ナガバノスミレサイシン@高尾山~景信山

c0085622_2273652.jpg
3月30日(土)は、天気予報では曇りとのことでしたが、この日歩いた高尾山から景信山にかけては小雨の降りしきる、肌寒い一日になってしまいました。でも、山道のそこかしこに、このナガバノスミレサイシンを観察することができました。
c0085622_2274581.jpg
スミレ科のスミレサイシンのは日本海側に多く分布しますが、同じ仲間のナガバノスミレサイシンは太平洋側に多く分布しているとのことです。
c0085622_2274830.jpg
冷たい雨に打たれながら、でも、しっかりと花を咲かせていました。
c0085622_2273373.jpg
この株の花は、花弁の色が青紫色の濃いところが特徴であると思います。
c0085622_227569.jpg
こちらの株は、赤色味の強い花弁です。ずいぶん雰囲気が違うものだと思います。
c0085622_228030.jpg
登山道を歩いていると、至る所で目に付きましたが、この株は特に大きな葉が自己主張しているようでした。
c0085622_228818.jpg
この株は、とても白っぽい色をしています。株によって、かなり色のばらつきがあるように思いました。
[PR]
by coffeeto2 | 2013-04-04 22:21 | 山野草
<< 山道脇のヒトリシズカ@高尾山~景信山 ボタンネコノメソウが咲いていました。 >>