山で見たスミレの仲間@黒川鶏冠山

c0085622_20513928.jpg
柳沢峠から黒川鶏冠山を目指していた時、登山道の脇にこのタチツボスミレを見つけました。でも、よく見ると花茎に毛が生えていることから、ケタチツボスミレになると思います。
c0085622_2051444.jpg
花弁は淡い青紫色をしています。花茎に細かくて白い毛が生えているのが分かりますから、ケタチツボスミレで間違いないと思います。
c0085622_20522718.jpg
このスミレは、花茎の上部に小苞葉がありますから、普通のタチツボスミレであると思います。
c0085622_20525733.jpg
こちらのスミレは、上弁が大きく立ち上がっていますからコスミレかな?とも思いましたが、コスミレは早咲きのスミレということですから時期的に違うのかな?葉の表側が暗緑色をしていますから、ヒナスミレで良いでしょうか?
c0085622_2053378.jpg
撮影してきた写真を見ながら図鑑とにらめっこして種類の判定をしているのですが、写真の腕前が未熟で、おまけに環境的にも薄暗い場所であったことから、図鑑と見比べることができるような、良い写真はなかなか撮れませんね。それに、色合いも見たときより青っぽく写っているような....いつも?マークの連続になってしまいます。
こちらのスミレは、かなり太く丸い距を持っていますが、ヒナスミレで良いでしょうか?
c0085622_2053145.jpg
図鑑によれば、ヒナスミレの葉は地面に対して水平に広がるとありますので、これもヒナスミレであろうと自己診断しています。
c0085622_20532029.jpg
このスミレも、現地で見たときにはもう少しピンク色味が強いという印象でしたが、写真に撮影するとかなり青っぽく写っています。薄暗い環境であったことも影響しているのでしょうが、見たままに写すということは、技術的になかなか難しいことであると実感しています。
c0085622_20533289.jpg
この写真を撮影したのは5月19日(日)のことですが、山道を歩くととてもたくさんのスミレの仲間を観察することができました。
ここでは、平地ではあまり見ることのできない種類をたくさん観察することができましたが、種類を識別することの難しさを痛いほど実感しています。
c0085622_20535983.jpg
このスミレは、山道の崖の斜面のようになっている場所にたくさん咲いていました。花弁は白色ですが、舌弁だけでなく側弁にも赤紫色の条斑があります。また、距は比較的短か目です。葉の表側は暗緑色で裏側が赤紫色を帯びているところから、フモトスミレで良いのかなと思います。
c0085622_20541265.jpg
フモトスミレは、このようにとても小さい花でした....といっても、これだけ単独で写っていては大きさの比較はできませんが....側弁基部に毛が密生しているところも特徴ですね。
c0085622_20545100.jpg
赤っぽい花茎を立てて、暗緑色の葉が斜面にへばりつくように咲いていたフモトスミレです。距の部分の赤色が良く目立ちますが、上弁にも赤紫色の斑が入っています。
c0085622_20543955.jpg
花弁が白いこのスミレは、少し大きい花姿をしていました。葉が完全に開ききっていませんから名前の由来となっている丸い葉に見えませんが、マルバスミレであると思います。
c0085622_20544673.jpg
図鑑によれば、マルバスミレの花弁は、白色からピンク色がかった白色という解説がありましたが、この花は白色で舌弁に紫色の条斑が認められます。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-06-03 17:45 | 山野草
<< 山で見た山野草@黒川鶏冠山 柳沢峠~黒川鶏冠山 >>