ガレ場のツガザクラ@女峰山

c0085622_21481146.jpg
奥日光の自然観察で、女峰山に登ってきましたが、標高2,000mを超えたあたりで、このツガザクラの群落を観察することができました。唐沢避難小屋を過ぎて、100m以上もある足下が崩れやすいガレ場を過ぎたあたりで、群落を観察することができました。
c0085622_21481739.jpg
この群落は、実は登山道から少し離れた岩場にあったのです。ガレ場を登っている時に数十m離れた岩場に、白くて小さい花の群落が目につきました。登っている時は、わざわざ行ってみるような余裕がありませんでしたから、下山途中にガレた岩場をトラバースして、確認してきたものです。
c0085622_21482281.jpg
前回紹介したコケモモと同じように、うっすらとピンク色に染まった白くて小さい花ですが、葉の形が全く異なります。コケモモは同じツツジ科で、その葉もまさにツツジの仲間であるような丸い形をしていますが、ツガザクラの葉は、針葉樹のツガ(栂)のような葉をしているところが異なります。
c0085622_21482886.jpg
登山したこの日は、雨が降ったりやんだりで眺望は全く利きませんでしたが、このツガザクラにはたくさんの水滴がついて瑞々しい感じが強調されました。
c0085622_21483425.jpg
この場所で群生していたツガザクラは、こんな感じでガレた岩場に花畑を形作っていました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-07-30 22:03 | 高山植物
<< ツマトリソウとゴゼンタチバナ@女峰山 雨に濡れたコケモモの花@女峰山 >>