接して見慣れない花が咲いていました。後から図鑑を調べるのに苦労しましたが、ここで花を咲かせていたのは、ホソバイワベンケイでした。
c0085622_20331856.jpg
ホソバイワベンケイは、日本固有種になるということです。幅が1cmほどの細長い葉には、たくさんの鋸歯があります。図鑑には、風当たりの強い岩場に生える多年草であると解説されていました。
c0085622_20332750.jpg
ホソバイワベンケイの花は、雄花と雌花に分かれているということです。雄しべが花弁より長く出ているのが雄花ということですから、この花は雄花でしょう。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-08-01 21:07 | 高山植物
<< マルバシモツケとコメツツジ@女峰山 ツマトリソウとゴゼンタチバナ@女峰山 >>