斜面一杯のヤマイワカガミ@鳴神山

c0085622_20412760.jpg
群馬県の桐生市にある鳴神山には、カッコソウというここでしか見られない山野草が咲いているということで、足を運んできました。しかし、そればかりではなく、他にもたくさんの山野草を観察することができました。これは、そこで観察することができたイワカガミです。
c0085622_2042762.jpg
鳴神山の山頂で、鳴神山愛する会のH会長と知り合うことができましたが、会長はカッコソウの群生地のほか、ヤマシャクヤクやこのイワカガミの群落を案内してくれました。
c0085622_20422015.jpg
鳴神山の北側斜面の標高650m以上の場所に、イワカガミの群落はありました。
c0085622_20415353.jpg
この前日は、雨模様でしたから晴天が広がったこの日は、まさに観察日和となりました。
c0085622_20423539.jpg
ここ鳴神山に咲くイワカガミは、全てが白い花弁を持っていました。ピンク色の花弁を持った花がないことがむしろ異様に感じました。
c0085622_2042626.jpg
H会長が案内してくれたのは、地図には載っていない山道でした。ここを歩かなければ、この白い花のイワカガミの群落を観察することはできません。
c0085622_20424620.jpg
この白い花弁を持った花は、ヤマイワカガミであるとのことです。萼は5枚であるところが特徴となるようです。
c0085622_20421719.jpg
この鳴神山に、白い花のヤマイワカガミが群生していることはあまり知られていません。こんなに沢山の花が咲いているのに、知られていないのが返って不思議に思えるほどでした。
c0085622_20425835.jpg
イワカガミには、いろいろな亜種が知られています。オオイワカガミ、コイワカガミなどたくさんありますが、このように白い花のイワカガミもその中のひとつになると思います。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-05-29 06:37
<< 柳沢峠~黒川鶏冠山 絶滅危惧種のカッコソウ@鳴神山 >>